サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ダーク・クロー
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードを装備カード扱いとして装備している
装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
③:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

サイバー・ダーク・カノンと共に新たに追加されたサイバー・ダークです。

既存のサイバー・ダークと違いドラゴン族を装備する効果は持っておらず

攻撃力1600のレベル3ドラゴン族と

自身が装備される事を前提としたステータスをしています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、手札から捨てる事で

デッキからサイバー・ダークとつく魔法罠1枚をサーチするというものです。

サイバーダーク・インパクト!!!や同じくレジェンドデュエリスト編で追加された

サイバーダーク・インフェルノのサーチカードとして機能させつつ

既存サイバー・ダークにこのカードを装備させる為の準備をする事が可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、

このカードを装備カード扱いにしているモンスターが戦闘するダメージ計算時に

自分のエキストラデッキから好きなモンスターを墓地に送る事が出来るというものです。

戦闘を介する必要こそありますがゲール・ドグラが3000ライフ払って行う事を

何のコストも払わずに実行する事が可能な貴重な効果であり

F・D・Dやシューティング・クェーサー・ドラゴンをはじめとする

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴで装備する為の高打点ドラゴン族を

メインデッキに用意せずともエクストラデッキから直接落とす事が可能です。

勿論旧神ヌトスのように墓地へ送る事で発動する効果を狙うのにも活用可能です。

その気になれば毎ターン発動を狙っていける効果であり

同じような効果を持つゲール・ドグラや轟雷帝ザボルグよりも

発動していけるチャンスは多くなりやすいです。

何より相手がこのカードを装備しているモンスターを攻撃しようとした場合でも

エクストラデッキから墓地へ送れる為1つの牽制として機能します。

 

 

③の効果は装備カード扱いになっているこのカードが墓地へ送られた場合に

墓地からサイバー・ダーク1体を手札に回収できるというものです。

このカードが直接除外やバウンスをされない限りは

毎ターン途切れることなくサイバー・ダークを召喚していく事が可能になりますし

このカード自身を回収して①の効果に繋げる事も可能です。

 

 

レジェンドデュエリスト編に一緒に収録されたサイバー・ダーク・クローと比較して

こちらは融合召喚のサポートにより重点した性能をしていると言えます。

サイバーダーク・インパクト!の貴重なサーチ手段として機能しつつ

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴンで装備する為のドラゴン族を用意可能です。

上手く回れば②の効果で次々とエクストラデッキからカードを墓地へ送れる為、

むしろこのカードで送る為の枠をどれだけ割くべきか悩む事にもなるでしょう。

今回の追加カードにより【サイバー・ダーク】は大幅に強化されましたが

展開力事体にはそこまでテコ入れはされていません。

融合召喚でそこをどれだけ補えるかが1つの鍵となるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:破壊剣士の宿命

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

遊戯王カード考察:九尾の狐 中々に使いやすいレベル6アンデット族

12月16日に開催されるジェンプフェスタ2018において PREMIUM PACK 20が先行

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜宮のツガイ

もうすぐハイスピード・ライダーズも発売されますが。 ディメンション・オブ・カオスのカードもまだ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黒魔導強化(ブラック・エクスパンド)

どの効果も便利です   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

遊戯王ARC-V92話の感想です。 もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。 つい

記事を読む

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・ベラマドンナ 完全耐性を活かすには・・・

2018年1月13日に 新しいパック「フレイム・オブ・デストラクション」が発売されます。

記事を読む

遊戯王カード考察:妖仙獣の神颪(ようせんじゅうのかみおろし)

妖仙獣のペンデュラム召喚を強烈にサポート!   今回紹介するのはディメンション

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,412,000 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑