遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

スポンサーリンク

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

 

 

 

魔導原典 クロウリー
リンク・効果モンスター
闇属性/魔法使い族/攻1000/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

魔法使い族モンスター2体
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「魔導書」カード3種類を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上の魔法使い族モンスターを召喚する場合に
必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。

 

 

魔導用のリンクモンスターです。

 

召喚師アレイスターと思われる人物がカプセルの中で眠りについています。

カード名のクロウリーというのはアレイスターの苗字です。

魔導関連のカードにアレイスターが登場している事を考えると

召喚獣と魔導には密接な関係があるのかもしれません。

ちなみにアレイスター・クロウリーはトート・タロットのデザインをしており

そういう意味でもタロットをモチーフとする魔導とは関係があります。

 

 

【リンクマーカー:左下 右下】
魔法使い族モンスター2体

リンク素材には魔法使い族2体を要求しています。

墓地から繰り返し蘇生ができるEmトリック・クラウンや

無条件で手札から特殊召喚できるジェスター・コンフィなどを用いると

比較的に簡単にリンク素材を揃える事ができるでしょう。

【魔導】であれば魔導書士パテルなどの効果を発揮した後に

このカードのリンク素材にすれば無駄がありません。

その他暗躍のドルイド・ドリュースで魔法使い族を蘇生させれば

手札1枚からリンク素材を揃える事が出来ます。

またメインフェイズ2以降になってしまいますが

通常召喚されたモンスターであれば

副話術士クララ&ルーシカのリンク召喚に繋げる事で

他の種族を魔法使い族に仕立て上げる事が可能です。

 

リンクマーカーは左下と右下という

EXデッキ召喚枠を増やすのに適している配置となっています。

効果の方はリンクマーカーに依存しない為、

EXデッキ召喚枠が特に必要ないという場合は

メインモンスターゾーンに出しても問題ありません。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「魔導書」カード3種類を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りのカードはデッキに戻す。

①の効果はリンク召喚に成功した場合に

デッキから魔導書カード3種類を選んで相手に見せ、

その中からランダムで1枚を手札に加えてデッキに戻すというものです。

3枚ではなく3種類なので全て違う魔導書を相手に見せる必要がある点に注意です。

魔導書庫クレッセンほぼ同等のランダムサーチであり

グリモの魔導書を混ぜる事で狙った魔導書を引き当てる確率を上げられます。

 

 

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上の魔法使い族モンスターを召喚する場合に
必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間、

1ターンに1度、レベル5以上の魔法使い族を通常召喚する場合に、

リリースなしで召喚する事が出来るというものです。

このカードを出した後にいかに召喚権を確保するかが課題になりますが

手札にある上級、最上級モンスターを展開する手段の1つとして活用可能です。

【魔導】には上級、最上級モンスターも数多く存在する為

それらを多数採用していればこの効果が活きる状況もあるでしょう。

 

 

主に①のランダムサーチ効果が本命となります。

このカード自体の攻撃力は1000と控えめであり

効果を発動した後はさっさと更なるリンク召喚の為の素材とするのも1つの手です。

もしくはワンダー・ワンドやルドラの魔導書のリリース要員にしてもいいでしょう。

 

 

②の効果によるリリースなしの通常召喚ですが

レベル5以上の魔法使い族で通常召喚する事に意義があるカードとして

闇紅の魔導師、黒魔導戦士ブレイカー、極星霊デックアールヴ、

それからガガガヘッドが存在します。

【魔導】は魔法使い族全般をサポートできる関係上出張や混合デッキがしやすく

他の魔法使い族カードを混ぜやすくこれらのカードを採用してみるのもいいでしょう。

【魔導ガガガ】なるデッキを組んでみるのも面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました