パーシアスの神域(しんいき):遊戯王カード考察 3つとも全部有用だやばい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。

 

 

 

パーシアスの神域
永続魔法
①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「天空の聖域」として扱う。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は300アップし、
フィールドにセットされた魔法・罠カードは効果の対象にならず、効果では破壊されない。
③:1ターンに1度、自分の墓地の天使族モンスター及びカウンター罠カードの中から、
合計3枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを好きな順番でデッキの上に戻す。

 

 

エンジェル・パーミッション用の永続魔法です。

 

天空の聖域にある神殿で天空聖騎士アークパーシアスがめっちゃ光ってます。

 

 

 

①の効果はフィールドか墓地に存在する間

カード名を「天空の聖域」として扱う名前変更効果です。

マスター・ヒュペリオンや天空賢者ミネルヴァ、神罰など

天空の聖域がフィールドに存在する事で真価を発揮するカードは多く、

それらを活用する上で大いに重宝します。

特にこのカードはよりエンジェル・パーミッション向きの効果が多く

カウンター罠を活用したい場合には元の天空の聖域より優先度が上がります。

ただ通常の天空の聖域と違い天空の使者 ゼラディアスでサーチできない点には注意です。

 

 

②の効果はこのカードがフィールドに存在している間

天使族モンスターの攻撃力と守備力を300上昇させ

さらにフィールドにセットされた魔法罠に対象耐性と効果破壊耐性を付与するというものです。

特に後半の耐性付与が強烈でこのカード自体が除去される可能性はあるものの

それでもハーピィの羽箒などを気にせず魔法罠をガン伏せ出来る点は大きいです。

また300というステータス増加も控えめながらもエンジェル・パーミッションにはありがたく

「戦闘破壊で突破される」というケースの軽減に役立つ確かなものです。

特に神光の宣告者の守備力が3100に到達するのは見逃せないポイントです。

ただしどちらも相手に対しても恩恵がある点には注意が必要です。

このカードを利用するのであればサイクロンなどの魔法罠除去は見送った方が得策でしょう。

 

 

③の効果は1ターンに1度、自分の墓地から天使族とカウンター罠を1種類ずつ3枚まで選び

それを好きな順番でデッキの上に戻せるというものです。

モンスターとカウンター罠の両方がいて真価を発揮するエンジェル・パーミッションにとって

ある程度引くカードを調整できるのは事故率の軽減に重宝します。

特に任意のカウンター罠を戻せるのは大きく状況に応じて適切なカードを引っ張ってこれる上に

神の宣告や神の警告など制限カードを繰り返し使用できる点は魅力的です。

その他にも大天使クリスティアを出す為に墓地の天使族の枚数を調整したり

光神テテュスで連続ドローを狙うといった使い方も可能です。

 

 

ねえこれやばくない?

①は天空の聖域を必要とするモンスターのサポートとして、

②はモンスターとカウンター罠両方の場持ちを高めるサポートとして

③は強力なカウンター罠の再利用や事故率の軽減として

どれも【エンジェル・パーミッション】にとってありがたい効果となっています。

手札事故や伏せカードを一掃されてしまうといった

エンジェル・パーミッションにとっての負け筋を減らしてくれるカードであり

単純なアドバンテージにこそ繋がらないものの強烈にサポートしてくれる1枚です。

 

 

エンジェル・パーミッションの他には光天使にもオススメです。

③の効果が光天使スローネと非常に相性がよくデッキトップを操作する事で

スローネが持つ特殊召喚&ドロー効果を安定して狙う事が可能です。

毎ターン墓地の光天使をデッキに戻せるので持続力の向上にも繋がります。

②の効果も光天使にとって無駄にはなりませんし

いっその事カウンター罠を複数採用してもいいでしょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-驟雨のライキリ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:裏風(うらかぜ)の精霊

まだリバースモンスターは終わらない!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王エイプリルフール企画、なんか集英社が海馬コーポレーションに乗っ取られてた

4月1日、エイプリルフールですね。 嘘をついていい日という事で日本の企業はやたらとこの日が大好

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第104話『「D」の名を持つHERO』感想

遊戯王アークファイブ104話の感想です。 ついに融合次元において榊遊勝と再開した柊柚子。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:水舞台装置(アクアリウム・セット)

今回紹介するのはデュエリストパック決闘都市編からこのカードです。   水舞台装

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械蘇生(アンティーク・ギアリボーン)

何度もアンティーク・ギアの蘇生を狙える!   今回紹介するのはレイジング・テン

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

結構サーチできるカード多いです   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:濡れ衣

ブレイカーズ・オブ・シャドウのフラゲ情報も出ているみたいですね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,628,802 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑