彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

公開日: : 最終更新日:2017/10/21 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

 

 

 

彼岸の黒天使 ケルビーニ
リンク・効果モンスター
闇属性/天使族/攻 500/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

レベル3モンスター2体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。
②:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。
③:デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。

 

 

彼岸の新しい仲間となるLINK-2リンクモンスターです。

 

頭部以外にも両肩と腹部に計4つの顔を持つ真っ黒な天使です。

黒きケルビーニとはダンテの神曲に登場する地獄の使者であり

マレブランケ(神曲のメインデッキのモンスター達)よりも格上の存在と言われる

悪しき天使です。

全身が黒く悪人の魂を地獄の裁判長ミノスの所まで連れていくと言われています。

 

 

【リンクマーカー:左下 右下】
レベル3モンスター2体

リンク素材としてレベル3モンスター2体を要求しています。

基本的にランク3のエクシーズ召喚と同じ要領で素材を揃える事が可能です。

それに加えてエクシーズと違いフィールドから直接墓地へ送る事が出来る為、

クリッターや魔犬オルトロス、XX-セイバー ダークソウルなどの

フィールドから墓地へ送られた場合の効果を発動できるのがポイントです。

これらのカードを魔界発現世行きデスガイドやクレーンクレーンなどで特殊召喚し

繰り返しリンク召喚を狙うだけでもアドバンテージを稼ぐことができるでしょう。

リンクマーカーは左下と右下というEXモンスターゾーンに置いておくことで

EXモンスターゾーンの枠を確保してくれる実にありがたいマーカーの向きです。

 

 

①:このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。

①の効果このカードのリンク先に効果破壊耐性を付与するというものです。

彼岸にとっては他のモンスターがいる事による自壊効果を防いでくれる意味があり

彼岸以外のモンスターとの併用をしやすくしてくれます。

彼岸以外のモンスターでも耐性付与は重宝するでしょう。

 

 

②:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。

②の効果はこのカードが相手による効果破壊、または戦闘破壊される場合に

他の自分フィールドのカードを身代わりとして墓地へ送る事ができるというものです。

各種彼岸などを身代わりにする事で墓地に送られた際の効果を発動可能であり

そういったカードを身代わりにできれば損失を軽減する事が可能です。

ただこのカード自体の攻撃力は500と低く、

迂闊にフィールドに残してしまうとサンドバッグにされる危険性もある為

状況を見てこの効果を発揮せずに素直に戦闘破壊される判断も必要です。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、
フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。

③の効果は1ターンに1度、デッキからレベル3モンスター1体を墓地に送る事で

フィールドの彼岸1体の攻撃力守備力をそのターンの間だけ

墓地へ送ったモンスターの数値分アップさせる強化&墓地肥やし効果です。

各種彼岸のステータス強化として貢献できる上に自分にも使用可能な事から

このカード単独でもレベル3専用の墓地肥やしカードとして運用する事が可能です。

ダンディライオンを墓地へ落とせばそのままトークン2体を生成可能であり

LINK-4のリンク召喚へ繋げる事も可能です。

なおこのカードで墓地に送れるレベル3として最高攻撃力なのは

フォトン・サーベルタイガーやアーマード・フライなどの攻撃力2000で

彼岸の中では彼岸の悪鬼 バルバリッチャの1700が最高となります。

攻撃力1600の彼岸の悪鬼 ガトルホッグでも十分な上昇値が見込めるでしょう。

 

 

①、②、③すべての効果が彼岸にとって有用な効果を持っています。

そして何よりもこのカード自身が彼岸の名を冠している事が

【彼岸】にとってありがたい存在だと言えるでしょう。

彼岸は他のモンスターと一緒にいると自壊してしまう特性故に

リンク召喚とのかみ合わせが非常に悪かったテーマですがこのカードの登場により

①の効果と合わせようやく彼岸もリンク召喚の恩恵を得られるようになりました。

 

 

また③の効果は自身にも適用できる上にそれ以外の効果や召喚条件も

特に彼岸を指定しているものはありません。

エクストラデッキからの枠を確保しつつ③の効果で墓地を肥やすカードとして

レベル3がメインのデッキ全般で重宝するカードとなるでしょう。

特にデスガイドとの相性が非常にいいカードであり

これでますますデスガイドは制限から帰ってこれなくなりました

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第13話『激闘の記録』感想

遊戯王ヴレインズ第13話の感想です。 激闘の末見事リボルバーとのデュエルに打ち勝ったプレイメー

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使する財前晃に苦戦するプレイメーカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第63話『捕獲者の王「ゴヨウ・キング」』感想

遊戯王ARC-V63話の感想です。 前回黒咲が「貴様、丸腰で逃げる気か?」と言って渡すものが

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械融合(アンティーク・ギアフュージョン) 古代の機械超巨人出すなら是非

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

六武衆の影忍術(ろくぶしゅうのかげにんじゅつ):遊戯王カード考察 展開手段でもあり再利用手段でもある

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・ペンギン

ファーニマルの新たなエンジン!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

遊戯王カード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ミストクロウズ

除外されたファントムナイツを再利用!   今回紹介するのはディメンション・ボッ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・ホワイトハット 戦闘補助にぴったりでしかも出しやすい

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018) よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)考察:第1話時点での謎とその予測について、サイバース世界は危険?

遊戯王VRAINS、いよいよ放送開始しました。 ディエルこそありませんでしたがその分世界観の紹

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,865,704 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑