遊戯王カード考察:捕食生成(プレデター・プラスト)

スポンサーリンク

フリーチェーンで捕食カウンターばら撒け!

 

今回紹介するのはディメンションボックスよりこのカードです。

 

 

 

捕食生成
速攻魔法
①:手札の「プレデター」カードを任意の数だけ相手に見せ、
見せた数だけ相手フィールドの表側表示モンスターを対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つずつ置く。
捕食カウンターの置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
②:自分の「捕食植物」モンスターが戦闘で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

プレデター・プランツ用の速攻魔法です。

 

%e6%8d%95%e9%a3%9f%e7%94%9f%e6%88%90

いろんなプレデター・プランツ達が地中からボコボコ生えてきてます。

まず小さな芽が出て・・・なんて生易しい成長なんかせずに

もう最初から全力で捕食者やってます。

 

 

①の効果は手札のプレデターカードを任意の枚数見せて

その数だけ相手の表側表示のモンスターに捕食カウンターを置きます。

捕食カウンターの仕様として置かれたモンスターのレベルは1になります。

とりあえず見せる必要があるのは捕食植物以外で悪用されない為でしょう。

とにかく捕食カウンターを乗せる事から始まる捕食植物にとっては

フリーチェーンで捕食カウンターをばら撒ける貴重な速攻魔法です。

特にドラゴスタペリアがフィールドに存在している状態であれば

複数版のブレイクスルースキルのような使い方が可能であり

ドラゴスタペリアがなくとも捕食カウンターでレベルを下げる事が可能であり

シンクロやエクシーズの妨害としては十分な効果を発揮します。

 

 

②の効果はフィールドの捕食植物が戦闘破壊される場合

墓地のこのカードを除外する事で身代わりになれるというものです。

この効果で守りたいカードの筆頭はなんと言ってもドラゴスタペリアでしょう。

捕食カウンターを乗せられて効果を無効化される上に

戦闘破壊もし辛いとなると非常にいやらしい制圧力を発揮可能です。

またドラゴスタペリア以外にもセラセニアントとも良相性です。

セラセニアントは戦闘を行った相手モンスターを破壊する効果を持っており

墓地にこのカードがあれば相手は2体のモンスターを犠牲にしなければ

セラセニアントを戦闘破壊できない事になります。

 

 

プレデター・プランツも順調に強化されています。

とうとう捕食カウンターを効率よくばら撒ける魔法カードが登場しました。

ドラゴスタペリアと合わせて相手ターンに捕食カウンターも巻き易く

捕食植物の妨害性能はさらに高くなったと考えていいでしょう。

マキシマム・クライシスでも捕食植物の新カードの収録が判明しており

中々公式も捕食植物を推して来ています。

 

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%aa%ef%bc%91%ef%bc%97

コメント

  1. 匿名 より:

    「ブラスト」ではなく「プラスト」ですよ

タイトルとURLをコピーしました