遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。

 

 

ヒドゥン・ショット
通常魔法
①:自分の墓地の「スピードロイド」モンスターを2体まで除外し、
除外した数だけフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

新たに判明したスピードロイド用のサポートカードです。

アークファイブでユーゴがユート戦で使用したカードであり

モンスターを1体だけ破壊する効果だったのがOCG化でかなり強化されています。

 

 

その効果は墓地のスピードロイドを2体まで除外し、

その数だけフィールドのカードを破壊できるというものです。

墓地コストこそ必要としますがその効果は単純明快かつ強力な代物です。

破壊するのはモンスターか魔法罠かを問わず、墓地コストさえ確保できれば

1:2交換が成立するという非常に優秀な効果を持っています。

 

 

もっとも問題となってくるのはその墓地コストでしょう。

ベイゴマックスやタケトンボーグの効果を駆使すれば

墓地にスピードロイドを2枚溜め込むのは難しくありません。

しかしスピードロイドはスピード・リバースやエクスプレスロイド等

墓地のカードを利用する手段が多く、墓地コストを利用するのは

それらのカードとの兼ね合いが必要になってきます。

また複数破壊のカードの宿命でスターライト・ロードも警戒する必要があります。

 

 

ただスピードロイドにとって除外する事はメリットも存在します。

HSRチャンバライダーの③の効果を有効に活用したい場合、

墓地のスピードロイドを除外できるヒドゥン・ショットは都合がいいです。

チャンバライダーの素材にしたスピードロイドをヒドゥン・ショットのコストにし

相手の邪魔なカードを除去、その後でチャンバライダーでダメージを与え、

仮にチャンバライダーが倒されても手札の補充が出来るというのは

中々理にかなっている動きと言えるでしょう。

 

 

スピードロイドが除去手段に乏しい事もあり高い除去能力を持つこのカードは

スピードロイドにとって重宝するカードである事は間違いありません。

ただデッキの構築にもよりますが3枚積みしてしまうと

有効に活用できない場面も増えてしまうでしょう。

個人的な意見ですが1枚か2枚程度に抑えておけば事故を起こす可能性も減り、

他の墓地利用のカードとの兼ね合いも上手くいきやすいと思います。

ただサーチの出来ないカードという事もあり、

チャンバライダーを積極的に活用したい場合は3枚積む選択肢も大いにありです。

 

ヒドゥン・ナイト・フック

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

虚空海竜リヴァイエール

チャンバライダーと同様に除外する事をメリットに変えられるカードです。

スピードロイドはランク3のエクシーズ召喚を狙いやすい為、

リヴァイエールをエクシーズ召喚する機会は多いでしょう。

ベイゴマックスとタケトンボーグを両方特殊召喚してエクシーズ召喚した場合、

召喚権が残っている形になる為、リヴァイエールで特殊召喚したカードとあわせ

さらなるエクシーズ召喚やシンクロ召喚を狙っていく事も可能です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:巨神竜の遺跡

結構色々なデッキに使えるぞ!   巨神竜復活、続々と再録されるカードが判明して

記事を読む

遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

遊戯王ARC-V75話の感想です。 次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めと

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王カード考察:神属(しんぞく)の堕天使 ライフ回復してくれるありがたいおじいちゃん

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械熱核竜(アンティーク・ギア・リアクター・ドラゴン)

9月24日にストラクチャーデッキ-機械の叛乱-のリメイクとなる ストラクチャーデッキR-機械竜

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:零羅は赤馬零児の弟ではない?

アークファイブ公式のキャラクター説明なんですが零羅の説明に大きな違和感を感じました。 『零児を「兄

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)オタス-K(ケー):遊戯王カード考察  見た目に恥じぬメイン盾、直接攻撃もこれで安心!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:アンチエイリアン 効果も便利なサイバース族の下級アタッカー

いよいよ今日ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-の発売ですね。 今回紹介するのはそんな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:蛇神(じゃしん)ゲー

随分とコンパクトなカードになりました。   6月24日に遊戯王アニメコンプリー

記事を読む

遊戯王テーマ考察:アルカナ エクストラジョーカー 戦士族通常モンスターを活用するデッキで

今回紹介するのはPREMIUM PACK 20よりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,840 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑