リコーデッド・アライブ:遊戯王カード考察  主役カードサポート登場、合計2回特殊召喚できる便利な奴です

スポンサーリンク

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。

 

 

 

リコーデッド・アライブ
通常罠
①:自分のフィールド・墓地の
リンク3のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、
EXデッキから「コード・トーカー」モンスター1体を特殊召喚する。
②:EXモンスターゾーンに自分のモンスターが存在しない場合、
墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

サイバース族及びコード・トーカー用の通常罠です。

このカードの登場により「コード・トーカー」がカテゴリ化しました。

 

デコード・トーカーとエンコード・トーカーが半身づつ描かれています。

リコードとは「違うコードを入れる」といった意味があり

イラストは2つのコード・トーカーを入れ替えている所なのでしょう。

 

 

①の効果は自分のフィールドか墓地に存在する

LINK3のサイバース族リンクモンスター1体を除外して

EXデッキから「コード・トーカー」と名の付くカード1体を特殊召喚します。

あくまでリンク召喚ではなく正規の手段ではない特殊召喚なので

蘇生制限を満たさない点には注意してください。

現在コード・トーカーと名の付くモンスターで該当するのは

デコード・トーカーとエンコード・トーカーの2体であり

このどちらかを特殊召喚する事になるでしょう。

除外する対象のLINK3のサイバース族リンクモンスターに限定されており

コード・トーカーを除外してコード・トーカーを出すのが基本となります。

基本的に墓地のカードを除外して出した方がお得ですが

フリーチェーンで発動できるのでフィールドのモンスターで攻撃した後、

それを除外してコード・トーカーでさらに連続攻撃といった芸当も可能です。

 

 

②の効果はEXモンスターゾーンに自分のカードが無い状態の場合に

墓地のこのカードを除外する事で

除外されているコード・トーカー1体を特殊召喚するというものです。

①の効果で除外したコード・トーカーをそのまま特殊召喚可能であり

メインモンスターゾーンにリンクマーカーが設定されている状態であれば

①の効果と②の効果で2連続特殊召喚という芸当も可能です。

ただデコード・トーカーもエンコード・トーカーも

基本的にはEXモンスターゾーンに出した方が都合がいいカードであり

この効果で特殊召喚してもその効果を十分に生かしにくいです。

最初から2300打点、もしくは

3つ分のリンク素材と割り切った運用をするのも手です。

 

 

1枚で2回分の特殊召喚が可能な非常に優秀なカードです。

出せるモンスターも限定されてるとはいえ主力で使えるレベルであり

リンク数に置きかえれば合計リンク6という破格っぷりです。

今現在リンクモンスターはLINK-4が最大ですが

今後LINK-5やLINK-6といったリンクモンスターが登場した場合、

さらに活用する用途が広がる事でしょう。

 

 

「コード・トーカー」がカテゴリ化される事になりましたが

今後新しいコード・トーカーも登場してくるんでしょうか。

VRAINSの看板モンスターですし少なくとも進化形は出てきそうですね。

そのうちアカシック・レコード・トーカーとか登場したりして・・・。

コメント

  1. 匿名 より:

    FWDそっちのけでリンク6の合体した姿が出そうなコードトーカー達

タイトルとURLをコピーしました