遊戯王OCGカード考察:彼岸の巡礼者 ダンテ 旅人の結彼岸(けつひがん)

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。

 

 

彼岸の巡礼者 ダンテ(Dante, Pilgrim of the Burning Abyss)
融合・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2800/守2500
カード名が異なる「彼岸」モンスター×3
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードは相手の効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、手札の「彼岸」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
③:フィールドのこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合、
または戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。

 

 

旅人の結彼岸(The Terminus of the Burning Abyss)
通常魔法
①:自分の手札・フィールドから、
「彼岸」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は次の相手ターン終了時まで800アップする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

多種多様な召喚方法を持つ彼岸(バーニングアビス)の融合モンスターと専用の融合カードです。

以前書いた彼岸の記事で紹介してなかったのでせっかくなので紹介します。

旅人の結彼岸にダンテとベアトリーチェが映っている事から煉獄篇の旅人ダンテに対し

巡礼者ダンテは天国篇のダンテを意識しているものだと思われます。

格好も旅人ダンテに比べてやたら豪華になっています。

カード名が異なる彼岸モンスター3体を要求するという重い融合素材ですが

彼岸モンスターは墓地に送られて効果を発揮するモンスターが多い為、

召喚条件さえ満たせるならアドバンテージの損失はある程度抑える事が出来ます。

また融合召喚でしか特殊召喚できない制約が存在しますが

永遠の淑女 ベアトリーチェの効果で召喚条件を無視して特殊召喚が可能な為、

そちらの方法で特殊召喚するのもオススメです。

 

 

彼岸の巡礼者ダンテの効果は3つあります。

①の効果は相手の効果にならないという対象耐性です。

奈落の落とし穴や激流葬などは防ぐ事が出来ませんが

サイバー・ドラゴン・インフィニティの効果などを防げるのは嬉しい所です。

 

 

②は1ターンに1度、手札の彼岸モンスターをコストにドローする効果です。

手札効果の1種ですが彼岸モンスターは墓地に送られて効果を発動する関係上、

アドバンテージを確保しやすい効果だと言えるでしょう。

特筆すべきはフリーチェーンで発動できる点です。

相手ターンに彼岸の悪鬼 ファーファレル等をコストにすれば

相手の行動を妨害する目的にも使う事が可能です。

 

 

③は相手の効果で墓地へ送られた場合か戦闘破壊された場合に発動できる効果で

相手の手札を1枚ランダムに送る事が出来ます。

除外やバウンスの場合は効果を発動する事が出来ませんが対象耐性があるので

相手にとってはこの効果を発動させずに除去するのは結構難しいでしょう。

ただあらかじめ手札を使い切るといった対策をされる可能性はあります。

「捨てる」でなく「墓地へ送る」なので暗黒界相手でも安心して発動が可能です。

 

 

 

専用の融合カードとなる旅人の結彼岸ですが①の効果は

融合召喚できるのが彼岸モンスターに限定されてる以外は通常の融合と同じです。

 

②の効果は自分のメインフェイズに墓地のこのカードを除外する事で

そのターンの間彼岸モンスターの攻撃力を800アップさせる事が可能です。

彼岸は結構打点に悩まされる事が多く、800の攻撃力アップはありがたいです。

巡礼者ダンテに使えば攻撃力3600を確保する事が可能ですが

墓地へ送ったターンには発動できない点には注意しておきましょう。

②の効果目当てで彼岸の悪鬼 ハロウハウンドで直接墓地に送るのも1つの手です。

 

 

3体の融合素材を要求する融合モンスターですが彼岸はアドバンテージを確保しやすく、

召喚条件を揃える事はそれほど難しい事ではないでしょう。

それに加えベアトリーチェの効果で特殊召喚できるようなったため、

かなり出しやすいカードとなりました。

強力な効果を持ったカードでありベアトリーチェの効果で出す1番の有力候補と言えます。

 

ダンテ

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ギャクタン

彼岸の巡礼者ダンテを対象を取らずに除去し、③の効果も発動させない手段として

汎用的なものとして奈落の落とし穴や神の警告などの罠カードが挙げられます。

特に融合召喚で出した巡礼者ダンテを奈落の落とし穴で除外されてはたまらないので

罠カードを予防する手段は用意しておくといいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:The tripping MERCURY(ザ・トリッピング・マーキュリー)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-萩に猪-、花札衛-紅葉に鹿-、花札衛-牡丹に蝶-

これでもっとエンジョイできる!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天照大神(アマテラス)

待ちに待ったスピリットの新カード!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王カード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドラゴスタペリア

相手ターンにレベルを下げて効果も無効にする   今回紹介するのは11月21日に

記事を読む

遊戯王アークファイブ第72話『ドラゴン征伐!!ユーゴvs沢渡』感想

遊戯王ARC-V72話の感想です。 ユーゴVS沢渡シンゴという非常に楽しみな対戦カードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:隣の芝刈り

今時代は60枚デッキだ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第70話『届かぬ叫び』感想

遊戯王ARC-V70話の感想です。 今回の対戦カードはセレナVSトニーですがデュエル以外の描写

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:神風のバリア-エア・フォース-

クラッシュ・オブ・リベリオン、早い所ではもうフラゲ情報が出ているみたいですね。 そんなわけで早

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第76話『キングス・ギャンビット』感想

遊戯王ARC-V76話の感想です。 OP、EDも新しいものに代わりますね。 次のOPにな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

→もっと見る

    • 4,382,124 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑