遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)を継ぐもの リンク召喚デッキ全般で採用できる汎用蘇生カード

スポンサーリンク

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

星遺物を継ぐもの
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをフィールドの
リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

 

星遺物サポートというわけではありませんが星遺物の名を冠した通常魔法です。

 

蒼穹「ファイトーー!!」

アウラム「イッパーーツ!!」

蒼穹の機界騎士が崖に武器を突き刺して支えにして

そこから星杯に選ばれし者を掴み上げて助けているという

実にリポビタンDのCMでやってそうなシチュエーションです。

ストーリー的には機界騎士と星杯の戦士は対立している様子でしたが

このイラストから考えると和解が出来ているのかもしれません。

もしくは2人して崖に落ちている所を考えると

機界騎士星杯共通の敵が出現し一時的に共闘しているのかもしれません。

掴んだ腕からはまばゆい光が放たれており

カード名からすると何らかの力が受け継がれているのかもしれません。

 

 

その効果は1ターンに1度、

リンクモンスターのリンク先にある自分フィールドに

自分の墓地のモンスターを特殊召喚するという蘇生効果です。

基本的にはリンクモンスターを採用しているデッキで利用する事になりますが

相手リンクモンスターのリンク先であってもモンスターを蘇生させる事が可能です。

ただもしこのカードの発動時に相手がチェーンしてリンクモンスターを除去し

リンク先が存在しなくなってしまった場合は不発になってしまうので注意してください。

 

 

制限カードである死者蘇生の下位互換とも言うべき効果になっており比較すると

・1ターンに1度しか発動できない

・自分のモンスターしか蘇生できない

・リンクモンスターのリンク先にしか特殊召喚できない

といった調整がなされています。

逆に言えば調整されているのはこれだけでありリンク先さえ用意できるのであれば

ほぼ2枚目以降の死者蘇生として積極的に利用する事が可能です。

蘇生するモンスターの制限も一切なく

数ある蘇生カードの中でもかなり汎用性が高く使いやすい部類だと言えるでしょう。

特にリンク召喚デッキにおいてリンクモンスターを蘇生する手段として効果的です。

 

 

また星遺物の名を冠しており星遺物-『星鎧』星遺物-『星杯』の効果でサーチが可能です。

星遺物を巡る戦いに次いで様々なデッキに投入できる汎用性を持っている為、

星遺物-『星鎧』を使う場合に一緒に採用する候補になります。

星遺物に蠢く罠の発動条件を満たす為の1種類としても活用しやすいでしょう。

これらの星遺物サポートを上手く活用できるのであれば

単なる死者蘇生の下位互換に収まらない活躍が期待できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    今月号は16日(ジャンプフェスタ開催日)の時点で出てますよ

タイトルとURLをコピーしました