遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。

 

 

 

LANフォリンクス
リンクモンスター
光属性/サイバース族/攻1200/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

モンスター2体

 

光属性サイバース族のLINK-2リンクモンスターです。

 

名前の由来はLAN(ローカルエリアネットワーク)と

ジュラ紀に生息していた翼竜「ランフォリンクス」からでしょう。

イラストは恐らくLANケーブルがモチーフになっているのでしょう。

機械的なパーツをつけたワイバーンといった形状をしています。

 

 

モンスター効果は一切なくまた攻撃力も1200と控えめです。

その代わり素材指定はモンスター2体と圧倒的に緩く

さらにリンクマーカーも左下と右下という

EXデッキからの召喚枠を確保するのに適したものとなっています。

モンスター単体としての性能はほぼ捨て去っており

ただひたすらに出しやすさとリンクマーカーに全振りしたLINK-2であり

ある意味では非常に分かりやすく潔いカードと言えるでしょう。

 

 

何でもいいからリンク素材にさえできるモンスター2体さえ用意すれば

EXデッキからの召喚枠を2つ確保する事が可能となっています。

この緩さはトークンを素材にする時は勿論の事、

属性も種族もバラバラで他のリンクモンスターを扱いづらいデッキや

精神操作などで奪った相手モンスターを素材にする場合にも重宝するでしょう。

 

 

強力なカードというわけではありませんが

こんなカードを待っていたという人は確実に存在する類のカードです。

サイバース族なのでサイバース族指定のリンクモンスターを出したい場合にも

その繋ぎとして重宝します。

汎用のサイバース族LINK-2は他にも

セキュリティ・ドラゴンやプロキシー・ドラゴンがいますが

いずれもリンクマーカーの向きが違うので適時使い分けるのがいいでしょう。

よく考えれば3体とも機械竜といった感じのモンスターですね。

もしかしたら意識しているのかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    通常モンスターでも効果モンスターでもないので、その後のリンク素材としての使い方を少し考えなくてはならないところまで含めての調整なんでしょうね
    まぁサイバースなんでそこまで難しく考えなくてもいいとは思いますが

タイトルとURLをコピーしました