遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

ダイナミスト・ステゴサウラー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1600/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
①:このカード以外の自分フィールドの
「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカード以外の自分のPモンスターが
相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その戦闘を行ったお互いのモンスターを破壊する。

 

 

ダイナミスト・プテラン
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1800/守1200
【Pスケール:青3/赤3】
①:このカード以外の自分フィールドの
「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキから「ダイナミスト」カード1枚を手札に加える。

 

 

ダイナミスト・プレシオス
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1700/守1400
【Pスケール:青6/赤6】
①:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードを
対象として発動した効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「ダイナミスト」カードの数×100ダウンする。

 

 

 

ダイナミストレベル5テーマじゃなかった!

 

 

新たに判明したダイナミストのモンスター達です。

最初に判明していた3体のダイナミストは全てレベル5のモンスターでしたが

この3体はレベル4のモンスターとなっています。

よく考えればペンデュラムスケール的にもレベル4も範囲でしたし

レベル4のモンスターがいる可能性は十分にありましたね。

それぞれステゴザウルス、プテラノドン、プレシオサウルスがモチーフになっています。

 

 

ペンデュラム効果は既に判明していたダイナミストの効果と共通しており、

自身を身代わりとして他のダイナミストカードを

効果の対象や破壊から1度だけ守るというものです。

ダイナミスト全体を通して破壊耐性とペンデュラムスケール3、

対象耐性とペンデュラムスケール6がそれぞれセットになっており、

ダイナミストでペンデュラムスケールをセッティングする事により

ダイナミストカードに1度だけ破壊もされず効果の対象にもならないという

耐性を付与する事が出来るデザインとなっております。

 

 

ステゴサウラーのモンスター効果はこのカード以外のペンデュラムモンスターが

相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後、

戦闘を行ったお互いのカードを破壊するというものです。

この効果は任意効果であり、道連れにするかどうかを選ぶ事が可能です。

特にダイナミスト・レックスでは倒せない高い攻撃力のモンスターがいる場合、

そのモンスターを対処する手段として効果的になってくるでしょう。

 

 

プテランのモンスター効果は戦闘で相手モンスターを破壊した時に

デッキからダイナミストカードをサーチする事が出来るというものです。

戦闘を解する必要がありますがダイナミストにとっては任意のカードをサーチする

重要なアドバンテージ確保の手段となってくるでしょう。

プテランで戦闘破壊できるモンスターがいる場合積極的に狙っていくといいでしょう。

 

 

プレシオスのモンスター効果はこのカードがモンスターゾーンにいる間、

相手フィールドのモンスターの攻撃力、守備力を

自分フィールドのダイナミストカードの数×100下げるというものです。

下げる数値はカードの数につき100と微々たるものですが

ペンデュラムゾーンにセットされているダイナミストや

永続魔法のダイナミスト・チャージも参照にする事が出来る為、

ペンデュラム召喚が出来る状況ならなかなか馬鹿にならない減少量になるでしょう。

特に複数毎同時にプレシオスをペンデュラム召喚できた場合、

それぞれのカードを参照にできる為、かなりの攻撃力、守備力を下げられます。

レックスやプテランのモンスター効果は戦闘を解する必要があり、

効果を発動しやすくする為のサポートとして重要になってくるでしょう。

 

 

レベル4のダイナミストが出てきた事でデッキの構築も、

レベル4、レベル5両方のダイナミストを意識したものが求められるでしょう。

特にエクストラデッキの選出にはかなり難航してくると思われます。

エクシーズもそうですがシンクロ召喚も狙っていく場合、

同じチューナーでレベル5のダイナミストとレベル4のダイナミスト、

両方のレベルに対応したシンクロ召喚を狙えるようにしておきたい所です。

 

 

剛竜剣士ダイナスターPの登場によりダイナミストというテーマは

イグナイト、マジェスペクターに続く竜剣士に関係あるテーマだと判明しました。

どうやら竜剣士関連のペンデュラムテーマはどれもテーマ内で

ペンデュラム効果がある程度共通している特徴があるみたいですね。

 

ミストさん

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ

プレシオスがフィールドにいれば攻撃表示の相手モンスターを

全てラグナ・ゼロの効果の対象に含める事が可能です。

プレシオス自身もエクシーズ素材にする事が可能ですが

攻撃力を低下させるにはプレシオスがフィールドに残っている必要があるので

1体はフィールドに残しておくようにしましょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-神立(がんだち)のオニマル

初となる縛りなしレベル12シンクロ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

遊戯王カード考察:煉獄の狂宴(れんごくのきょうえん)

召喚条件無視で3体もとかちょっとやりすぎじゃ・・・   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:何故黒咲は赤馬零王の事を知っていたのか?

レジスタンスがスタンダード次元に来た理由、 そしてLDSを襲っていた理由について黒咲隼はこう答

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)トランプ・ガール

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・メタル・クロウ

元祖「融合」が活きる融合モンスター!   遊戯王ARC-V 最強デュエリスト遊

記事を読む

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)38 希望魁竜(きぼうかいりゅう)タイタニック・ギャラクシー

2016年1月の制限改定の内容が一部発表されたみたいですね。 どうやらついにEMEmに修正が入

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)スピノ・ディオネア

召喚するだけで相手に捕食カウンター!   今回紹介するのはフュージョン・エンフ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス

新たなるランク2の主力候補!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブも

→もっと見る

PAGE TOP ↑