EM小判竜(エンタメイト ドラゴ・リモーラ):遊戯王カード考察

スポンサーリンク

ドラゴン族に混ぜてみるといかがでしょう?

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

EM小判竜
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/ドラゴン族/攻1700/守1000
【Pスケール:青5/赤5】
①:1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された
自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分モンスターが相手モンスターと戦闘を行った場合、
その相手モンスターはダメージ計算後に除外される。
【モンスター効果】
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外の自分フィールドのドラゴン族モンスターは攻撃力が500アップし、
効果では破壊されない。

 

 

エンタメイトの新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

メインデッキに入るエンタメイトでは初のドラゴン族となっています。

アークファイブにおいて榊遊矢がユーリ戦で使用したカードであり

その効果でオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンを強化しつつ

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンのエクシーズ素材になる活躍をしました。

アニメではモンスター効果を自分自身も受ける事が可能でしたが

さすがにそれだと破壊耐性持ち攻撃力2200という強力なレベル4になってしまう為、

OCG化の際に弱体化されつつペンデュラム効果が別物になっています。

 

頭に小判を乗せた金色のドラゴンといった姿をしています。

エンタメイトらしくピンクの水玉模様の蝶ネクタイが眩しいです。

「リモーラ」という名前や水属性である事からモチーフはコバンザメでしょう。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

エクストラデッキから特殊召喚された自分のドラゴン族1体を選択、

選択したドラゴン族がそのターン中に相手モンスターと戦闘した場合

ダメージ計算後にそのカードを破壊するというものです。

戦闘を挟む必要こそありますが対象を取らない除外を付与できる為、

破壊耐性と対象耐性を併せ持つモンスターに対しての対抗手段となりえます。

 

 

モンスター効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間

自身以外の自分フィールドのドラゴン族に効果破壊耐性を付与、

さらに攻撃力が500上昇するというものです。

ドラゴン族全体を飛躍的にサポートしてくれる効果であり

ペンデュラム召喚の時に一緒に混ぜれば奈落の落とし穴の対策としても機能します。

またこのカードを複数並べればお互いに効果破壊耐性を付与しあえる上に

攻撃力上昇効果も重複する為、複数同時に並べる意義も大きいです。

 

 

残念ながら現在エンタメイトのドラゴン族はこのカード以外では

融合モンスターのEMオッドアイズ・メタル・クロウしか存在しておらず

純正のエンタメイトよりはオッドアイズなどを混ぜたタイプのデッキや

アモルファージあたりに出張させてこそ真価を発揮するカードとなっています。

ただレベル4のエンタメイトにはスケール5以上がそこまで多くなく

レベル4中心のエンタメイトを組む場合にはこのカードも候補に挙がります。

その場合は竜剣士ラスターPや竜剣士マスターP、

覇王眷竜ダークヴルムあたりも一緒に採用すれば

よりこのカードを活かしやすくなるでしょう。

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンをエクシーズ召喚できれば

よりフィニッシャーとしての価値も高まります。

面白い所ではカチコチドラゴンをエクシーズ召喚してペンデュラム効果を付与、

連続攻撃で2体モンスターを除外するといった芸当も可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました