雷仙神(かみなりせんじん):遊戯王カード考察  手札からポンと出せる2700打点(ただしライフさえあれば)

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

雷仙神
効果モンスター
星7/光属性/雷族/攻2700/守2400
①:このカードは3000LPを払って手札から特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚したこのカードが
相手によって破壊された場合に発動する。
自分は5000LP回復する。

 

 

まさかの雷仙人のリメイクモンスターです。

レベルは4から7になっており攻撃力も1500から2700に上昇、

ついでにリバースモンスターでもなくなっています。

 

おじいちゃん大分ハッスルしてます

電気の影響か髭や髪が思いっきり立っており服装も豪華になっています。

周囲に雷を発生させて上機嫌でありまさに雷の神様といった感じです。

 

 

①の効果は3000ライフを払う事で手札から特殊召喚できるというものです。

シンプルかつ豪快すぎる特殊召喚条件です

ライフコスト以外の特殊召喚条件は一切存在せず

ライフコストさえ払えるのであれば手札からすぐに出せる2700打点ですし

ライフコストさえ払えるのであればランク7のエクシーズ素材にする事も出来ます。

1ターンに1度といった制約もないので手札にこのカードが複数存在する場合

ライフコストさえ払えるのであれば手札から3枚こいつを並べる事も可能です。

勿論全ては3000というライフコストを払えればの話であり

そう簡単に支払えるような数値ではないのが一番の問題です。

 

 

②の効果は①の効果で特殊召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に

自分のライフを5000回復できるというものです。

リメイク前の雷仙人は3000回復して5000支払う効果でしたが

こちらは逆に差し引き2000分ライフがお得になっています。

除外やバウンスさえされなければ発動が狙えるため、

自分からエクシーズ素材などにしない限りは発動できる機会は多いです。

神の警告などで召喚そのものを無効にされてしまった場合は回復できませんが、

警告の場合相手も2000支払っているので差し引きではそこまで損ではありません。

 

 

ライフコストこそ痛いものの最終的にはライフ的にお得になるケースも多く

総合的に考えると手軽に出せる2700打点として結構面白いカードです。

アロマのようなデッキであればライフコストも用意しやすい上に

回復用のカードとしても積極的に活用していけるでしょう。

一族の結束を使っているような雷族に採用するのも面白いと思います。

一族の結束が1枚あれば攻撃力は3500に到達し

そもそものカードの枚数が少ない雷族にとって有力なアタッカー候補となります。

 

 

ミセス・レディエントもそうなのですが

相当古いカードからリメイクカードが来ていますね。

今の遊戯王プレイヤーで雷仙人しってる人とかどれくらいいるんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました