融合再生機構/Fusion Recycling Plant:遊戯王カード考察 デッキからでも墓地からでも

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

 

 

 

融合再生機構
フィールド魔法
①:1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。
②:自分・相手のエンドフェイズに、このターンに融合召喚に使用した
自分の墓地の融合素材モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

融合サポートとなるフィールド魔法です。

 

魔法都市エンデュミオンの融合関連の廃棄物場所でしょうか、

そこで物資調達院が何やら回収作業をしています。

廃棄物の中から再利用できそうなものをこうして漁っているのでしょう。

また上空を複数のモンスター・アイが飛び回っています。

こちらもまた再利用できそうな資源を見つけようとしているのでしょう、

文字通り目を光らせています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で

デッキか墓地から「融合」を1枚手札に加えるというものです。

融合を手札に加えるカードは数多く存在していますが

デッキと墓地、どちらからでも回収できるというのは中々レアであり

デッキ内の融合の枚数を抑えた場合でも使いまわしが効きます。

通常の融合と置換融合を使い分けるといった事もしやすいでしょう。

フィールド魔法なのでテラ・フォーミング等でサーチが可能であり

融合1枚をこの効果で使いまわす事も難しくありません。

 

 

②の効果は自分か相手のエンドフェイズ時に

そのターン中に融合召喚の素材として利用したモンスター1体を

墓地から手札に加えるというものです。

回収できるのがエンドフェイズと遅いもののコストの軽減に繋がります。

特に融合素材となった時に効果を発揮するモンスターや

墓地へ送られた時に効果を発揮するモンスターを繰り返し活用できれば

アドバンテージの確保にもなるでしょう。

またシャドール・フュージョンやブリリアント・フュージョン等で

デッキのモンスターを墓地へ送った後にこの効果で手札に回収すれば

疑似的なサーチ手段としても機能します。

 

 

その性質上通常の「融合」を積極的に活用し、また特的のフィールド魔法に頼らないデッキ、

例えば【ファーニマル】や【月光】あたりと相性のいいカードです。

特にファーニマルはファーニマル・オクトやファーニマル・ペンギンをはじめ

融合素材となった時に発動する効果が数多く存在しており②の効果も存分に活かせます。

月光の方も月光黒羊が融合素材になって発動する効果を所持しています。

 

また通常の「融合」を採用しないデッキであっても

②の効果のみを目当てに採用するというのも1つの選択肢です。

特にシャドール・フュージョンは光属性以外のモンスターをデッキから墓地に送る事が可能で

このカードの②の効果を使えば光属性以外のモンスターであれば手札に回収できるという

非常に対応範囲の広い疑似的なサーチカードとして機能してくれます。

②の効果だけでも十分に採用する価値があると言えるでしょう。

またそう言ったデッキであっても1枚だけ通常の融合を忍ばせておけば

いざという時①の効果も活用できます。

 

 

ちょっと癖のあるカードですが融合デッキを利用しているのであれば

このカードの使い道を一度模索してみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました