サイバー・ダーク・カノン:遊戯王カード考察  こいつを装備させれば2400打点の墓地肥やしドロー効果持ちが誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ダーク・カノン
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードを装備カード扱いとして装備している
装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
③:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキから1枚ドローする。

 

 

なんとサイバー・ダークに新しいモンスターが追加されました。

他のサイバー・ダークが機械族だったのに対し今回追加された2枚のカード、

サイバー・ダーク・カノンとサイバー・ダーク・クローは

ドラゴン族、それもレベル3の攻撃力1600と

サイバー・ダークの効果で装備される事を前提としたモンスターになっています。

これにより他ドラゴン族カードを混ぜずとも

サイバー・ダークのみで装備用のドラゴン族の確保が可能となりました。

 

 

 

①の効果は手札から捨てる事で

機械族のサイバー・ダークを、デッキからサーチできるというものです。

自身がサイバー・ダーク用の装備カードとなる事で

既存サイバー・ダークのサーチと装備カードの墓地送りを

このカード1枚で可能にします。

 

 

②の効果はこのカードを装備しているモンスターが

戦闘を行うダメージ計算時にデッキからモンスター1体を墓地へ送れます。

戦闘を介する必要がありますが発動タイミングがダメージ計算時であり、

例え自爆特攻の形であっても効果を発動する事が可能です。

デッキのモンスターであれば何でも墓地へ送れる万能の墓地肥やし効果であり

【サイバー・ダーク】においてはオーバーロード・フュージョンを発動する為の

融合素材を墓地へ溜めるのに貢献してくれる他、

エクリプス・ワイバーンなどを墓地へ送る際にも役立てます。

このカード以外の既存サイバー・ダークに装備させる為のモンスター、

例えばドラグニティ-ファランクスあたりを墓地へ送ってもいいでしょう。

 

 

③の効果はモンスターに装備されている状態のこのカードが

墓地へ送られた場合に1枚ドローできるというものです。

要するに装備カードとなっている状態でこのカードが破壊されるか

装備モンスターがフィールドから離れた場合に1枚ドローが可能であり

このカード自身をコズミック・サイクロン等で除外されない限りは

この効果によるドローを狙う事が可能です。

 

 

このカードと一緒に判明したサイバー・ダーク・クローもそうですが

まさに既存サイバー・ダークの装備カードとなる為に生まれてきたカードです。

このカードを既存サイバー・ダークに装備させれば

2400打点のアタッカーとして運用が出来るだけでなく

②、③の効果にも繋げられる為非常に有用です。

相方のサイバー・ダーク・クローがどちらかと言えば

サイバー・ダーク・ドラゴンやサイバー・ダークネス・ドラゴンの

融合のサポートを重視した性能なのに対し

こちらはメインデッキの既存サイバー・ダークのサポートを重視しています。

 

 

このカードよりも先に鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴンが判明しており

その見た目や性能から下級サイバー・ダークも追加が来るだろうと思っていましたが

いやぁ素晴らしいのを用意してくれました

文句なしに【サイバー・ダーク】は大幅に強化されたと言っていいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:ドラゴン・復活の狂奏(きょうそう) 2体蘇生は単純に強い

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ガガガヘッド

今回紹介するのは漫画版遊戯王ZEXAL9巻の付録になっているこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの為にドクター・ゲノムと戦うGo

記事を読む

ビットルーパー:遊戯王カード考察 上位互換いるけど差別化は割とできる方

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第109話『戦場に果てる隼』感想

遊戯王ARC-V109話の感想です。 タイラー姉妹(特にグレース)をエンタメで即オチ2コマさせ

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-ティンクル・リトルスター

デビル・ヒールと相性バッチリ!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王アークファイブ第79話『覚醒する魔導剣士』感想

遊戯王ARC-V79話の感想です。 素良のファインプレーにより落ち着きを取り戻した遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:BM-4ボムスパイダー 色々と融通が利く自爆効果

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超銀河眼の光波龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)

とりあえず4500でダイレクトアタックする!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ③の効果ですが、
    対象不在での破壊では発動しない可能性が高いのでは?
    ドラグニティ-アキュリスがそういう裁定ですし。

    • あー・・・確かにその裁定になる可能性高そうですね。
      サイバーダーク・インフェルノでバウンスして発動させるの前提っぽい効果だったので出来るって思いこんでたんですけど

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話『果たすべき使命』感想

遊戯王ヴレインズ69話の感想です。  

遊戯王カード考察:ヴェンデット・アニマ 除外された他のヴェンデットを再利用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

→もっと見る

    • 5,646,432 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑