リンクリボー:遊戯王カード考察  レベル1モンスターの活用手段がまた増えました

スポンサーリンク

今回紹介するのは8月4日に発売される最強ジャンプの付録となるこのカードです。

 

 

 

リンクリボー
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻 300/LINK-1
レベル1モンスター1体
【リンクマーカー:下】
\ ↑ /
←   →

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

クリボーの新しい仲間がLINK1のリンクモンスターとして登場しました。

 

専用の宇宙服を纏ったかのようなクリボーです。

リンクマーカーをあしらった尻尾がチャーミングですね。

 

リンク素材にはレベル1モンスター1体を要求しています。

黄泉ガエルやバトルフェーダーといったリンク素材に使いやすいモンスターは多く

レベル1がフィールドに残るようなケースがあるデッキであれば

自然と召喚を狙う事ができるでしょう。

 

 

①の効果は相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードをリリースする事で

このターンの間攻撃宣言した相手モンスターの攻撃力を0にするというものです。

攻撃力を変動させる効果ですが発動タイミングが攻撃宣言時に限定されている為、

ダメージステップに発動させる事が出来ずこの効果を発動する場合

どうしても攻撃の巻き戻しが発生してしまう点には注意してください。

クリボー系列伝統の防御系効果でありやはり攻撃の回避として活用可能です。

通常であれば相手の攻撃を中断させるだけにとどまりますが

召喚制限-猛突するモンスターなどで攻撃を強制させている場合などは

返り討ちにする事も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、このカードが墓地に存在している場合に

自分の場のレベル1モンスター1体をリリースする事で

墓地からこのカードを自己蘇生できるフリーチェーン効果です。

特に黄泉ガエルとの相性が抜群でスタンバイフェイズに黄泉ガエルをリリースすれば

同じタイミングでもう一度黄泉ガエルを蘇生させる事も可能です。

またフリーチェーンなのでサクリファイスエスケープとしても活用可能です。

特に墓地にいて欲しいモンスターを除外やバウンスから守る場合に重宝します。

 

 

クリボーなのでクリボーンの効果で蘇生が狙えます。

とにかく召喚が簡単なカードなのでエクストラデッキに3枚投入しておけば

クリボーンによる蘇生対象を水増しさせるのに役立ってくれます。

クリボー中心のデッキで使う場合②の効果がリリースなので

サクリボーのドロー効果を発動できる点も覚えておくといいでしょう。

 

 

「とりあえずフィールドに残ったレベル1モンスターを活用する手段」

としてこのカードは機能してくれます。

余ったレベル1のトークンや黄泉ガエルなどは勿論の事

マーメイド・シャークや青き眼の賢士などの召喚時効果を使った後に墓地におくる事で

低い攻撃力を攻撃表示で晒すといった状況を防ぐことが可能です。

また黒鋼竜やシンクローン・リゾネーターのような

フィールドから墓地へ送られた場合に発動する効果を満たす目的にも使用可能です。

除去カードとして簡易融合からサウザンド・アイズ・サクリファイスの融合召喚を狙う場合、

どうせ墓地に送られてしまうならとこのカードの素材にするのも効果的でしょう。

レベル1のモンスターがフィールドに残るといったケースは結構あり

そういった時の無駄を解消する意味で中々便利なカードです。

 

 

自分もレベル1のモンスターは結構愛用する傾向があるので(特にバトルフェーダー)

このカードは非常にありがたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました