遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。

早速考察していきたいと思います。

 

オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/水属性/ドラゴン族/攻2800/守2500
レベル7モンスター×2
「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その攻撃を無効にする。
その後、自分の手札・墓地から「オッドアイズ」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
②:X召喚されたこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
エクストラデッキから「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」以外の「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる。

 

氷結界!なぜ氷結界がここに・・・・・・逃げたのか?自力で脱出を?氷結界!

いやまあ見た目は氷結界っぽいですが多分関係ないはずです多分。

「征竜禁止になったしこれで遠慮しなくていいぜヒャッホウ!」

とでも言わんばかりにやってきたランク7のエクシーズです。

 

①の効果は攻撃を無効にした後に手札・墓地からオッドアイズモンスターを特殊召喚する事ができます。

攻撃無効効果も便利ですがメインは特殊召喚効果を狙う事になるでしょう。

現状特殊召喚できる候補はオッドアイズ・ドラゴン、オッドアイズ・ペンデュラムドラゴン、オッドアイズ・セイバー・ドラゴンですね。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンはフィールドで破壊されるとエクストラデッキにいってしまいますが、

エクシーズ素材にすれば墓地へ行く為、あまり運用に支障はきたさないでしょう。

エクシーズ素材にしたオッドアイズをオーバーレイユニットとして消費し、そのまま特殊召喚すればスムーズに事が運びます。

自分の攻撃を無効にする事も出来ますがタイミングの関係上ダブル・アップ・チャンスが使えないのは残念ですね。

2800打点の攻撃を中止にするのは痛いですがオッドアイズ・セイバー・ドラゴンを特殊召喚すれば、

同じ打点で攻撃でき、しかも追加で相手のモンスター1体を破壊できる為まったく問題ありません!

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンやオッドアイズ・ドラゴンも

場合によっては自分で攻撃する以上のダメージを叩き出せる為、こちらも特殊召喚する意義は十分にあります。

もちろん他のモンスターの攻撃を無効にしてもOKです。

 

②の効果は非常に強烈です。

このカードが墓地に送られた後エクストラデッキからオッドアイズ・モンスターを特殊召喚する効果を持っています。

ポイントなのは「表側表示の」とは書かれていない事です。

つまりエクストラデッキにいったオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンだけでなく、

覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンをそのままエクストラデッキから呼び出す事が可能です。

オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンの①の効果こそ使えませんが、

攻撃力を3000を特殊召喚でき、破壊されても新たなペンデュラム召喚の下準備ができるとなれば、

十分すぎるほどに破格の効果です。

ただし「X召喚された場合」と限定されていますので、

なんらかの形でアブソリュート・ドラゴンを蘇生した場合には効果を発動できない事は留意しておきましょう。

 

総じてオッドアイズを運用し、ランク7のエクシーズを狙えるモンスターであるならば是非とも採用したモンスターと言えるでしょう。

このカードの存在により、素のオッドアイズ・ドラゴンを入れる価値も増えたと言えます。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

デストラクト・ポーション

強力な②の効果ですが破壊以外の除去では効果を発動できない事が欠点となります。

ならばいっそ自分で破壊してしまいましょう。

神秘の中華なべでもいいですが、

こちらはオッドアイズ・リベリオン・ドラゴンも同様に破壊できるのが利点です。

 

安全地帯

「除去からは守りたいけど自分で破壊するのもちょっとなー」と思う方はこちら。

こちらの方が汎用性が高く腐りにくいのも利点ですね。

対象に取られてからでは防げないのでそこだけはご注意を。

関連記事

アマゾネス王女(プリンセス)、アマゾネス女帝(エンプレス):遊戯王カード考察  アマゾネスも10期仕様に!実施的な万能サーチ

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

融合再生機構/Fusion Recycling Plant:遊戯王カード考察 デッキからでも墓地からでも

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ):遊戯王カード考察

さあ恐竜族の時代がやってきた!   2月25日に「ストラクチャーデッキ-恐竜の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)38 希望魁竜(きぼうかいりゅう)タイタニック・ギャラクシー

2016年1月の制限改定の内容が一部発表されたみたいですね。 どうやらついにEMEmに修正が入

記事を読む

遊戯王アークファイブ第124話『蘇る幻影騎士団』感想

遊戯王ARC-V124話の感想です。 狂気に目覚めたユーリの前に敗北した明日香、 ユーリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:バージェストマ

カンブリア期(訳5億3千万年前)に存在していたといわれるバージェス動物群、 それをモチーフにし

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械融合(アンティーク・ギアフュージョン) 古代の機械超巨人出すなら是非

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:ジェムナイト・ファントムルーツ ジェムナイトの持ち味である連続融合のサポートに

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

→もっと見る

    • 4,803,191 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑