見切りの極意:遊戯王カード考察  使いやすさ重視のカウンター罠、灰流うらら等は初見で見切れます

スポンサーリンク

何かけものフレンズ2期でたつき監督が降板されたとかで大騒ぎになってるみたいですね。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

見切りの極意
カウンター罠
①:相手の墓地のカードと同名の
モンスターの効果・魔法・罠カードを相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

伝説の柔術家が放つハドゥーケンを

マスターモンクがマトリックスばりに上半身を仰け反らせて回避しています。

まさにカード名のごとく「見切った!」という感じなのでしょう。

見切り極意っていうとロマンシング・サガあたりも自分は連想します。

 

 

その効果は相手の墓地に同じカードが存在するモンスター効果、魔法、罠を

相手が発動した時にその発動を無効にして破壊するというものです。

墓地に同じカードがある=既に見た事があるという事で

それを見切り無効化している感じなのでしょう。

ようするにこういうことです

 

 

相手の墓地に依存する為序盤では使いづらいカードではありますが

汎用性が高いカウンター罠であり腐るケースはあまりないでしょう。

コストが一切必要ないというのも魅力的です。

ただその一方でピン挿ししている事が多いエクストラデッキのモンスターや

「一度でも発動を許すとやばい!」といった感じのカードは対処し辛い面があります。

いわゆるマストカウンターを要求される場面に弱いというのは

カウンター罠としては中々に痛い所でしょう。

そういったピンポイントで相手のカードを無効化するよりは

発動できる場面であれば積極的に発動していって妨害していくカードだと言えます。

大抵のデッキには複数枚積んでいる主力カードというのが存在する為、

主にそれらを無効化して相手の出鼻をくじくのが主な狙い目となるでしょう。

 

 

墓地を参照しなければいけない関係上墓地除外を多用するカードや

そもそもマクロコスモスを使ってくるデッキ、

あと墓地へ送られづらいペンデュラムデッキや

ピンポイントな所ではマドルチェ相手にも機能し辛い面があります。

そういったデッキを警戒するのであればメインデッキから投入するのではなく

サイドデッキに入れておいて相手を見て投入するのも1つの選択肢です。

ただそれを踏まえてもカウンター罠の中でもかなり状況を選ばず使える部類であり

【エンジェル・パーミッション】に採用するのもオススメです。

豊穣のアルテミスあたりと一緒に併用できれば

よりアドバンテージを稼ぎやすくなるでしょう。

 

追記:灰流うらら等墓地に落としてから発動する効果に対しては

1枚目の時点で発動できるという裁定が出ました!

手札誘発系の効果に対する優秀なメタカードになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました