遊戯王OCG新カード考察:武神-ヒルコ

最近暑い日が続いてぐんにょりしています。

自分はかなり暑さに弱い人間ですので冬が待ち遠しかったりします。

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

武神-ヒルコ
ペンデュラム・通常モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1000/守2000
【Pスケール:青3/赤3】
①:自分のPゾーンのこのカードを除外し、
自分フィールドの「武神」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターとカード名が異なる「武神」Xモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
【モンスター情報】
遥か太古の昔に主神の座をかけて「武神-ヒルメ」と戦い、
死闘の末に封印されてしまった悪神。
自らの封印を解くために「ヒルメ」を操り、
禍々しき「アマテラス」を生み出して世界に闇を齎したが、
その野望は「ヤマト」たち若き武神の活躍によって潰えた。

 

 

新たに追加された武神の獣戦士族モンスターでありなんとバニラペンデュラムです。

フレーバーテキストがストーリー仕立てになっているという珍しいカードです。

どうやら武神の中では悪役に位置する存在のようです。

「世界に闇を齎した」とか書かれていますがアマテラス共々光属性です。

ちなみにヒルコというのはイザナギとイザナミの間に生まれた最初の子供で

七福神の恵比寿と同一視される事もある神様です。

 

 

現状武神のペンデュラムモンスターはこのカードしか存在しない為、

ペンデュラム召喚を狙うには他のカードが必要になってきます。

しかしペンデュラム召喚を狙わずともペンデュラム効果を目当てに、

そして何より通常モンスターである事を目当てに採用してもいいでしょう。

獣戦士族の武神なのでいざという時には獣戦士族用の武神サポートの対象にできますが

攻撃力は1000と低いのであまり場に維持するには向いてないと思われます。

 

 

ペンデュラム効果はペンデュラムゾーンのヒルコを除外する事で

武神エクシーズの上に別の武神エクシーズをエクストラデッキから重ねる事で

エクシーズ召喚扱いで特殊召喚できるというものです。

フレーバーテキスト通りに武神姫-アマテラスを出すのに貢献してくれる効果です。

展開力に乏しい武神にとってはアマテラスを出す貴重な手段となります。

また武神帝-スサノヲの効果で武神をサーチした後にヒルコの効果で

アマテラスを出す事で1ターンにスサノオとアマテラス、それぞれの効果を使えます。

逆にアマテラスからスサノオに繋げる事でアドバンテージを稼ぐ事も出来るでしょう。

 

 

しかしこのカードの最大の特徴はなんといっても通常モンスターである事です。

展開力に乏しい武神にとって、予想GUYやレスキューラビットに対応しているヒルコは

エクシーズ召喚を狙うのに大きく貢献してくれるでしょう。

【武神】においてエクシーズ召喚の手助けをするありがたい存在、それがヒルコです。

 

 

また【武神】以外でも単純にレベル4のバニラペンデュラムとして採用するのもありです。

スケールが3とやや中途半端ですがレベル4のペンデュラム召喚を

メインに狙う場合には問題なく活用できるスケールです。

また武神姫-アマテラスは除外効果を持つモンスターを採用しているデッキならば

汎用的に活躍できるカードである為、それを目当てに採用する手もあります。

その場合アマテラスの土台とするエクシーズとしては光属性レベル4×2で出せる

武神帝-ツクヨミが狙い目であり、セイクリッドやライトロード等であれば

除外したモンスターを回収、蘇生できる効果を有効に活用する事が出来るでしょう。

光属性をメインとしないデッキであってもトリック・クラウンや

フォトン・スラッシャーなどを採用していれば十分に召喚が狙えます。

 

 

ペンデュラムである事を考えると対となる武神ペンデュラムもそのうち出そうです。

もしそちらもバニラペンデュラムなら個人的には嬉しいですね。

 

ビッグ・スター

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

救援光

武神-ヒルコのペンデュラム効果は除外して発動する関係か

1ターンに1度という制約がありません。

救援光で使いまわして発動する事で武神エクシーズを次々に入れ替え、

その度にそれぞれのエクシーズ効果を発動する事が可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました