遊戯王OCGカード考察:霊魂鳥神-彦孔雀(エスプリット・ロード-ひこくじゃく)、霊魂の降神(エスプリット・コーリング)

史上初!儀式モンスターにしてスピリットモンスター!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

霊魂鳥神-彦孔雀
儀式・スピリット・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻3000/守2500
「霊魂の降神」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター3体まで選んで持ち主の手札に戻す。
その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を
召喚条件を無視して特殊召喚できる。
②:このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻し、
自分フィールドに
「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。

 

 

霊魂の降神
儀式魔法
「霊魂鳥神-姫孔雀」「霊魂鳥神-彦孔雀」の降臨に必要。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地のスピリットモンスターを除外し、
手札から「霊魂鳥神-姫孔雀」または「霊魂鳥神-彦孔雀」を儀式召喚する。

 

 

レイジング・テンペストに新しいテーマ、霊魂(エスプリット)が登場します。

このエスプリット、なんとスピリットテーマであると同時に儀式テーマであるという

前代未聞のテーマとなっています。

そもそもスピリットが1つのテーマとして存在した事すら今まで無かったのに

そこにさらに儀式召喚の要素も付け加えるという豪華特典です。

今回紹介する2つのカードはそんなエスプリットにおける

儀式モンスターと儀式魔法となります。

 

 

 

霊魂鳥神-彦孔雀は史上初となる儀式・スピリットモンスターです。

通常のスピリットとは違い儀式召喚でしか特殊召喚できず、

それでいて他のスピリットと同様に手札に戻る性質を持っています。

 

①の効果はこのカードが儀式召喚に成功した場合に

相手のモンスターを3体まで選んで手札に戻し、

さらにその後手札からレベル4以下のスピリット1体を

召喚条件を無視して特殊召喚できるというものです。

召喚時に3枚手札にバウンスする点ではミスト・ウォームに似ていますが

あちらは魔法罠もバウンスできるのが特徴であり

一方こちらはモンスターしかバウンス出来ない代わりに

対象に取らない効果であり対象耐性を無視してバウンスが可能です。

この効果によって相手の場にモンスターがいなくなる状況も多く、

手札から夜叉を特殊召喚してダイレクトアタックをすれば

合計で4900もの大ダメージを与える事が可能です。

また手札に戻る性質を利用して壊獣やラヴァゴーレムを相手に送り付けて、

この効果で再び手札に回収するといったコンボを狙う事も可能です。

なおスピリットモンスターは「召喚・リバースしたターンに」手札に戻りますが

逆に言えばこの効果のように「特殊召喚した場合」

手札に戻らない点には注意しましょう。

 

②の効果はこのカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに

このカードを持ち主の手札に戻し、

さらに自分の場に魂鳥トークン2体を特殊召喚する強制効果です。

スピリット特有の手札に戻る効果に加えて

トークンを生み出すおまけが追加されています。

このトークンは攻撃力と守備力が1500ある為、

状況次第ではアタッカーや壁として機能できる他、

レベル4の為、次の霊魂鳥神-彦孔雀の儀式召喚を狙う場合に

このトークン2体をリリース要因にする事が可能です。

ゴッドバードアタックや風霊術-「雅」のコストにしてしまうのもいいでしょう。

 

 

 

霊魂の降神は霊魂鳥神-彦孔雀と霊魂鳥神-姫孔雀に対応する儀式魔法です。

複数のモンスターの儀式召喚に対応していますがどちらも名前が明記されており、

儀式の下準備によって儀式モンスター共々サーチできる点が大きな特徴です。

また墓地のスピリットを除外する事でもリリース要因を確保する事が可能であり

スピリットを多く採用していればしているほど

リリース要因を墓地コストで賄いやすくなっています。

 

 

 

通常の儀式モンスターと違い手札に戻るというのが大きな特徴です。

儀式モンスターは本来儀式魔人リリーサーをリリース要因にする事で

強力な特殊召喚封じを狙う事が出来ましたが霊魂鳥神-彦孔雀は手札に戻る為、

リリーサーによる特殊召喚封じはすぐに効果を失ってしまいます。

それ以外の儀式魔人とも相性が悪くこのカードを使う場合

儀式魔人に頼らないデッキ構築が必要になってくるでしょう。

 

もう1つの課題として「儀式魔法をどう工面するか」というのがあります。

儀式モンスターである霊魂鳥神-彦孔雀は手札に戻ってしまう為、

再び場に出す為は再度儀式召喚をする必要があるのですが、

儀式魔法である霊魂の降神は一度使ってしまうと墓地にいったままです。

儀式モンスターはあるのに儀式魔法が無いという事態が多発するでしょう。

そこでオススメなのが緊急儀式術です。

ただ儀式魔法の不足を補う事が出来るだけでなく

彦孔雀が手札に戻った時に発生したトークンを効果的に利用できる上

相手ターンに儀式召喚できればその強力なバウンス性能によって

相手の展開を大きく妨害できると見事なまでに噛み合っています。

 

 

色々と史上初の要素が多いエスプリット、

現状判明しているカードの数は少ないですが

今後どのようなカードが登場してくるかが非常に楽しみです。

自分は結構スピリットを愛用しているので、

今回の新テーマの中でも特に注目していたりします。

出来ればアドバンス召喚軸と組み合わせられるテーマであって欲しいですね。

関連記事

遊戯王アークファイブ考察:ジャン・ミシェル・ロジェ長官働きすぎじゃね?

現在遊戯王ARC-Vはシンクロ次元を舞台に物語が進んでいます。 そのシンクロ次元においてユーゴ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の守護騎士(ガーディアン・オブ・フェルグラント)

レヴァライダーみたいな事ができるぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械猟犬(アンティーク・ギアハウンドドッグ)

オベリスク・フォース、ついに出陣!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王OCG:デッキ枚数を減らす事、増やす事それぞれの意義について

「デッキ枚数はどれくらいがいいのか?」 遊戯王においてたびたび検証される永遠の議題ですね。

記事を読む

覇王白竜(はおうはくりゅう)オッドアイズ・ウィング・ドラゴン:遊戯王カード考察 Pゾーンにいってからが本番だ

4月28日にマスターガイド5が発売されます。 今回紹介するのはその付属カードとしてついてくるこ

記事を読む

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!   今回紹介するのは20th ANNIVER

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニス・マックフィールドと榊遊勝の繋がりについて他

新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかこのMUGEN次元をよろしくお願いします。

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シンデレラ

装備魔法を使いまわせ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカード

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,206,211 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑