遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

スポンサーリンク

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。

1枚ずつの考察になるので多分全部紹介しきれないですが少しずつやっていこうと思います。

 

 

竜穴の魔術師
ペンデュラム・通常モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻  900/守2700
【Pスケール:青8/赤8】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カードが存在する場合、
手札のPモンスター1体を捨て、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター情報】
若くして竜の魂を呼び覚ます神通力を体得した天才魔術師。
その寡黙でストイックな魔術への姿勢から人付き合いは苦手だが、
弟子の「竜脈の魔術師」にいつも振り回され、調子を狂わされている。

 

 

来ちゃった(はぁと)

ついに来てしまいました・・・

デメリット無しペンデュラムスケール8のペンデュラムモンスターが!

 

ペンデュラム効果はもう片方のPゾーンに魔術師カードがある時に魔法・罠カードを破壊できる効果ですね。

手札が余った時には有効に活用できますが、P召喚は手札の消費が激しい事ので、

よく考えて効果を発動する必要があります、手札からではエクストラデッキに送れないのも痛いですね。

 

しかし効果よりもスケールこそがこのカードの最大の価値です。

デメリット無しのスケール8はこのカードが初めてです。

魔術師以外にもペンデュラム召喚を狙う様々なデッキでこのカードは活躍する事でしょう。

 

またレベル7の通常モンスターである事も大きな特徴です。

召喚士のスキルでサーチが可能なのは大きな利点となります。

慧眼の魔術師やオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンなどサーチ手段には事欠かないので

レベル7のペンデュラム召喚を狙う場合に安定性を飛躍的に高める事が出来ます。

7レベルのモンスターをペンデュラム召喚する場合には欠かせない1枚となるでしょう。

通常モンスターのペンデュラムも増えてきましたのでそろそろ【凡骨ペンデュラム】とか作れそうですね。

その場合には海外のペンデュラム通常モンスターも是非欲しい所ですが。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

霞の谷の巨神鳥

慧眼の魔術師の考察でも紹介しましたがやはりレベル7のペンデュラム召喚を狙うデッキならばこいつは外せません。

今までデメリット無しのスケール8がいなかった原因はこいつの責任が少なからずあると思っています。

手札に戻って効果を無効化するという特徴はペンデュラム召喚と抜群の相性を誇ります。

 

 

幻想の黒魔導士

魔法使い族の通常モンスターである為、効果の発動条件を満たす事が出来ます。

またレベル7のペンデュラム召喚を狙いやすいカードである為、

幻想の黒魔導士のエクシーズ召喚にも重宝します。

ランク7のエクシーズを狙うデッキであれば1枚入れておくといいでしょう。

ただし攻撃力が900しか無い点は注意しておきましょう。

効果を発動した後に竜穴の魔術師を使ってさらにエクシーズ召喚したりできれば理想です。

 

 

フーコーの魔砲石

レベル5以上の魔法使い族ペンデュラム通常モンスターである為、

召喚士のスキルを初めとして多くのカードを竜穴の魔術師と共有できます。

スケールも2である為竜穴の魔術師と一緒にペンデュラムスケールをセッティングすれば、

幅広いレベルのペンデュラム召喚に対応できます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました