サイバー・ダーク・カノン:遊戯王カード考察  こいつを装備させれば2400打点の墓地肥やしドロー効果持ちが誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ダーク・カノン
効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
②:このカードを装備カード扱いとして装備している
装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。
デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
③:モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキから1枚ドローする。

 

 

なんとサイバー・ダークに新しいモンスターが追加されました。

他のサイバー・ダークが機械族だったのに対し今回追加された2枚のカード、

サイバー・ダーク・カノンとサイバー・ダーク・クローは

ドラゴン族、それもレベル3の攻撃力1600と

サイバー・ダークの効果で装備される事を前提としたモンスターになっています。

これにより他ドラゴン族カードを混ぜずとも

サイバー・ダークのみで装備用のドラゴン族の確保が可能となりました。

 

 

 

①の効果は手札から捨てる事で

機械族のサイバー・ダークを、デッキからサーチできるというものです。

自身がサイバー・ダーク用の装備カードとなる事で

既存サイバー・ダークのサーチと装備カードの墓地送りを

このカード1枚で可能にします。

 

 

②の効果はこのカードを装備しているモンスターが

戦闘を行うダメージ計算時にデッキからモンスター1体を墓地へ送れます。

戦闘を介する必要がありますが発動タイミングがダメージ計算時であり、

例え自爆特攻の形であっても効果を発動する事が可能です。

デッキのモンスターであれば何でも墓地へ送れる万能の墓地肥やし効果であり

【サイバー・ダーク】においてはオーバーロード・フュージョンを発動する為の

融合素材を墓地へ溜めるのに貢献してくれる他、

エクリプス・ワイバーンなどを墓地へ送る際にも役立てます。

このカード以外の既存サイバー・ダークに装備させる為のモンスター、

例えばドラグニティ-ファランクスあたりを墓地へ送ってもいいでしょう。

 

 

③の効果はモンスターに装備されている状態のこのカードが

墓地へ送られた場合に1枚ドローできるというものです。

要するに装備カードとなっている状態でこのカードが破壊されるか

装備モンスターがフィールドから離れた場合に1枚ドローが可能であり

このカード自身をコズミック・サイクロン等で除外されない限りは

この効果によるドローを狙う事が可能です。

 

 

このカードと一緒に判明したサイバー・ダーク・クローもそうですが

まさに既存サイバー・ダークの装備カードとなる為に生まれてきたカードです。

このカードを既存サイバー・ダークに装備させれば

2400打点のアタッカーとして運用が出来るだけでなく

②、③の効果にも繋げられる為非常に有用です。

相方のサイバー・ダーク・クローがどちらかと言えば

サイバー・ダーク・ドラゴンやサイバー・ダークネス・ドラゴンの

融合のサポートを重視した性能なのに対し

こちらはメインデッキの既存サイバー・ダークのサポートを重視しています。

 

 

このカードよりも先に鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴンが判明しており

その見た目や性能から下級サイバー・ダークも追加が来るだろうと思っていましたが

いやぁ素晴らしいのを用意してくれました

文句なしに【サイバー・ダーク】は大幅に強化されたと言っていいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:煉獄の狂宴(れんごくのきょうえん)

召喚条件無視で3体もとかちょっとやりすぎじゃ・・・   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王カード考察:滅びの呪文-デス・アルテマ

対象を選ばない裏側表示の除外!ブラフとしても使える!   今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:札再生

展開力と安定性を両方強化!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:ジャン・ミシェル・ロジェ長官働きすぎじゃね?

現在遊戯王ARC-Vはシンクロ次元を舞台に物語が進んでいます。 そのシンクロ次元においてユーゴ

記事を読む

遊戯王カード考察:真竜凰(しんりゅうおう)マリアムネ

やっぱりデッキから除外でした   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

遊戯王アークファイブ第106話『アークエリア・プロジェクト』感想

アークファイブ106話の感想です。 黒咲でさえもカイトを説得する事は出来なかった。 その

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:にん人

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ③の効果ですが、
    対象不在での破壊では発動しない可能性が高いのでは?
    ドラグニティ-アキュリスがそういう裁定ですし。

    • あー・・・確かにその裁定になる可能性高そうですね。
      サイバーダーク・インフェルノでバウンスして発動させるの前提っぽい効果だったので出来るって思いこんでたんですけど

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
亡龍の戦慄(ぼうりゅうのせんりつ)-デストルドー  単純にレベル7チューナーとしても便利な上に自己蘇生効果つき

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

→もっと見る

    • 4,386,180 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑