遊戯王カード考察:ヴァレルロード・X(エクスチャージ)・ドラゴン リボルバーはエクシーズもその力にする

4月13日にRISING RAMPAGEが発売されます。

今回紹介するのはその看板モンスターを務めるこのカードです。

 

 

 

 

ヴァレルロード・X・ドラゴン
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2
①:X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

 

 

ヴァレルの新しい力となるランク4エクシーズです。

エクシーズのカラーである黒を基調としたヴァレルロードです。

背中の翼がまるでレーザーキャノンのような形状となっており

ファイアウォール・X・ドラゴンと同じくX状のブースターが吹いています。

ヴァレルロード・S・ドラゴンと同じネーミングの付け方であり

ヴァレルロードの進化形は「召喚法の頭文字を間につける」

で統一されている感じでしょうか。

ヴァレルソードやヴァレルガードの進化形態はなく

あくまでヴァレルロードが進化していく感じになりそうです。

しかし今まで自分はファイアウォール・X・ドラゴンの事を

「・X・」と呼んでいましたがこのカードも「・X・」なので

呼び方変えないといけませんね。

まあ「FW・x・」と「ヴァレル・X・」あたりでよさそうですが。

ちなみにこのカードのXは「エクスチャージ」と読みます。

エクスは恐らくエクストラ(余分)を意味すると思われ

繋げると「限界を超えて力を溜める」といった感じの意味合いになります。

いわゆる120%的な感じですね。

 

 

ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2

エクシーズ素材には闇属性ドラゴン族のレベル4モンスター2体を指定しています。

属性と種族の両方で縛りを入れており該当するモンスターは割と少な目です。

手っ取り早いのは竜魔王ベクターPあたりの通常モンスターを

レスキューラビットで2体特殊召喚して並べる方法でしょうか。

他にも覇王眷竜ダークヴルム、ホワイトローズ・ドラゴン、

ゲートウェイ・ドラゴンあたりが素材として使いやすいです。

場に残せる算段があるのなら霊廟の守護者あたりもいいでしょう。

 

 

①:X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。

①の効果はエクシーズ召喚している状態の時、

他のモンスターの効果の対象にならない対象耐性です。

攻撃力3000というランク4の中でも最高峰の攻撃力を持っており

耐性持ちのアタッカーとして積極的に活躍させられます。

 

 

②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

②の攻撃は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ取り除く事で

モンスター1体の攻撃力と守備力を600ダウンさせ

その後に墓地からヴァレルと名の付くモンスターを特殊召喚する

弱体化&蘇生効果です。

3600打点までは戦闘破壊圏内に持ち込む事が出来る上に

さらに墓地から3000打点を蘇生可能という非常に攻撃的な能力ですが

蘇生したモンスターはエンドフェイズに除外され

さらに効果発動後は他のモンスターを特殊召喚できなくなる上に

ダイレクトアタックも不可能になる制約が発生します。

この他のモンスターが特殊召喚できなくなるのが厄介で

各種素材にして除外を回避するといった事ができません。

除外を回避したければ王宮の鉄壁などを用いるといいでしょう。

 

 

蘇生したヴァレルの効果はそのまま使える為

例えばヴァレルソード・ドラゴンを蘇生させれば

合計で3000打点の3回攻撃が可能となりますし

ヴァレルロード・ドラゴンであれば相手モンスターを奪えます。

直接攻撃できないデメリットも含めて

相手モンスターが多い時にほど真価を発揮するカードと言えるでしょう。

【ヴァレット】でもエクシーズ召喚をするには意識した構築が必要ですが

高いポテンシャルを秘めたカードである事は間違いありません。

 

ちなみにヴァレルロード・ドラゴンを蘇生した場合、

メインモンスターゾーンに2つのEX召喚枠が発生する事になります。

特殊召喚できなくなる制約があるので王宮の鉄壁などの併用が前提ですが

EX召喚枠を確保できる稀有なエクシーズの1つといえるでしょう。

 

 

それにしてもシンクロに続いてエクシーズのヴァレルも登場しましたね。

こうなってくると融合モンスターのヴァレルの登場にも期待が持てます。

恐らく「ヴァレルロード・F・ドラゴン」という名前になると思いますが

読み方はどうなるんでしょうね。

フルバーストやフォレイ、フューリーあたりでしょうか。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)スピノ・ディオネア

召喚するだけで相手に捕食カウンター!   今回紹介するのはフュージョン・エンフ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

ストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-と一緒に揃えておきたいカードは? 灰流うらら再録ですってよ奥さん

本日12月8日、いよいよストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-の発売です。 収録されてるカードはこ

記事を読む

憑依装着-ライナ:遊戯王カード考察

ついに最後の1人がやってきました   今回紹介するのはこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第138話『暗翼の竜』感想

遊戯王ARC-V138話の感想です。 黒咲、カイトがズァークに敗れ去り今度は権現坂とジャックが

記事を読む

遊戯王カード考察:ネオスペース・コネクター コンタクト融合の他にエクシーズ召喚やリンク召喚にも

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

パワーコード・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?サイバース・リンクと合わせるのも検討してみよう

明日12月9日にストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-が発売されます。 収録されているカ

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)75 惑乱のゴシップ・シャドー どのナンバーズに素材を渡す?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

やりすぎた埋葬:遊戯王カード考察  調整版早すぎた埋葬、手札コストをどう用意するか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第22話『漆黒に染まる日輪』感想

遊戯王ヴレインズ22話の感想です。 物語はさらなる展開を迎えハノイの騎士も再び活動を開始します

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ・X・が増える度にどんどんミッフィーも増えていく(笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,396,376 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑