遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

スポンサーリンク

三幻魔がデッキからポンと出てくる!

 

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEよりこのカードです。

 

 

 

暗黒の召喚神
効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
「暗黒の召喚神」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードをリリースして発動できる。
「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のいずれか1体を
手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。
このターン、自分のモンスターは攻撃できない。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」の
いずれか1体を手札に加える。

 

 

三幻魔のサポートとなるレベル5の効果モンスターです。

作中でマルタンを乗っ取ったユベルが十代&ヨハン戦で使用したカードであり

その効果で墓地から三幻魔3体を召喚条件無視で全部蘇生しました。加減しろ馬鹿

タッグフォースでもオリジナルカードとして収録されており

さすがに三幻魔を同時に3体を蘇生するのはやりすぎたと判断された為か

攻撃できないデメリットを受けつつ三幻魔1体のみを蘇生する効果に調整されています。

OCG化の際にもこのタッグフォースの効果を元に調整がされていると思われます。

 

下半身に赤いローブをまとった漆黒の悪魔の姿をしています。

まさに悪魔族と言わんばかりの見た目をしていますね。

どことなく顔のパーツが三幻魔に似ているでしょうか。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自身をリリースする事で

神炎皇ウリア、降雷皇ハモン、幻魔皇ラビエルのうちどれか1体を

手札かデッキから召喚条件を無視して特殊召喚するというものです。

ただしこの効果を発動するターン攻撃できないデメリットが発生します。

原作と違いデッキや手札からの特殊召喚になっており

代わりに墓地からの特殊召喚が不可能になっています。

多分蘇生制限とかいう輩のせいでしょう

デッキから直接三幻魔を特殊召喚できる強力な効果であり

攻撃力4000の降雷皇ハモンや幻魔皇ラビエルを簡単に出す事が出来ますが

攻撃できない制約によりアタッカーとして運用するのは難しくなっています。

1ターン生き残らせれば改めてアタッカーとして機能させる事が出来ますが

壁要因にしつつ失楽園のドロー効果を満たす為のものと割り切ってしまうのも手です。

勿論相手の場に魔法罠があればウリアの効果で除去してしまうのもいいでしょう。

 

 

②の効果は墓地のこのカードを除外する事で

デッキから神炎皇ウリア、降雷皇ハモン、幻魔皇ラビエルのうち

どれか1体をサーチできるというものです。

三幻魔にとっては待望とも言えるサーチ効果の上に墓地コストだけでサーチでき

①の効果でリリースしてそのままこちらの効果に繋げる事ができます。

またこちらは①の効果と違い1ターンに一度の制約がありません。

墓地に複数枚の暗黒の召喚神がいればその数だけサーチが可能です。

 

 

①の効果を使うには上級モンスターのこのカードを場に出す必要があります。

墓地に落とした後に死者蘇生やリビングデッドの呼び声で蘇生するのが最も手軽ですが

墓地から除外して②の効果に繋げられる事を考えると

闇次元の解放やD・D・Rで特殊召喚させるのも効果的です。

また攻撃力守備力が0でありダークバーストや悪夢再びに対応しています。

ペンデュラム召喚など手札からこのカードを場に出す手段があるのであれば

手札に回収して使いまわすのも1つの手です。

逆に①の効果の攻撃できない制約が気になるのであれば

②の効果のみを目当てに墓地肥やし手段だけを確保してしまうのも選択肢です。

 

 

三幻魔を強力にサポートしてくれるカードです。

失楽園と合わせて三幻魔は大幅に使いやすく強くなったと言えるでしょう。

今度は三邪神あたりにも何かサポート来ませんかコナミさん?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました