ツイン・トライアングル・ドラゴン:遊戯王カード考察  出しやすくて使いやすいドラゴン族用リンク

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

ツイン・トライアングル・ドラゴン
リンク・効果モンスター
闇属性/ドラゴン族/攻1200/LINK-2
【リンクマーカー:右 下】
\ ↑ /
←  

トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
①:このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、
自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
このターン攻撃できない。

 

 

闇属性ドラゴン族のLINK-2リンクモンスターです。

 

黒と金を基調として二本足で立つドラゴンです。

両腕には紫色に光る二重のトライアングルが稲妻を発している他

尻尾や胸部、他にも様々な墓所に三角形の装飾が施されており

全身でトライアングルを強調しています。

 

 

リンク素材にはレベル4以下でトークン以外のドラゴン族2体を要求しています。

レスキューラビットやおもちゃ箱からドラゴン族の通常モンスター2体を出す、

もしくはデブリ・ドラゴンやドラゴラドでドラゴン族を蘇生させるのが

少ない手札で簡単に揃えられる手段として思いつくでしょうか。

その他、ドラゴン族主体のデッキであればリンク素材は簡単に揃えられるでしょう。

リンクマーカーは右と右下と左右非対称な形となっており

EXモンスターゾーン、メインモンスターゾーンどちらでも活用可能です。

 

 

その効果はリンク召喚に成功した時にライフを500支払う事で

レベル5以上のモンスター1体を効果無効化、このターン攻撃不可にした上で

墓地から蘇生させるというものです。

効果こそ使えないもののレベル以外に蘇生できるモンスターに制限はなく

何か蘇生すればこのカードと合わせてリンク3に繋げる事も可能です。

蘇生できるのはレベル5以上に限定しつつリンク素材にレベル4以下を指定しており

下級も上級も両方採用しているデッキでこそ真価を発揮できます。

 

 

このカードが特に重宝するのは【バスター・ブレイダー】です。

主軸となるバスター・ブレイダーと破戒蛮竜-バスター・ドラゴンの蘇生に繋げられる他

このカード自身も竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーの融合素材として活用可能です。

この「自身をどかして竜破壊の剣士を自分がいた場所に出せる」という点が重要で

特に新マスタールールになってEXモンスターゾーンに困らされていた中で

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーと破戒蛮竜-バスター・ドラゴンを

同時に並べやすくしてくれるこのカードは非常に助かります。

 

他には【カオスドラゴン】でも重宝します。

暗黒竜 コラプサーペント、輝白竜 ワイバースターを素材にしてリンク召喚すれば

それぞれのサーチ効果を発動できる上に

同じく墓地へ送られて効果を発動するライトパルサー・ドラゴンを蘇生可能です。

このカード自身も闇属性なので除外用の墓地コストの足しになってくれます。

 

 

既にVRAINSにおける重要キャラ、リボルバーがドラゴン族使いなのもあり

10期でもドラゴン族は相変わらず遊戯王の花形種族として活躍しそうです。

関連記事

FNo.(フューチャーナンバーズ)0 未来皇ホープ-フューチャー・スラッシュ:遊戯王カード考察

墓地にナンバーズを溜めて一気に勝負を決めろ!   2月24日にザ・ヴァリュアブ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:慧眼の魔術師

Vジャンプ6号の付録としてつく新カード、慧眼の魔術師の考察をしていきたいと思います。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ネクロ・ヴァルチャー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

トリックスター・スイートデビル:遊戯王カード考察 というわけでメインモンスターゾーン向きのリンクが来ました

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ペンデュラム・コール

マスター・オブ・ペンデュラムの発売も近づいて来ましたね。 可変機獣 ガンナードラゴンが入ってる

記事を読む

サブテラーの導師:遊戯王カード考察 サーチも出来るし妨害もできるし展開の補助もできる

9月21日にVジャンプ11月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

【サブテラー/Subterror】:遊戯王テーマ考察

サブテラーマリスの妖魔/Subterror Behemoth Fiendess:遊戯王カード考察

記事を読む

遊戯王アークファイブ第111話『ペンデュラムハート』感想

遊戯王ARC-V110話の感想です。 絶対エンタメなんかに負けたりしないと意気込むエド総司令官

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)セラセニアント

相手を道連れにできる防御カード!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第146話『ディメンション・ハイウェイ』感想

遊戯王ARC-V146話の感想です。 黒咲とのデュエルを終えた遊矢の前に現れたのはジャック・ア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:ジェムナイト・ファントムルーツ ジェムナイトの持ち味である連続融合のサポートに

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

→もっと見る

    • 4,803,191 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑