遊戯王カード考察:急き兎馬(せきとば) 新しいランク5素材候補、実はデメリットも有効活用できる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

急き兎馬
効果モンスター
星5/風属性/獣族/攻2000/守1800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:カードが存在しない縦列がある場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
②:このカードと同じ縦列に他のカードが置かれた場合に発動する。
このカードを破壊する。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このターン、このカードの元々の攻撃力は半分になり、直接攻撃できる。

 

 

風属性獣族のレベル5モンスターです。

 

赤い騎馬が猛ダッシュで草原を駆け抜けています。

その背中には可愛らしい兎の武将がおり

振り落とされないように涙を流しながらしがみついています。

名前の由来は三国志演義において最強の武将と名高い呂布奉先、

そしてその愛馬である赤兎馬です。

一日千里を走ると言われる稀代の名馬であり

呂布の死後も関羽の愛馬となっています。

つまり元ネタ的に考えればこの上に乗っかった兎は呂布か関羽なわけですが

とてもそうとは思えないヘタレっぷりです。

 

 

このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:カードが存在しない縦列がある場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに手札から攻撃表示で特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、フィールドのある縦列にカードが1枚もない場合、

その縦列に手札から攻撃表示で特殊召喚できるという自己展開効果です。

合計5つある縦列のうちどれか1列でも空いていれば特殊召喚可能であり

相手か自分がガン伏せでもしていない限り

1列も空いていないというケースは曹操ないでしょう。

 

 

②:このカードと同じ縦列に他のカードが置かれた場合に発動する。
このカードを破壊する。

②の効果はこのカードと同じ縦列に他のカードが置かれた場合に

このカードが破壊されるという自壊デメリットです。

相手からすればこのカードの目の前にセットするなり召喚するだけで破壊できるので

このデメリットにより相手ターンに生存する事は難しいでしょう。

またリビングデッドの呼び声など相手ターンに蘇生できるカードを使われると

このカードが簡単に破壊されてしまう為注意する必要があります。

他にもバトルフェーダーや砂塵の大竜巻なども天敵となります。

 

 

③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このターン、このカードの元々の攻撃力は半分になり、直接攻撃できる。

③の効果は1ターンに1度、そのターン自身の元々の攻撃力を半分にする事で

直接攻撃が可能になるというものです。

そのままでも1000のダメージを与えられる他、

獣族なので野生解放を使えば直接攻撃のダメージは2800になるので

状況次第では中々馬鹿に出来ないダメージを叩き出せます。

 

 

総合すると自壊デメリットこそあるものの

相当に緩い条件で特殊召喚できるレベル5モンスターとしての活躍が期待できます。

レベル5のモンスターはサイバー・ドラゴンや超量士レッドレイヤーを始めとして

「自分の場にモンスターがいない時に手札から特殊召喚できる」

という条件を持つカードが多いのですがこのカードは

それらのモンスターと一緒に手札から特殊召喚する事が容易であり

召喚権を使わずにレベル5を2体用意する事に適しています。

また③の攻撃力が半分になるというデメリットも

ダイナミスト・ブラキオンの発動条件を満たしやすくなる点ではメリットになります。

特に相手モンスターが1体しかいない時などはこのカードで直接攻撃した後に

No.61 ヴォルカザウルスに繋げる事で相手に与えるダメージを水増しできます。

これらの点からランク5のエクシーズ召喚を狙うデッキで活躍が期待できるでしょう。

 

 

また獣族であり②の効果で自壊した場合、

森の番人グリーン・バブーンの特殊召喚条件が満たせます。

手札から簡単に特殊召喚可能かつ何かしら魔法罠を伏せれば簡単に破壊できる為、

グリーン・バブーンを特殊召喚する為の要員として中々に優れています。

攻撃力半減もそうですがデメリットをただのデメリットで終わらせない面白いカードです。

関連記事

ライトロード・ドミニオン キュリオス:遊戯王カード考察 墓地肥やしにありがたい効果が満載

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

妖精伝姫(フェアリーテイル)-カグヤ:遊戯王カード考察

今度のフェアリーテイルは日本からだ!   今回紹介するのはマキシマム・クライシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ゴールド・ファング

脳筋型エンタメイトの新しいお供   今回紹介するのは8月1日に発売された

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第77話『破壊の美学』感想

遊戯王ARC-V77話の感想です。 2回戦第1試合は柊柚子VSセルゲイ・ヴォルコフ! 1

記事を読む

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量必殺アルファンボール

戦隊シリーズのお約束、完・全・再・現!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第104話『「D」の名を持つHERO』感想

遊戯王アークファイブ104話の感想です。 ついに融合次元において榊遊勝と再開した柊柚子。

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    >曹操ないでしょう。
    これはうまい。馬だけに

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,073,916 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑