遊戯王OCGカード考察:守護神官マハード

マハードさん強かった!

 

今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONSの

5月14日~5月20日の入場者プレゼントとなるこのカードです。

 

 

 

守護神官マハード
効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻2500/守2100
①:このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが闇属性モンスターと戦闘を行うダメージステップの間、
このカードの攻撃力は倍になる。
③:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。

 

 

劇場版遊戯王入場者プレゼントの大トリをつとめるカードです。

ブラック・マジシャンの転生前であるマハードさんがなんとカードになりました!

本家のブラック・マジシャンとレベル、種族、攻撃力守備力は同じですが

闇属性ではなく光属性となっています。

よかった、これで装備無いと攻撃力200とか言われないで済むね!

多少ネタバレになりますが入場者プレゼント用のカードは

どれも劇中で結構目立った活躍をしているので

マハードの活躍が見たければ是非劇場版遊戯王を見ましょう!(ステマ)

 

 

①の効果はこのカードをドローした時、このカードを相手に見せる事で

手札から特殊召喚できるというものです。

RUM-七皇の剣と似たような発動条件となっていますが

あちらと違い通常のドローに限定されていない為、

とにかくどのような方法でもドローさえできれば特殊召喚が可能となります。

ただし闇の誘惑などドローした後に他の処理をはさんでしまう場合では

特殊召喚はできませんので注意しましょう。

また1ターンに1度とも限定されていない為、

もし1ターンに複数毎のマハードをドローする事が出来れば

その分だけフィールドにマハードを並べる事が可能です。

黒の魔導陣などでデッキトップを操作するカードがあれば

いくらか複数展開も狙いやすくなるでしょう。

またこの効果の性質上できるだけ初手に来るのは避けたいカードとなります。

初手に来る可能性を低くする方法としてはデッキ枚数を増やす他ないのですが

チキンレースや成金ゴブリンなどデッキ枚数を水増しするようなカードを

採用する事でいくらか初手に来る確率を減らす事が可能です。

 

 

②の効果は闇属性モンスターと戦闘を行う場合、ダメージステップの間

攻撃力を2倍にするというものです。

素の状態でも攻撃力5000に到達し、何らかの手段で攻撃力を強化すれば

さらに攻撃力を上昇させる事も可能です。

闇属性のモンスターは採用率が高い為、素の状態であっても

この効果を発揮できる機会はそこそこ存在しますが安定して発動したい場合は

DNA移植手術などを組み合わせるといいでしょう。

 

 

③の効果は戦闘・効果で破壊された場合に

手札、デッキ、墓地からブラック・マジシャン1体を特殊召喚するというものです。

ほぼどこからでもブラックマジシャンを特殊召喚できる上に条件も緩く、

このカードが破壊されたとしても後続に繋げやすい便利な効果です。

ブラック・マジシャン関連のサポートカードを活用したい場合には

自分から破壊してブラック・マジシャンを場に出すのもいいでしょう。

 

 

初手に来てしまうと困ってしまうカードではありますが基本的には腐りづらく

安定してレベル7の2500打点をフィールドに出す事の出来る便利な1枚です。

ただ【ブラック・マジシャン】に採用する場合光属性という点がネックであり

「闇属性・魔法使い族」を参照にするカードの恩恵を受ける事が出来ません。

それでもフィールドに出しやすいレベル7である為

ランク7のエクシーズ召喚を狙うのにお世話になる事も多いでしょう。

③の効果を無視してランク7メインのデッキに採用するのも1つの選択肢です。

 

マハード

コメント

タイトルとURLをコピーしました