遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

ダイナミスト・ステゴサウラー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1600/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
①:このカード以外の自分フィールドの
「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカード以外の自分のPモンスターが
相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その戦闘を行ったお互いのモンスターを破壊する。

 

 

ダイナミスト・プテラン
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1800/守1200
【Pスケール:青3/赤3】
①:このカード以外の自分フィールドの
「ダイナミスト」カードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊できる。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキから「ダイナミスト」カード1枚を手札に加える。

 

 

ダイナミスト・プレシオス
ペンデュラム・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1700/守1400
【Pスケール:青6/赤6】
①:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
このカード以外の自分フィールドの「ダイナミスト」カードを
対象として発動した効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「ダイナミスト」カードの数×100ダウンする。

 

 

 

ダイナミストレベル5テーマじゃなかった!

 

 

新たに判明したダイナミストのモンスター達です。

最初に判明していた3体のダイナミストは全てレベル5のモンスターでしたが

この3体はレベル4のモンスターとなっています。

よく考えればペンデュラムスケール的にもレベル4も範囲でしたし

レベル4のモンスターがいる可能性は十分にありましたね。

それぞれステゴザウルス、プテラノドン、プレシオサウルスがモチーフになっています。

 

 

ペンデュラム効果は既に判明していたダイナミストの効果と共通しており、

自身を身代わりとして他のダイナミストカードを

効果の対象や破壊から1度だけ守るというものです。

ダイナミスト全体を通して破壊耐性とペンデュラムスケール3、

対象耐性とペンデュラムスケール6がそれぞれセットになっており、

ダイナミストでペンデュラムスケールをセッティングする事により

ダイナミストカードに1度だけ破壊もされず効果の対象にもならないという

耐性を付与する事が出来るデザインとなっております。

 

 

ステゴサウラーのモンスター効果はこのカード以外のペンデュラムモンスターが

相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後、

戦闘を行ったお互いのカードを破壊するというものです。

この効果は任意効果であり、道連れにするかどうかを選ぶ事が可能です。

特にダイナミスト・レックスでは倒せない高い攻撃力のモンスターがいる場合、

そのモンスターを対処する手段として効果的になってくるでしょう。

 

 

プテランのモンスター効果は戦闘で相手モンスターを破壊した時に

デッキからダイナミストカードをサーチする事が出来るというものです。

戦闘を解する必要がありますがダイナミストにとっては任意のカードをサーチする

重要なアドバンテージ確保の手段となってくるでしょう。

プテランで戦闘破壊できるモンスターがいる場合積極的に狙っていくといいでしょう。

 

 

プレシオスのモンスター効果はこのカードがモンスターゾーンにいる間、

相手フィールドのモンスターの攻撃力、守備力を

自分フィールドのダイナミストカードの数×100下げるというものです。

下げる数値はカードの数につき100と微々たるものですが

ペンデュラムゾーンにセットされているダイナミストや

永続魔法のダイナミスト・チャージも参照にする事が出来る為、

ペンデュラム召喚が出来る状況ならなかなか馬鹿にならない減少量になるでしょう。

特に複数毎同時にプレシオスをペンデュラム召喚できた場合、

それぞれのカードを参照にできる為、かなりの攻撃力、守備力を下げられます。

レックスやプテランのモンスター効果は戦闘を解する必要があり、

効果を発動しやすくする為のサポートとして重要になってくるでしょう。

 

 

レベル4のダイナミストが出てきた事でデッキの構築も、

レベル4、レベル5両方のダイナミストを意識したものが求められるでしょう。

特にエクストラデッキの選出にはかなり難航してくると思われます。

エクシーズもそうですがシンクロ召喚も狙っていく場合、

同じチューナーでレベル5のダイナミストとレベル4のダイナミスト、

両方のレベルに対応したシンクロ召喚を狙えるようにしておきたい所です。

 

 

剛竜剣士ダイナスターPの登場によりダイナミストというテーマは

イグナイト、マジェスペクターに続く竜剣士に関係あるテーマだと判明しました。

どうやら竜剣士関連のペンデュラムテーマはどれもテーマ内で

ペンデュラム効果がある程度共通している特徴があるみたいですね。

 

ミストさん

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ

プレシオスがフィールドにいれば攻撃表示の相手モンスターを

全てラグナ・ゼロの効果の対象に含める事が可能です。

プレシオス自身もエクシーズ素材にする事が可能ですが

攻撃力を低下させるにはプレシオスがフィールドに残っている必要があるので

1体はフィールドに残しておくようにしましょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:AtoZ(エートゥズィ)-ドラゴン・バスターキャノン

文句なし最強クラスのモンスター!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海

記事を読む

遊戯王アークファイブ第113話『修羅の渇望』感想

遊戯王ARC-V113話の感想です。 アカデミアのスパイだと判明しながらもランサーズとして様々

記事を読む

シューティング・ソニック:遊戯王カード考察

上手く狙えば複数デッキバウンス可能!   今回紹介するのは20th ANNIV

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【ネフティス】 byヒドゥン・サモナーズ 手札を破壊しまくる儀式&リンクテーマ

8月4日に発売されるデッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズ。 そこに新たに収録されるテーマと

記事を読む

遊戯王カード考察:覇道星(はどうせい)シュラ 実はかなり出しやすい

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

リンクスレイヤー:遊戯王カード考察  ありふれた半上級?いえいえこいつにしかできない役割あります

今回紹介するのはスターターデッキ2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:鉄騎龍(てっきりゅう)ティアマトン 条件満たせば手札からフリーチェーンで万能除去

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-那沙帝弥(ナーサテイヤ)-

墓地にさえいけば蘇生しつつコントロール奪取!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:水舞台装置(アクアリウム・セット)

今回紹介するのはデュエリストパック決闘都市編からこのカードです。   水舞台装

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

遊戯王カード考察:魔弾の射手 マックス 相手の場にカードあればアド!これでLINK-1なんだぜ・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。  

遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

→もっと見る

    • 5,855,876 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑