遊戯王カード考察:宝玉の絆 ド直球に強いカード

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

宝玉の絆
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「宝玉獣」モンスター1体を手札に加え、
そのモンスターとカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体をデッキから選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 

 

宝玉サポートとなる通常魔法です。

ヨハンがルビー・カーバンクルを膝に乗せて撫でているという

非常に心癒されるイラストが描かれています。

ルビー・カーバンクルの幸せそうな顔がなんとも言えません。

普段からヨハンはこんな風に宝玉獣の世話をしているんでしょうね。

ヨハンの宝玉獣に対する愛情が伝わってくるイラストです。

 

 

その効果は1ターンに1度デッキから宝玉獣1体を手札に加え

さらにサーチしたカードとは別の宝玉獣1体を

永続魔法扱いで魔法罠ゾーンに置くというサーチ効果+αです。

あくまでサーチできるのは宝玉獣であり

宝玉の守護者や宝玉の先導者はサーチできない点には注意してください。

究極宝玉神 レインボー・ドラゴンも無理です。

 

 

えー・・・宝玉使っている人達に質問です。

これ採用しないって選択肢あります?

1ターンに1度以外特に制約のないサーチカードというだけでも十分なのに

それに加えて魔法罠ゾーンに宝玉獣まで置けます。

この魔法罠ゾーンに宝玉獣を置くのは宝玉にとっての肝のの1つなのですが

今まで能動的に置く手段は宝玉獣サファイア・ペガサスか

もしくは宝玉の守護者のモンスター効果による自壊が頼りでした。

そんな中に能動的に置いていけるこのカードの登場は

魔法罠ゾーンに宝玉獣を置いていく効率を飛躍的に高めてくれるでしょう。

カード名に「宝玉」とありちゃんと虹の架け橋でサーチできる点もポイントです。

このカードでサファイアペガサスをサーチして召喚、そちらの効果も発動すれば

カード1枚から宝玉獣2体を魔法罠ゾーンに置く事ができ、

宝玉の導きやレア・ヴァリューの発動条件を一気に満たす事が可能です。

これらのカードもより採用しやすくなるでしょう。

ありていに言って【宝玉】デッキなら思考停止で3枚投入していいカードだと思います。

 

 

それにしても宝玉獣、今回のパックでストレートに強力なカードいっぱい貰ってますね。

テーマの設定上新規の宝玉獣を作る事が難しいので

宝玉獣の性能は据え置きでその分強力な魔法罠で強化しようっていう方針なのでしょう。

何にしても宝玉獣は今まで以上に魔法罠の価値が高いテーマとなってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました