遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-ローズマリー

フリーチェーンの回復効果と組み合わせよう

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

アロマセラフィ-ローズマリー
シンクロ・効果モンスター
星5/光属性/植物族/攻2000/守 900
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:自分のLPが相手より多く、
このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの植物族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
②:1ターンに1度、自分のLPが回復した場合、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動する。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。

 

 

INOVに登場したアロマのシンクロモンスターです。

エクストラデッキのカードが存在しないアロマでしたが

チューナーであるアロマセラフィ-アンゼリカと共にこのカードが登場し

改めてシンクロテーマの1つとなりました。

 

アロマセラフィローズマリー

笑顔が眩しいですね。

イラストではアンゼリカの翼をつけたローズマリーが描かれています。

レベルからも見た目からもローズマリーとアンゼリカが合体したのでしょう。

服装も少し変わっておりシンクロ前よりもやや派手になっています。

実に魔法少女チックな変身だと言えます。

 

 

 

素材に縛りの無いレベル5の汎用シンクロモンスターとなります。

アロマではイラスト通りにローズマリーを召喚した後に

墓地のアンゼリカを蘇生させれば無理なく素材を用意可能です。

アンゼリカをグローアップ・バルブなどで代用をしてもいいでしょう。

その他ジャンク・シンクロを採用していれば

墓地からジャスミンを蘇生させる事でもシンクロ召喚が可能です。

 

 

①の効果は自分のライフポイントが相手より上回っている状態で

なおかつこのカードがフィールドに存在している場合、

自分の場の植物族の攻撃力、守備力を500アップさせるというものです。

自身にも効果が適用されるのでライフポイントを上回る状態であれば

2500打点を確保する事が可能です。

このカードの元々の攻撃力は2000とあまり高くない為、

場持ちをよくする為にも出来るだけライフは確保しておきたい所です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、自分のライフポイントが回復した場合に

相手の表側表示のカード1枚をターン終了時まで無効にするというものです。

潤いの風やご隠居の猛毒薬を使う事でフリーチェーンで無効にする事ができますが

「ライフポイントが回復した場合に発動する」というのが中々に厄介です。

一度ライフポイントの回復をはさんだ後で改めてチェーンブロックを組む為、

無効にしたい効果の発動にチェーンしてライフを回復するのでは、

アロマセラフィ-ローズマリーの②の効果の発動が間に合わないのです。

もう少し分かりやすく説明すると例えばレッド・デーモン・アビスなどは

ブラック・ホールや奈落の落とし穴などの通常魔法、通常罠を無効にできますが

アロマセラフィ-ローズマリーでは無効に出来ません。

その為、この効果で相手の行動を妨害したい場合は相手が効果を発動する前、

即ち召喚した直後のモンスターや永続魔法、永続罠などを狙っていく事になります。

他の効果無効系の効果に比べれば無効に出来る範囲は狭く

他の回復効果との併用が前提になりますがそれでも出しやすさを考えれば

十分に優秀な効果だと言えます。

 

 

①の効果も②の効果もライフポイントを条件に発動する効果である為

基本的にはアロマで使う事になりますが素材指定自体は存在しない為、

他の植物族デッキでも貴重な植物族シンクロの1体として利用する事が可能です。

①の効果はライフさえ上回っていれば適用される為、アロマ以外でも使いやすく

植物族全体の攻撃力を底上げしてくれるカードとして活用が可能です。

 

 

今回ローズマリーのシンクロ形態が登場しましたが

他のアロマのシンクロカードも登場するのか興味深いところです。

 

ローズマリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました