剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

スポンサーリンク

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼サンダー・オーガ
リンク・効果モンスター
地属性/戦士族/攻2200/LINK-3
【リンクマーカー:上 左下 右下】
「剛鬼」モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
ターンプレイヤーは以下の効果を適用する。
●自分メインフェイズに通常召喚に加えて1度だけ、
このカードのリンク先となる自分フィールドに手札からモンスター1体を召喚できる。
①:このカードのリンク先のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードの攻撃力は400アップする。

 

 

剛鬼ザ・グレート・オーガに続く2体目の剛鬼リンクモンスターです。

 

黒いマントと鬼のようなマスクが特徴的なモンスターです。

両手に電気を纏ったコイル状の杭を装備しています。

名前の由来は覆面レスラー「獣神サンダーライガー」からだと思われます。

色合いとかどことなく似ていますね。

どうやら剛鬼リンクモンスターの名前は

「プロレスラーのリングネーム+オーガ」が基本のようです。

 

 

LINK-3でありリンク素材に剛鬼2体以上を要求しています。

これは剛鬼ザ・グレート・オーガと同じ召喚条件であり

状況に応じてどちらのリンク召喚をするか使い分ける事になるでしょう。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間

お互いのプレイヤーはこのカードのリンク先に召喚する場合に限り

1ターンに1度、召喚権を追加で1つ増やせるというものです。

リンクマーカーは斜め後ろ2つと前方1つという

デコード・トーカーと同じ形で相手にもリンク先を用意しています。

剛鬼スープレックスを召喚すればさらなる展開に繋げられますし

剛鬼以外の召喚も問題なく行えます。

強力な効果ですが相手にも恩恵がある効果であり

しかも召喚権の追加というのは大抵のデッキに恩恵のある要素です。

相手に塩を送りたくないのであれば相手のターンになる前に

このカードをリンク素材にするなりしてどかす必要があるでしょう。

ある意味では相手にも華を持たせる事を忘れない

実にプロレスらしいエンタメ精神溢れる効果とも言えます。

 

 

②の効果はこのカードのリンク先のモンスターが

戦闘か効果で破壊された場合に発動、

このカードの攻撃力を永続的に400上昇させられるというものです。

元々の攻撃力は2200とLINK3にしてはやや物足りないですが

このカードのリンク先のモンスター2体を破壊する事で

3000にまで上昇させる事が可能です。

剛鬼は墓地に送られる事でサーチ効果を発動できる為

自爆特攻をさせてもディアスアドバンテージになりにくいです。

前方リンクの相手モンスターを破壊出来ればもう400攻撃力アップです。

 

 

剛鬼ザ・グレート・オーガと召喚条件がまったく同じであり

ザ・グレート・オーガの攻撃力減少が通用する相手であればあちらを、

リンクモンスターや守備力0などザ・グレート・オーガが機能し辛い相手の場合には

サンダー・オーガを出してリンク先を自爆特攻させて打点を上げるなり

召喚兼を利用して上のLINK数のリンク召喚を狙うなりして使い分けるといいでしょう。

またこちらはザ・グレート・オーガと違い味方の攻撃力を減少させない為、

他のテーマのカードを混ぜたい場合にも選択肢となってきます。

剛鬼はアドバンテージ獲得能力に優れ比較的他のテーマに出張させやすいので、

特に召喚権を増やすメリットが多いテーマに混ぜるのも面白いです。

 

 

相手の召喚権を増やすデメリットを受け入れつつもこのカードを活躍させる事が出来れば

あなたもエンタメ精神溢れるカリスマデュエリストです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました