遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・スピノス

スポンサーリンク

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

ダイナミスト・スピノス
ペンデュラム・効果モンスター
星5/水属性/機械族/攻2500/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
①:このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードが
戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このターン、このカードは直接攻撃できる。
●このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

 

レックスと並ぶダイナミストのエース!

 

 

新しく登場するダイナミストの新型です。

恐らくスピノサウルスをモチーフにしており特徴的な背中の突起も再現されています。

スピノサウルスはティラノサウルス・レックスと並ぶ肉食恐竜の代表格であり、

映画ジェラシックパーク3ではこの2頭が雌雄を決するシーンもありました。

ダイナミストにおいてもレックスに並ぶエースカードとしてデザインされており、

ダイナミスト・レックスを超える2500の攻撃力を有しています。

 

 

ペンデュラム効果はこのカード以外のダイナミストカードが

戦闘か相手の効果で破壊される場合に身代わりになれるというもので

スケール3のダイナミスト共通のものです。

やはりダイナミストはスケールごとに効果が統一されてるみたいですね。

竜剣士絡みのペンデュラムテーマはこんなのばっかりです。

 

 

モンスター効果は自身以外のモンスターゾーンのダイナミストをリリースする事で

2回攻撃効果か直接攻撃効果のどちらかを発動する事が可能です。

どちらの効果も2500の攻撃力で繰り出す事が出来る意味は大きく、

リリース要因が確保できるなら相手に大きな打撃を与える事が出来るでしょう。

何よりも最大のポイントはこの効果、1ターンに1度の制限がありません。

つまりダイナミスト2体をリリースし、両方の効果を適用する事が出来るならば

2500打点で2回の直接攻撃が可能になる事を意味します。

そのままでも5000もの大ダメージを与える事が可能であり、

ここにリミッター解除も混ぜたらそれだけで1ターンキルに到達します。

ダイナミックPがあればバトルフェーダーなどの発動すら許しません。

またリミッター解除を併用する事は出来なくなりますが

ダイナミスト・ラッシュで特殊召喚した場合、完全耐性を付与させた上で

5000という暴力的なダメージを直接叩き込む事が可能になります。

 

 

 

非常に殺意に満ち溢れた1枚です。

もうひたすらに相手に大ダメージを与える事に特化したカードだと言えるでしょう。

ダイナミストというテーマはペンデュラム召喚等でリリース要因を揃えた上で

エースであるレックスを暴れさせるというコンセプトにデザインされていますが

レックスに並ぶエースカード候補となるダイナミスト・スピノスが登場した事で

よりそのコンセプトでの運用がやりやすくなったと言えるでしょう。

また単純に4枚目となるレベル5のダイナミストとしても嬉しい存在です。

ダイナミストはレベル4とレベル5のカードに分かれていますが

スピノスの登場でレベル5に特化したデッキ構築もしやすくなったと言えます。

 

 

ミストさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました