サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ダーク・クロー
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードを装備カード扱いとして装備している
装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
③:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

サイバー・ダーク・カノンと共に新たに追加されたサイバー・ダークです。

既存のサイバー・ダークと違いドラゴン族を装備する効果は持っておらず

攻撃力1600のレベル3ドラゴン族と

自身が装備される事を前提としたステータスをしています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、手札から捨てる事で

デッキからサイバー・ダークとつく魔法罠1枚をサーチするというものです。

サイバーダーク・インパクト!!!や同じくレジェンドデュエリスト編で追加された

サイバーダーク・インフェルノのサーチカードとして機能させつつ

既存サイバー・ダークにこのカードを装備させる為の準備をする事が可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、

このカードを装備カード扱いにしているモンスターが戦闘するダメージ計算時に

自分のエキストラデッキから好きなモンスターを墓地に送る事が出来るというものです。

戦闘を介する必要こそありますがゲール・ドグラが3000ライフ払って行う事を

何のコストも払わずに実行する事が可能な貴重な効果であり

F・D・Dやシューティング・クェーサー・ドラゴンをはじめとする

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴで装備する為の高打点ドラゴン族を

メインデッキに用意せずともエクストラデッキから直接落とす事が可能です。

勿論旧神ヌトスのように墓地へ送る事で発動する効果を狙うのにも活用可能です。

その気になれば毎ターン発動を狙っていける効果であり

同じような効果を持つゲール・ドグラや轟雷帝ザボルグよりも

発動していけるチャンスは多くなりやすいです。

何より相手がこのカードを装備しているモンスターを攻撃しようとした場合でも

エクストラデッキから墓地へ送れる為1つの牽制として機能します。

 

 

③の効果は装備カード扱いになっているこのカードが墓地へ送られた場合に

墓地からサイバー・ダーク1体を手札に回収できるというものです。

このカードが直接除外やバウンスをされない限りは

毎ターン途切れることなくサイバー・ダークを召喚していく事が可能になりますし

このカード自身を回収して①の効果に繋げる事も可能です。

 

 

レジェンドデュエリスト編に一緒に収録されたサイバー・ダーク・クローと比較して

こちらは融合召喚のサポートにより重点した性能をしていると言えます。

サイバーダーク・インパクト!の貴重なサーチ手段として機能しつつ

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴンで装備する為のドラゴン族を用意可能です。

上手く回れば②の効果で次々とエクストラデッキからカードを墓地へ送れる為、

むしろこのカードで送る為の枠をどれだけ割くべきか悩む事にもなるでしょう。

今回の追加カードにより【サイバー・ダーク】は大幅に強化されましたが

展開力事体にはそこまでテコ入れはされていません。

融合召喚でそこをどれだけ補えるかが1つの鍵となるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

三幻魔がデッキからポンと出てくる!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:迷い風

新しいモンスター効果妨害の選択肢が登場!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-エトランゼ・ファルコン:遊戯王カード考察

レイド・フォースやデス・ダブル・フォースと高相性!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ

結構いやらしいです、こいつ   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第97話『気高き超魔導剣士』感想

遊戯王ARC-V97話の感想です。 ジャックに父親ではなく自分の言葉で語れと指摘された遊矢。

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者将軍-ゲツガ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑