遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ジャドウ・オーガ どちらかと言えば自分のカード破壊するのがメイン

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

剛鬼ジャドウ・オーガ
リンク・効果モンスター
地属性/戦士族/攻1000/LINK-2
【リンクマーカー:上 下】

←   →

「剛鬼」モンスター2体
①:1ターンに1度、
このカードのリンク先のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、自分の墓地から
「剛鬼ジャドウ・オーガ」以外の「剛鬼」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

 

 

剛鬼のニューフェイスとなるLINK-2です。

ヴレインズにおいてGo鬼塚がリボルバー戦で使用したカードで

その効果でトポロジック・ボマー・ドラゴンの強制発動を逆手に取り破壊、

さらに剛鬼サンダー・オーガの蘇生に繋げました。

両端にスパイクのついた金棒を獲物に持つ剛鬼です。

真っ赤に燃える髪と獣のような足が特徴的です。

剛鬼の中でも特に「鬼」の要素を強く持つカードです。

モチーフとなったプロレスラーは日本のヒールレスラー「邪道」と思われます。

同じくヒールレスラー「外道」と共に

「邪道&外道」というタッグで長い間活動しています。

 

 

【リンクマーカー:上 下】
「剛鬼」モンスター2体

リンク素材は剛鬼モンスター2体です。

同じくLINK-2のジェット・オーガと同じリンク素材ですね。

リンクマーカーは上と下にそれぞれあります。

このカードは効果の発動にリンクマーカー先を指定しており

相手モンスターの真正面に出せるかが重要となります。

 

 

①:1ターンに1度、
このカードのリンク先のモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、自分の墓地から
「剛鬼ジャドウ・オーガ」以外の「剛鬼」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。

その効果は1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスター効果発動時に

その発動を無効にして破壊、さらにその後

墓地から同名カード以外の剛鬼1体を蘇生できるというものです。

上手く相手モンスターの効果を無効に出来れば大きなアドバンテージを得られますが

当然ながらこのカードがある状態で相手はまず効果を発動してくれないでしょう。

狙う場合アニメでやったようにトポロジック・ボマー・ドラゴンのような

強制効果を持つ相手カードを逆手に取るなどの工夫が必要となります。

もしくはにらみ合いや電送擬人エレキネシスのようなカードで

相手モンスターを無理やりこのカードのリンク先に移動させる事で

その相手モンスターの効果発動を抑制させる使い方もあります。

 

 

下方向にもリンクマーカーが存在している為、

自分のモンスター効果を無効にして破壊し蘇生効果を狙う事も可能です。

各種剛鬼は共通効果で墓地へ送られた時にサーチ効果を発動できる為、

この効果で破壊してディスアドバンテージになりづらく

安定して蘇生効果を発動させる事が可能です。

特に召喚時に効果を発動するスープレックスあたりが破壊候補です。

 

 

 

実際トポロジック・ボマー・ドラゴンなどのメタとして使う場合

かなりピンポイント気味になるので

自分のモンスターを破壊して蘇生するのがメインの使い方になるでしょうか。

同じくLINK-2のジェット・オーガに比べて汎用性で劣るものの、

リンクモンスターの剛鬼も蘇生できるので

いざという時の蘇生手段の選択肢としては十分に機能してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました