遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。

 

 

 

真実の名
通常魔法
「真実の名」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:カード名を1つ宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくる。
宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。
さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。
違った場合、めくったカードを墓地へ送る。

 

 

 

我が名はアテム!

アテム

新しく登場した魔法カードです。

闇遊戯が自らの本当の名「アテム」を名乗る時のシーンがカードになりました。

 

 

その効果は1ターンに1度、カード名をひとつ宣言してデッキの1番上のカードをめくり、

宣言したカードだった場合はそのカードを手札に加えた上で、

さらにデッキから神属性モンスター1体をサーチ、もしくは特殊召喚が可能になります。

宣言したカードじゃない場合はそのまま墓地へ送ります。

このカードの効果で特殊召喚可能なのはオベリスクの巨神兵とオシリスの天空竜の2体です。

どちらのカードも特殊召喚したターンのエンドフェイズに墓地へ送られる為、

リリース要因を確保できない場合は特殊召喚、

リリース要因を確保できるならば手札に加えてアドバンス召喚を狙うのがいいでしょう。

例え1ターンとはいえ攻撃力4000をポンと立たせられるのは強力です。

 

 

効果の特性上基本的にデッキの一番上のカードが判明している状態発動する事になります。

【天変地異コントロール】においては1回分しか使えない代わりに

発動にライフコストの必要ないデーモンの宣告として活用する事が可能です。

しかし宣言したカードを手札に加えるだけではアドバンテージの確保には繋がらない為、

このカードを活用する場合やはり神属性のカードをデッキに採用しておくのがいいでしょう。

デーモンの宣告の効果などで手札が十分に揃っている状態ならば

その分だけオシリスの天空竜の攻撃力も増加する為、切り札として活用する事も可能です。

 

 

デッキの1番上のカードさえ分かればいい為、天変地異コントロールでなくとも

デッキトップを操作するカードがあるならばこのカードを問題なく扱う事が可能です。

特にゾンビキャリアやエッジインプ・シザーならば墓地にあるだけで条件を満たせる上に

神のカードをアドバンス召喚する為のリリース要因としても活用できるため非常に相性がいいです。

エッジインプ・シザーを効率よく墓地に落とせる手段があるのならば

デッキに戻したカードを回収しつつ神のカードのサーチや特殊召喚の出来る優秀なカードとなります。

オベリスクの巨神兵を特殊召喚する場合、オベリスク自身とエッジ・インプシザーの2体で

④の全体破壊効果を発動できるのでこれも覚えておくといいでしょう。

 

 

 

「カード名を宣言する」という実に原作のアテムを名乗るシーンを再現した効果となっていますが

遊戯王OCGにアテムというカードはないのでアテムは名乗れません

アテムを名乗りたい方は今後アテムというカードがOCG化される事を祈りましょう。

もしくは開き直って

「我が名は正義の味方 カイバーマン!」とか「我が名はナンバーズハンター!」とか

そんな感じで他のカード化されてるデュエリストになりきって遊ぶのも1つの手です。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

The tyrant NEPTUNE

特殊召喚したオベリスクの巨神兵やオシリスの天空竜をリリースしてアドバンス召喚すれば

特殊召喚した際の自壊デメリットを帳消しにする事が可能です。

もしエッジインプ・シザーを特殊召喚しているならオベリスクと一緒にリリースする事で

攻撃力5200に到達し、ホープ・ザ・ライトニングにも勝てるようになります。

耐性こそ付与できませんが偉大魔獣ガーゼットでオベリスクをリリースするのも手です。

その場合攻撃力は8000に到達し、1ターンキルも狙えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました