遊戯王カード考察:リミット・コード 魔法罠除去にさえ気を付ければ非常に優秀

スポンサーリンク

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

リミット・コード
通常罠
このカード名のカードはデュエル中に1枚しか発動できない。
①:自分の墓地にサイバース族リンクモンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。
そのモンスターの数だけこのカードにカウンターを置き、
EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
②:自分エンドフェイズに発動する。
このカードのカウンターを1つ取り除く。
取り除けない場合このカードを破壊する。

 

 

コード・トーカー用のサポートとなる通常罠です。

ヴレインズにおいてプレイメーカーが財前晃戦で使用し

エクストラデッキからエンコード・トーカーを特殊召喚しました。

アニメでは「リミットカウンターを置く」という説明がされていながら

そのリミットカウンターがどういう左様があるかまでは説明されていなかったので

気になっていた人も多いでしょう。

アニメでは永続罠になっていましたがOCG化に伴い通常罠に変更されています。

デコード・トーカーが文字列のような鎖で拘束されています。

恐らくはリミット(制限)のある状態で呼び出されたという事なのでしょう。

 

 

このカード名のカードはデュエル中に1枚しか発動できない。
①:自分の墓地にサイバース族リンクモンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。
そのモンスターの数だけこのカードにカウンターを置き、
EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚し、
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

①の効果はデュエル中に1度だけ墓地にサイバース族リンクが存在している状態の時、

エクストラデッキからコード・トーカーと名の付くモンスターを特殊召喚します。

この際墓地のサイバース族リンクの数だけこのカードのカウンターを置きつつ

このカードを装備カードとして特殊召喚したコード・トーカーに装備、

このカードがフィールドから離れた場合に破壊されるという制約が付与されます。

またリンク召喚扱いではない為この効果で特殊召喚されたコード・トーカーは

蘇生制限を満たさない(墓地から蘇生できない)点には注意しておきましょう。

 

 

②:自分エンドフェイズに発動する。
このカードのカウンターを1つ取り除く。
取り除けない場合このカードを破壊する。

②の効果は自分エンドフェイズ時にこのカードのカウンターを1つ取り除き

取り除けない場合はこのカードを破壊するという自壊効果です。

ある種のデメリットではあるのですが例え墓地にサイバース族リンクが1体しかいなくとも

2ターンはフィールドに維持する事が出来るので

実際にはほとんど気にならないデメリットだと言えるでしょう。

 

 

デュエル中に1度という制限がかけられているだけあって

このカード1枚でエクストラデッキから直接LINK-3を出せるのは強力です。

特にLINK-4のリンク召喚を狙う際の素材として大いに活用できるでしょう。

この際パワーコード・トーカーを出せば相手モンスター1体の効果を無効にしつつ

LINK-4に繋げる事も可能です。

また自壊デメリットこそ発生しますが効果を無効にはしない為

各種コード・トーカーをそのまま活用するのもいいでしょう。

墓地にサイバース族リンクが必要という発動条件はかなり緩く

【サイバース族】であれば墓地メタでもくらわない限りまず発動が可能です。

サイバース族リンクには汎用素材で出せるカードも数多く存在する為

【サイバース族】以外でもそれらの汎用サイバース族リンクをEXデッキに入れているのであれば

十分に採用する価値があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました