PR
スポンサーリンク

《罪宝の咎人(ざいほうのとがびと)》遊戯王OCGカード考察 ディアベルスター用の新たな妨害手段にして戦闘補助!

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月27日発売の

RAGE OF THE ABYSS(レイジ・オブ・アビス)よりこのカードです。

 

 

 

 

カード説明

罪宝の咎人(ざいほうのとがびと)
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ディアベルスター」モンスターカードが存在し、
相手がデッキ・EXデッキモンスターを特殊召喚した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
②:自分の「ディアベルスター」モンスターが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。

wiki

 

【ディアベルスター】用の通常罠です。

 

ディアベルスターがルシエラとシルウィア、2つの罪宝を用いて

告死聖徒ルシエラーゴ背信聖徒シルヴィアを討伐しています。

しかしその表情は仮面に隠れており、少なくとも喜んでいる様子は一切感じられません。

ルシエラーゴもシルヴィアも恐らくかつての姉的存在が変貌してしまった姿であり

それを自分の手で討たなければならない彼女の心境を推しはかる事はできないでしょう。

果たしてカード名の「咎人」はこの場合誰を指しているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

デッキやエクストラデッキからモンスターが出てきたらデッキバウンス

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「ディアベルスター」モンスターカードが存在し、
相手がデッキ・EXデッキモンスターを特殊召喚した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場に「ディアベルスター」と名の付くモンスターがいる状態で

相手がデッキやエクストラデッキから特殊召喚した場合に

相手モンスター1体をデッキに戻せます。

発動条件が指定されているものの、どちらも行わないというデッキはまずないと思われるので

基本的に腐らせずに発動はできるでしょう。

 

ちなみに発動条件となるディアベルスターは魔法罠ゾーンにあってもOKです。

その為《蛇眼の大炎魔》が永続魔法扱いの場合でも発動に問題はありません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の「ディアベルスター」モンスターが相手モンスターと戦闘を行う
ダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、墓地のこのカードを除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。

②の効果は1ターンに1度、

自分のディアベルスターがモンスターと戦闘するダメージステップ開始からダメージ計算前までの間に

墓地にあるこのカードを除外する事で相手モンスターの攻撃力を1ターンの間半減できます。

攻撃力2500の《黒魔女ディアベルスター》の場合、5000打点までは戦闘破壊可能となり

戦闘補助として大に役立ちます。

公開情報となる為、相手の攻撃に合わせてのコンバットトリックとしては使いづらいものの

攻撃の抑止にはなりディアベルスターの場持ち性能の向上に貢献してくれるでしょう。

 

 

《裏切りの罪宝-シルウィア》、《死の罪宝-ルシエラ》に並ぶ

ディアベルスター用の新たな妨害カードです。

これら2つと違い、発動条件はちょっと限定されてはいるものの

それでもノーコストのデッキバウンスは優秀であり

②の効果により墓地へ送られた後も戦闘補助として仕事をこなせます。

永続魔法状態となっている《蛇眼の大炎魔》でも発動条件を満たせるので

【スネークアイ】の方でもサポートカードとして利用しやすいでしょう。

 

 

ルシエラーゴもシルヴィアも出て来たばっかりなんですけど

討伐されるの早くない?

コメント