遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)27 弩級戦艦-ドレッドノイド グレートマグナス救済です

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

 

 

 

No.27 弩級戦艦-ドレッドノイド
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/機械族/攻2200/守1000
レベル4モンスター×2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘で
相手モンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。
ランク10以上の機械族Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねて
X召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除くことができる。

 

 

新たなるナンバーズとなる水属性機械族のランク4です。

27というナンバーズの数字にちなみ

わざわざ4月27日の2時7分に情報が航海されました。

砲門をこれでもかと搭載している白く輝く戦艦です。

名前の由来はイギリスの戦艦ドレッドノートからだと思われます。

1906年に誕生し当時極めて革新的な技術で作られたドレッドノートは

他の戦艦を圧倒、以後同じタイプの戦艦は弩級(ドレッドノート級)と呼称され

それ以前の戦艦を全て旧式にしてしまうほどの存在となりました。

12ポンド単装砲を27基搭載しておりこれがナンバーズの数字の由来なのかもしれません。

元々ドレッドノートとは「勇敢」「恐れ知らず」という意味の言葉でしたが

この戦艦があまりにも存在感を放ちすぎたせいでこの戦艦を表す言葉として定着、

もっぱら「すんごいでっかい」という意味として使われるようになりました。

ドレッドノートの事は知らないという人であっても

「超ド級」という言葉を聞いたことある人は結構いるんじゃないでしょうか。

この「超ド級」という言葉の由来になった存在こそドレッドノートであり

元はドレッドノートを越える規格の戦艦の呼称として使われました。

 

所でこのカードの名前はドレッドノイドなわけですが

ノイドって概ね人造人間とかそのあたりに使われる言葉ですよね。

もしかして人型に変形するんでしょうか?

 

 

レベル4モンスター×2体以上

エクシーズ素材はレベル4モンスターを最低2体指定しています。

以上なので3体でも4体でも素材に使ってよく、

このカードの場合①、②どちらの効果でも素材数が影響します。

最近増えましたよね、こういうファジーな素材数指定のエクシーズ。

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが戦闘で
相手モンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。
ランク10以上の機械族Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねて
X召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

相手モンスターを戦闘破壊したバトルフェイズ終了時に

ランク10以上の機械族エクシーズモンスター1体をこのカードの上に重ねて

エクシーズ召喚扱いで特殊召喚するランクアップ効果です。

こういったランクアップする効果を持つエクシーズはいくつかありますが

このカードの場合ランク4からランク10へとすんごいランクアップしてます。

このカードの攻撃力は2200と下級モンスターを倒せる程度にはあるので

相手の場にこのカードで倒せそうな獲物がいる時に出すか

もしくはリミッター解除などで攻撃力を補強するといいでしょう。

ランク4なので豪腕特急トロッコロッコ

H・C エクストラ・ソードを素材にして攻撃力を上げるのも手です。

 

 

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除くことができる。

②の効果はこのカードが戦闘破壊か効果破壊される場合に

オーバーレイユニット1つを身代わりに出来るというものです。

①の効果が戦闘破壊前提なのもあり

戦闘前に効果破壊されてしまうのをある程度防ぐ事が可能です。

また戦闘破壊も身代わりにできるので

このカードと同じ攻撃力のモンスター相手でも①の効果を狙いにいけます。

特に海亀壊獣ガメシエルを送り付けて戦闘破壊できるのはポイントです。

 

 

この効果でランクアップ出来るランク10以上の機械族エクシーズとしては

超量機神王グレート・マグナス

No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ

超巨大空中宮殿ガンガリディア

超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー

超弩級砲塔列車グスタフ・マックス

と中々多くの候補が存在します。

特に超量機神王グレート・マグナスは5体素材で出したこのカードから

ランクアップする事で素材6体の状態で出す事が可能であり

新マスタールールの影響で素材6体で出すのが難しかった中に

ようやく生まれてきた救済措置でもあります。

それ以外でも壁にしたいならスペリオル・ドーラ、

モンスター除去ならガンガリディア、

打点確保&魔法罠除去ならギャラクシー・デストロイヤー

バーンダメージ狙いならグスタフマックスと使い分ける事が可能です。

あとはこのカードと一緒にどれだけEXデッキに入れる事ができるかでしょう。

 

 

ランク4は激戦区な為にランクアップ先と合わせて採用する必要があるのは中々骨ですが

それでもランク10にランクアップ出来るというのはこのカードならではの強みです。

特に現在の新マスタールールにおいて素材6体のグレートマグナスを出すのは

このカードから狙うのが最も現実的だと思われる為、

グレートマグナスを活躍させたいデッキであれば是非とも採用したいカードです。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第5話『鳴動のスリーカウント』感想

遊戯王ヴレインズ5話の感想です。 ニコニコでも放送されるようになりましたね。 やっぱりコ

記事を読む

鎖付き真紅眼牙(くさりつきレッドアイズ・ファング):遊戯王カード考察 鎖付きシリーズにもなるレッドアイズマジ可能性の竜

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ドングルドングリ 特殊召喚すればトークン生成、手段は色々あります

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-コミック・リリーフ とうとう自分から台本壊しに行くのか・・・

本日6月9日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-の発売です。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブービートラップE

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ウィム・ウィッチ

ペンデュラムもアドバンス召喚する時代!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

遊戯王カード考察:夢幻崩界(デストロイメア)イヴリース リンク召喚の素材としても相手への嫌がらせとしても

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

2016年度遊戯王OCG検定終了、面白かった問題やwikiと裁定の違う問題に関して

4月25日から5月9日までの間、2016年度の遊戯王OCG検定が実施されていました。 28問全

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,953,266 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑