遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第38話『ハノイの追想』感想

スポンサーリンク

遊戯王ヴレインズ38話の感想です。

前回のあらすじ:お兄様とスペクター消滅

 

 

 

仲良く昏睡状態になっている三騎士の横にさらにスペクターが追加されました。

ブルーエンジェルの撃破とプレイメーカーの足止めを果たしたスペクターに

リボルバーが労いの言葉をかけます。

現状ハノイに残された戦力はリボルバーと鴻上博士のみになるのでしょうか。

そしてハノイの塔の計画は最終段階に入りましたが

リボルバーはプレイメーカーが必ず阻止に向かってくるだろう事を確信し

決着をつけなければならないと決意を胸に秘めます。

リボルバーは言います、プレイメーカーとの因縁は10年前から始まっていたと。

そして今まで自分たちが行ってきた計画を回想します。

 

 

というわけで総集編です

今まで以上に総集編に入るまでが早いです。

今回の総集編はハノイの騎士視点での振り返るとなりますから

また違った視点で今までの事が分かりそうですね。

リボルバー視点という事でやはり

リボルバーVSプレイメーカーのデュエルが重点的に語られています。

そしてプレイメーカーの言った3つの言葉はリボルバーにも衝撃だったようで

10年前の事件で関わった相手である事をリボルバーは確信します。

プレイメーカーの3つは元々この時のロスト事件において

謎の少年から心の支えとして送られたものであり

恐らくはこの謎の少年がリボルバーだという事でしょう。

この出会いはリボルバーにとっても特別なものであり

計画の最中もプレイメーカーを常に意識し続けてしまった事を白状しています。

ロスト事件の被害者は6人でありそのうちの1名はスペクターで確定しているわけですから

残り被害者5人の身元ぐらいは簡単に確認できそうなものなんですが難しいのでしょうか。

首謀者である鴻上博士なら6人全員把握しているはずですし。

 

また三騎士は元々計画の完成まで本格的な活動をする予定なかったようですが

リボルバーの悪行を歴史に残さない為=塔以外の方法でイグニスを対処する為に

独自に活動をした事に決めたようですね。

鴻上博士から「プレイメーカーは見つかったか?」と聞かれ「いいえ」と答えますが

その時に監視カメラで遊作の顔を確認しているシーンが挟み込まれます。

この監視をしていた少年がリボルバーであれば鴻上博士に嘘をついてる事になりますね。

何かしら隠しておく意図があるのか、それともこの少年はリボルバーとは別人なのか。

 

そしてリボルバーはプレイメーカーを必ず倒すと決意表明して総集編終了です。

リボルバー側もかなりプレイメーカーに対する思い入れが強い事が伺えます。

因縁は10年前のロスト事件なわけですから

リボルバー自身もロスト事件の事は相当に特別な出来事だったのでしょう。

この時にリボルバーがどういう状況だったのかが気になりますね。

 

 

次回予告 39話『闇に葬る弾丸

舞い上がる砂塵 荒涼とした大地

変わり果てた姿が 事態の凄惨さを物語る

どんな大義があろうとも これは許される事ではない

子供たちの未来を守る為 鬼塚は悪を討つ!

今度はGo鬼塚VSリボルバーのデュエルのようです。

あかんGo鬼塚が勝つ場面がどうしても想像できない・・・。

この流れでプレイメーカーVSリボルバーなかったら嘘でしょって感じですし。

ともあれ通算4回目のリボルバーのデュエルです。

サブタイトルからするとまたヴァレットを使いそうですね。

やはりマスターデュエルではヴァレットを使用する感じでしょうか。

コメント

  1. ZERO より:

    テレビアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」最終回直前!終焉PV。鴻上博士が実行した「ハノイの塔」は世界を滅ぼすゲーム。通称デスゲーム「デストラクションゲーム」と呼ばれている。「デストラクションゲーム」の犠牲者を紹介します。1人目はゴーストガール、2人目は北村、3人目はブルーエンジェル、4人目は財前晃、5人目はスペクター、6人目はGo鬼塚を含め4000人以上がハノイの塔の犠牲者となりました。残すところ後2人Playmakerとリボルバーが遂に決着をつける。クライマックスの日々を迎える此の2人が遂に激突する。其々の使命を果たすため宿敵同志が激突する。「遊☆戯☆王VRAINS」遂に最終回。緊急発表、テレビアニメ第2期「遊☆戯☆王VRAINS 神々ゲーム」春放送決定⁉︎

  2. ZERO より:

    罰ゲーム「サイバース・リンク」の参加者はロスト事件の6人の子供が数年の時を当てここで殺し合いを開始させる。罰ゲーム「サイバース・リンク」の審査員「ギーゼ」が大戦の審判を務める神です。「サイバース・リンク」の参加者「六使徒」がAIプログラム「イグニス」の本来の姿、究極にして最悪のサイバース族リンクモンスター「スキルブレイン」が参戦します。

    □六使徒
    春乃謙信/Faceplam
    伊吹照度/Xvideos
    安室エルザ/Billboard
    草薙仁/タイムディケイ
    スペクター→立原ミア/ステルベン
    藤木遊作/Playmaker

    □SOLテクノロジー社
    内閣労働社長:岩村相互
    セキュリティ部長:安室淳

    □ハノイの騎士
    ボス:鴻上博士
    リーダー:プロメテウス

    □ELIZA
    No.1:ギーゼ
    No.2:ユーロ
    No.3:メリア

  3. ZERO より:

    究極サイバース族リンクモンスター《スキルブレイン》の属性は6つ『極天』『星葬』『絶海』『獄炎』『死苑』『終焉』のリンクモンスターが殺し合いを行うカードなのです。AIプログラム「イグニス」が隠された究極のデータ・ストームでリンク召喚させた。春乃謙信、伊吹照度、安室エルザ、草薙仁、立原ミア、藤木遊作の6人が決闘をつけ最後の1人になるまで勝利する。ハノイの騎士の新リーダー・プロメテウスとSOLテクノロジー社新任セキュリティ部長・安室淳とELIZAのNo.2・ユーロの3人の僕が六使徒のメンバーに入っている。ハノイの騎士の一員のタイムディケイ、SOLテクノロジー社の一員のXvideos、ELIZAの一員のPlaymakerが罰ゲーム「サイバース・リンク」に出場し参加仕掛けを与える。

  4. ZERO より:

    テレビアニメ第2シリーズ「遊☆戯☆王VRAINS C-L(サイバース・リンク)」の物語は6人の決闘者(デュエリスト)達の頭脳戦を描いていく戦い。ロスト事件の6人の子供が13年後、『スターダスト・ロード』で行われる大会でサイバース族使いの殺し合いを挑む。サイバース世界のAIプログラム『イグニス』を相棒とし究極リンクモンスター《スキルブレイン》をリンク召喚しデスゲーム「サイバース・リンク」で最後の1人となるまで、スターダスト・ロード大会はそれが終わった時、人類が破滅することになる。ハッカー集団「ハノイの騎士」の新リーダー プロメテウスと大企業「SOLテクノロジー社」新セキュリティ部長 安室淳と秘密結社「ELIZA」No.2 ユーロ、No.3 メリアが登場します。「LINK VRAINS」ニューヒーロー ブレイヴ・マックスは現在、Playmakerの懐刀として闘うことにした。

    スターダスト・ロード大会 デスゲーム「サイバース・リンク」の参加者の6人の天才「六使徒」が世界壊滅のゲームを開催させる。『終焉のスキルブレイン グレイテスト』の所有者「Playmaker」、『死苑のスキルブレイン アリア』の所有者「ステルベン」、『獄炎のスキルブレイン シュルク』の所有者「タイムディケイ」、『絶海のスキルブレイン メドレーナ』の所有者「Billboard」、『星葬のスキルブレイン ムニキス』の所有者「 Xvideos」、『究極のスキルブレイン ミラダンテ』の所有者「Faceplam」の6人が《スキルブレイン》使いの争いが幕を開ける。

  5. ZERO より:

    ■六使徒
    春乃謙信/Faceplam ※黄金義賊
    伊吹照度/Xvideos ※アナグラム探偵、SOLテクノロジー社の一員
    安室エルザ/Billboard ※ブルースーパーモデル
    草薙仁/タイムディケイ ※レッド・ハッカー
    立原ミア/ステルベン ※グリーン魔女、ハノイの騎士の一員
    藤木遊作/Playmaker ※凄腕ハッカー、ELIZAの一員

タイトルとURLをコピーしました