遊戯王カード考察:超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ 攻撃力6000が3回殴りつけてくる

歴代のデュエリストにちなんだカードを収録したパック

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が11月10日に発売されます。

今回は舞や明日香、アキなど歴代女性デュエリスト関連のカードが収録されています。

今回紹介するのはそんなレジェンドデュエリスト編4よりこのカードです。

 

 

 

超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ
ランク11/地属性/機械族/攻4000/守4000
レベル11モンスター×3
「超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ」は1ターンに1度、
自分フィールドのランク10の機械族Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力・守備力は2000アップする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこのカードでしか攻撃宣言できない。
②:このカードは1度のバトルフェイズ中に
このカードのX素材の数+1枚まで相手モンスターに攻撃できる。

 

 

地属性機械族のランク11エクシーズモンスターです。

超ド級砲塔列車という事でZEXALからはアンナが代表のようですね。

複数の線路にまたがる巨大な主砲と多数の副砲を搭載した列車砲です。

なんていうかシューティングゲームのボスに出て来そうなデザインしてます。

ジャガーノートは「圧倒的な破壊力」「止められない力」といった意味で

イギリスでは巨大なトラックを指す言葉でもあります。

リーベはドイツ語で愛や恋を意味します。

要約すると「誰にも止められない愛」とかそういった言葉になるでしょうか。

アンナらしいネーミングですね。

 

 

レベル11モンスター×3
「超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ」は1ターンに1度、
自分フィールドのランク10の機械族Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

エクシーズ素材にはレベル11を3体要求していますが

ランク10の機械族エクシーズからランクアップしてエクシーズ召喚も可能です。

基本的には超弩級砲塔列車グスタフ・マックスや

超巨大空中宮殿ガンガリディアからランクアップして出す事になるでしょう。

 

 

①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力・守備力は2000アップする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこのカードでしか攻撃宣言できない。

①の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

発動したターンこのカードでしか攻撃できなくなる代わりに

攻撃力守備力を2000アップさせるという自己強化効果です。

元々の攻撃力守備力の時点で4000ありこの効果を発動すれば

攻撃力は6000に到達します。ホープ・ザ・ライトニングですらかないません。

 

 

②:このカードは1度のバトルフェイズ中に
このカードのX素材の数+1枚まで相手モンスターに攻撃できる。

②の効果はオーバーレイユニットの数+1の回数まで

1度のバトルフェイズ中に相手モンスターに攻撃できる連続攻撃効果です。

基本的にこのカードを出した時点でオーバーレイユニットは3つあり

仮に①の効果を使ったとしても3回まで攻撃が可能となります。

 

 

 

 

Q:つまり?

A:攻撃力6000で3回殴れます

非常に分かりやすい性能をした超☆脳☆筋モンスターです。

耐性の類もアドバンテージ確保効果の類も一切所持していませんが

ただただその圧倒的な破壊力で殴りぬける名前通りの性能をした

ある意味ものすごくアンナらしいカードと言えます。

もし相手に攻撃表示のモンスターが2体いれば殴れば大体相手は死にます。

機械族なのでリミッター解除にも対応しておりもし発動できれば

2体どころか1体殴れば大体相手は死んでいるでしょう。

こんな殺意の高いカードがレベル10が2体いれば出せるというのも

また強さに拍車をかけています。

 

これに加えてグスタフ・マックスやガンガリディアの効果を発動した後に

このカードにランクアップさせるという事も可能です。

それらの効果を使ったとしても攻撃力6000で2回攻撃が可能であり

グスタフ・マックスならば2000のバーンダメージを与えた後に、

ガンガリディアならモンスター1体を破壊して1000ダメージを与えた後に

この攻撃力でぶん殴る事が可能です。暴力以外の何物でもないですね

状況に合わせて一番殺意が高い選択肢を選んでいきましょう。

 

 

ただ連続攻撃はあくまで相手モンスターがいる時にしかできないので

守備表示の壁モンスターがいる場合などはあえて①の効果を使わずに

このカードでモンスターを蹴散らした後に他のモンスターで

ダイレクトアタックするという選択肢も視野にいれておきましょう。

①の効果を使わずとも攻撃力は4000あり

相手モンスターを一掃するには十分な打点を持っています。

 

 

というわけでヒロインパックとも言うべき今回のデュエリストパックですが

アンナちゃんがZEXALのヒロイン枠を獲得する事になりました。

なんだかんだアンナってZEXALでもかなり新カードに恵まれてますよね。

個人的にはそろそろ幻蝶の刺客強化されないかなとも思っているところですが。

関連記事

遊戯王アークファイブ第129話『覇王の片鱗』感想

遊戯王ARC-V129話の感想です。 零王の精霊機巧軍に立ち向かう遊矢と零児。 そしてレ

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-南風のアウステル ブリザードと一緒に使う?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3よりこのカードです。  

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王カード考察:おろかな重葬(じゅうそう) そろそろ眷竜スターヴ許されなさそう

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

城塞クジラ、潜海奇襲(シー・ステルス・アタック):遊戯王カード考察  原作再現度かなり高い!

6月3日に「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-」が発売されます。 城之内がパッケー

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の霊堂

①や②の効果だけでも超有用!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよ

記事を読む

スリーバーストショット・ドラゴン:遊戯王カード考察  かなり戦闘向きな汎用LINK-3

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ここまでの効果量にしては珍しく攻守の上昇は永続するのね……。
    最悪10000/10000まで成長されるわけか。

  2. 匿名 より:

    リーべってどんな意味なのか分からなかったのですが、愛という意味だったんですね。
    確かにアンナらしい感じのイメージです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,869,018 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑