アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。

 

 

 

アカシック・マジシャン
リンク・効果モンスター
闇属性/魔法使い族/攻1700/LINK-2
【リンクマーカー:上 下】

←   →

トークン以外の同じ種族のモンスター2体
自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
②:1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。
このカードの相互リンク先のモンスターの
リンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、
その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

 

 

闇属性魔法使い族のLINK-2リンクモンスターです。

ホムンクルスと思わしき小さな子供2人を従えた錬金術師風の女性です。

ダウナード・マジシャン、アルケミック・マジシャンらとは

カード名やポーションに精通していそうな点で共通点があり

もしかしたら何かしらの関連性があるのかもしれませんね。

名前は恐らくアカシック・レコードから来ているのでしょう。

アカシック・レコードとはオカルト世界における概念の1つで

過去から未来まで全ての情報が永久に刻まれた存在です。

これを手に入れる事で未来で起こる全ての出来事を把握できたり

未来そのものを書き換える事が出来ると言われています。

 

遊戯王で言えばヌメロン・コードがそれに該当します。

 

 

リンク素材にはトークン以外の同じモンスター2体を要求しています。

ある程度展開力に優れた種族統一デッキであればリンク召喚は難しくないでしょう。

トークン不可となっていますがリンク・スパイダー2体に変換する事で

このカードのリンク召喚に繋げる事が可能です。

ただし「1ターンに1体しかリンク召喚できない」という制約があるので注意です

効果的に無限ループとかできるかもしれないのでその防止でしょう。

あくまでリンク召喚だけが制限されているので蘇生は問題ありません。

リンクマーカーは上下でありこのLINK-2で上方向に持つのは中々貴重です。

 

 

①の効果はこのカードのリンク召喚に成功した時に

このカードのリンク先のモンスターを全て手札に戻す強制効果です。

このカードのリンクマーカーは上下であり

最大で相手と自分のモンスターを1体ずつバウンス可能です。

相手のモンスターをバウンスする場合、EXモンスターゾーンの正面を狙う、

もしくは相手がこちら側正面にリンクマーカーを向けてきた場合、

そいつめがけてリンク召喚するといった形になります。

対象に取る効果ではないのでデコード・トーカーも問題なくバウンスできます。

 

 

②の効果は1ターンに1度、カード名を1つ宣言、

このカードの相互リンク先のリンクマーカーの合計数だけデッキをめくり

その中に宣言したカードがあればそれを手札に、

それ以外のカードは墓地へ送るというものです。

「相互リンクの数」ではなく「相互リンク先のリンクマーカーの合計」めくる為

ファイアウォールドラゴンあたりと相互リンクすれば4枚めくる事が可能です。

デーモンの宣告同様にあらかじめデッキトップを操作した上で使うのが基本ですが

めくれるカードの数が多ければ単純な墓地肥やし目的でも活用できるでしょう。

ただ同名カードを複数引き当てなければ手札に加えられるのは1枚のみなので

手札に加えるのが目的であるならば

相互リンク先のリンクマーカーの数にあまりこだわる必要はないでしょう。

 

 

少々厄介なのが①の効果が強制効果であるという点で

例えばEXモンスターゾーンにリンク・スパイダーを出し、

その真下にアカシック・マジシャンをリンク召喚してしまうと

①の効果でリンク・スパイダーをバウンスしてしまい相互リンクが解除されてしまいます。

その為②の効果を活かすのであればEXゾーンにアカシック・マジシャンを出し、

その真下に星杯竜イムドゥークのような

上方向にリンクマーカーを持つリンクモンスターを出すといいでしょう。

もしくはいっその事バウンスされてしまう事を割り切って

間髪入れずに2体目のリンク・スパイダーを真上に出す手もあります。

 

 

全部の効果を一度に有効活用しようと考えるのは中々に困難ですが

・相手のモンスターをバウンスして除去

・自分のモンスターをバウンスして再利用

・デッキトップ操作からカードを手札に加える

といった用途を状況に応じて使い分ける事が可能だと考えれば

LINK-2の中でも汎用性に優れたカードだと言えます。

リンク召喚もある程度種族が統一されているデッキであれば難しくなく

エッジインプ・シザーなどデッキトップを操作するカードを使っているのであれば

エクストラデッキに1枚忍ばせておくといざという時に役立つと思います。

【天変地異コントロール】においても

深海のディーヴァでリチュア・ディバイナーを特殊召喚する事で

リチュア・ディバイナーの効果発動後にこの2体でリンク召喚可能です。

関連記事

遊戯王OCGテーマ考察:幻影騎士団(ファントムナイツ)

11月14日に黒咲隼とユートが表紙を飾るブースターSP-ウィング・レイダーズ-が発売されます。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:神の通告

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:九十九スラッシュ

耐えて、耐えて、耐えて……耐えて耐えて、耐えた甲斐あった!! 耐えた、耐えた、耐えた耐えた、耐えた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)35 ラベノス・タランチュラ

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)スティルツ・シューター

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:アンチエイリアン 効果も便利なサイバース族の下級アタッカー

いよいよ今日ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-の発売ですね。 今回紹介するのはそんな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ワイトプリンセス

 今度のワイトはコンバットトリックも出来る!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

『破壊』と『無効にして破壊』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、ちゃんと無効にしないと発動は防げません

前回に引き続き遊戯王の複雑なルール、通称「コンマイ語」の解説第2回です。 特にデュエルリンクス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,075,145 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑