魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

スポンサーリンク

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-よりこのカードです。

 

 

 

魂喰いオヴィラプター
効果モンスター
星4/闇属性/恐竜族/攻1800/守 500
「魂喰いオヴィラプター」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:このカード以外のフィールドのレベル4以下の
恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 

 

闇属性恐竜族のレベル4モンスターです。

 

背中から頭部にかけて青い炎のようなものが走っている二足歩行の恐竜です。

モチーフとなっているのは恐らくオヴィラプトルだと思われます。

オヴィラプトルとは「卵泥棒」という意味の名前であり

複数の卵と一緒にこの恐竜の化石が見つかった事からそう名付けられました。

当初この卵が別の恐竜だと思われていた為に

オヴィラプトルがこの卵を捕食しようとしていたと思われていましたが

後に同じオヴィラプトルの卵だという事実が判明、

泥棒でもなんでもなく普通に卵守っているだけというオチでした。

このモンスターのイラストでは手に卵ではなく人魂のようなものを持っています。

卵泥棒ならぬ魂泥棒としてデザインされているのでしょう。

 

 

①の効果はこのカードを召喚、特殊召喚に成功した場合に

デッキから恐竜族1体をサーチ、もしくは墓地送りにするというものです。

しかもレベルなどの制約も一切存在せず恐竜族であれば全てが対象です。

サーチは言わずもがな、墓地送りも幻創のミセラサウルスやカーボネドンなど

墓地で発動できる効果を持つ恐竜族の補助として有用であり

このカードの②の効果の布石としても機能します。

 

 

②の効果は1ターンに1度、このカード以外のレベル4以下の恐竜族1体を破壊、

その後自分の墓地の恐竜族1体を守備表示で蘇生させるというものです。

墓地から恐竜族を蘇生させるので超古代恐獣のドロー効果の発動トリガーにもなります。

ロストワールドとの相性が抜群であり破壊対象とする恐竜族は

ロストワールドの効果で相手の場に送ったジュラエッグトークンが筆頭候補となるでしょう。

ロストワールドの発動中にこのカードを召喚して相手の場にトークンを出し、

①の効果で目当てのモンスターを墓地に送った上でこの効果でトークンを破壊する事で

間接的にデッキから好きな恐竜族モンスターを特殊召喚する事が可能です。

逆にこの破壊効果をロストワールドの④の効果のトリガーにする事も出来るので

状況に合わせて使い分ける事が可能です。

またDNA改造手術などで相手のモンスターを恐竜族にしてしまえば

相手のモンスターを除去しつつ墓地の恐竜族を蘇生できる効果としても機能します。

 

 

なんていうか恐竜族だから許されてる性能してますね

特に①の効果はドラゴン族や魔法使い族あたりにあったら規制一直線であり

文句なしに種族サポートとしては最高峰の効果と言っていいでしょう。

攻撃力も1800と下級としては及第点レベルのステータスを持っており

ロストワールドの発動元であればアタッカーとしても十分機能するでしょう。

恐竜族メインのデッキにおいて頼みの綱となってくれるのは勿論の事、

レッドアイズやラブラドライドラゴン等を使うデッキであれば

それらを特殊召喚できるカーボネドンを墓地に送るカードとして機能しますし

炎属性がメインのデッキであれば炎霊神パイロレクスをサーチするカードとして、

また【壊獣】においても怒炎壊獣ドゴランをサーチできたりと

恐竜族メイン以外のデッキにおいても採用する価値のあるカードとなっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    サーチしかできない上にコストを要求するラプラーもいるというのにw……

タイトルとURLをコピーしました