遊戯王カード考察:シーアーカイバー リンク召喚するデッキなら無理なく使えます

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。

 

 

 

シーアーカイバー
効果モンスター
星3/水属性/サイバース族/攻 300/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札・墓地に存在し、
フィールドのリンクモンスターのリンク先に
モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 

 

水属性サイバース族のレベル3モンスターです。

 

金と銀を基調にしたタツノオトシゴ型ロボットです。

名前の由来はタツノオトシゴを表すシーホース(海馬)と

アーカイバーからだと思われます。

アーカイバーとは複数のファイルを圧縮して1つにまとめるソフトの事で

多くの場合は圧縮の逆である解凍も行えます。

 

 

その効果は1ターンに1度、

リンクモンスターのリンク先にモンスターが召喚か特殊召喚された場合に

このカードを手札か墓地から特殊召喚するというものです。

ただしこの効果で特殊召喚した場合には

フィールドから離れてしまうと除外してしまう制約が発生します。

なおリンク先にモンスターが出されるという条件は自分には限らない為

相手がリンク先にモンスターを置いた場合でも特殊召喚が狙えます。

 

 

リンク召喚主体のデッキであれば発動条件はかなり緩く

主に連続リンクを狙う際のサポートとして重宝します。

リンク召喚を行うデッキであるならば

【サイバース族】以外のデッキでも使いやすいものとなっています。

レベル3なので彼岸の黒天使 ケルビーニのリンク素材にしてもいいでしょう。

ケルビーニをリンク召喚すれば効果でシーアーカイバーを墓地に落とせるので

そういう意味でもケルビーニとは相性がいいです。

サイバース族にもバックアップ・セクレタリーやドラコネットをはじめ

レベル3モンスターは数多く存在する為無理なく組み込めるでしょう。

 

 

フィールドから離れると除外されてしまう関係上基本は一回限りとなりますが

王宮の鉄壁などで除外を封じると毎ターン発動を狙う事も可能です。

サイバース族デッキだと除外を結構活用するので採用し辛いですが

除外を活用しないデッキならば採用を検討してみていいでしょう。

また例によってエクシーズ素材にした場合は除外されない為

ランク3のエクシーズ素材にしてしまうのも1つの手です。

「EX召喚枠の為にリンクモンスターを採用しているランク3エクシーズデッキ」

あたりに採用を検討してみるのも面白いでしょう。

レベル3で条件の緩い事故蘇生効果持ちは結構貴重です。

 

 

それにしても遊戯王、結構タツノオトシゴモチーフのモンスター多いですよね。

やっぱり「海馬」がいるからでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました