遊戯王OCG新カード考察:疾走の暗黒騎士ガイア

スポンサーリンク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

疾走の暗黒騎士ガイア
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2300/守2100
「疾走の暗黒騎士ガイア」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリリースなしで召喚できる。
②:リリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は1900になる。
③:このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「カオス・ソルジャー」モンスター1体を手札に加える。

 

 

まさかの新しい暗黒騎士ガイアです

リマスター版が出てる関係か遊戯王DM関連のカードも増えてきてますね。

通常の暗黒騎士ガイアが地属性、疾風の暗黒騎士ガイアが闇属性なのに対し

このカードは光属性となっています。紛らわしいですね

 

 

①と②の効果はリリースなしで召喚する事ができ、

その場合には攻撃力が1900に下がるといういわゆる妥協召喚効果です。

神獣王バルバロスと同じく妥協召喚したとしても1900の攻撃力を維持しており

下級アタッカーとして及第点の打点を持っています。

また妥協召喚したとしてもレベルが7のままである事がポイントです。

ランク7のエクシーズ召喚を狙う際に役に立ってくれるでしょう。

 

 

③の効果はリリースされた時にカオスソルジャーをサーチ出来るというものです。

制限カードのカオス・ソルジャー -開闢の使者-をサーチできる貴重な手段となります。

ただこの「リリースされた時」という条件が中々厄介だったりします。

召喚権は普通に行使する為アドバンス召喚をするのも中々骨が折れるのです。

基本的には儀式召喚の為のリリース要因になる事をデザインされている効果なのでしょう。

特に高レベルの儀式召喚を狙う場合1枚で7レベル分賄えるのは利点です。

レベル8の儀式召喚を狙う場合後は黄泉ガエルでもあればレベルを確保できます。

カオスソルジャーの儀式召喚を狙ってみてもいいでしょう。

 

 

暗黒騎士ガイアも根強い人気があるモンスターだと思います。

このように派生カードが次々登場するのもその人気の表れなのではないでしょうか。

またこのカードの登場によって「カオス・ソルジャー」が

明確な1つのテーマになったとも言えます。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

可変機獣 ガンナードラゴン

疾走の暗黒騎士ガイアと同じくリリース無しで出せるレベル7モンスターです。

疾走の暗黒騎士ガイアとセットでレベル7のエクシーズ召喚に役立つでしょう。

またこちらは闇属性なので疾走の暗黒騎士ガイアと合わせて

カオスモンスターの除外コストにする事も可能です。

 

 

帝王の轟毅

儀式召喚以外の方法で疾走の暗黒騎士ガイアをリリースするのに有効な1枚です。

妥協召喚モンスターである為簡単に発動条件を満たせます。

フリーチェーンのカードなのでリリースエスケープに使うといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました