遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)シティGP(グランプリ) モンスターを守りたい時に

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

F.A.シティGP/F.A. City Grand Prix
フィールド魔法
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
フィールドの「F.A.」モンスターのレベルは
メインフェイズ及びバトルフェイズの間だけ2つ上がる。
②:自分フィールドの「F.A.」モンスターは相手の効果の対象にならない。
③:フィールドの表側表示のこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「F.A.シティGP」以外の「F.A.」カード1枚を手札に加える。

 

 

フォーミュラアスリート用のフィールド魔法です。

都市の中にレースコースと思われる赤いライン、

そしてそのコースの中でクラッシュしているソニックマイスターが映っています。

一般公道を借りてレースを行ういわゆる市街地レースですね。

これはレースの運営スタッフが見ている画面なのでしょう。

事故現場を発見し対処をしようとするナビゲーターの姿が見えます。

レース中の映像を移した他2枚のフィールド魔法とはまた一風変わったイラストです。

 

 

 

①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
フィールドの「F.A.」モンスターのレベルは
メインフェイズ及びバトルフェイズの間だけ2つ上がる。

①の効果はこのカードがフィールドにある間

場のF.A.モンスターのレベルを

メインフェイズとバトルフェイズの間だけ2つ上げるレベル変動効果です。

サーキットGPとオフロードGPのいいとこ取りをしたような効果であり

F.A.にとっては戦闘にもシンクロ召喚にも活躍してくれます。

スタンバイフェイズやエンドフェイズ時にはレベルは変動しないので

特にF.A.ホームトランスポーターのようなレベルによって耐性がつくカードは

そのタイミングを突かれて除去カードを撃たれる可能性がありますが

そのあたりも②の効果である程度フォローが可能です。

 

 

②:自分フィールドの「F.A.」モンスターは相手の効果の対象にならない。

②の効果はこのカードが発動中、

自分のF.A.モンスターに対象耐性を付与するというものです。

特に特にF.A.ホームトランスポーターと相性がよく

あちらのレベル11以上の時に得られる耐性と合わせて

破壊耐性と対象耐性の複合という強力な耐性を得る事が可能です。

ただ他2つのF.A.フィールド魔法の②の効果とは異なり

発動する効果ではないのでF.A.のレベルを上げるのには役立ちません。

 

 

③:フィールドの表側表示のこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「F.A.シティGP」以外の「F.A.」カード1枚を手札に加える。

③の効果は表側表示で存在するこのカードが効果破壊された場合に

デッキから同名カード以外のF.A.カードを手札に加えるサーチ効果です。

同じくF.A.用のフィールド魔法であるサーキットGPやオフロードGPも

同様の効果を持っておりF.A.フィールド魔法共通の効果となっています。

他のフィールド魔法をサーチする事で破壊されても

毎ターン何らかのフィールド魔法を場に残す事が可能となります。

勿論他の魔法罠やモンスターをサーチしてもいいでしょう。

 

 

他の2つのF.A.用フィールド魔法と比較すると

やはりメインフェイズ、バトルフェイズ両方でレベルを上げられるのが強みです。

また②の効果がアドバンテージに繋がる効果ではないものの

対象耐性を付与する事でF.A.モンスターの場持ちをよくしてくれます。

総じて十分に展開し終わった後にその盤面を維持したいとなった時に

このフィールド魔法の出番となるでしょう。

前述の通りホームトランスポーターと特に相性がよく

このカードがあれば③の効果も複数回狙いやすくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました