PR
スポンサーリンク

《浮上するビッグ・ジョーズ》遊戯王OCGカード考察 とうとう「シャーク」がカテゴリ指定に

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月27日発売の

RAGE OF THE ABYSS(レイジ・オブ・アビス)よりこのカードです。

 

カード説明

浮上するビッグ・ジョーズ
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1800/守 300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:魔法カードが発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから魚族の「シャーク」モンスター1体を手札に加える。
③:このカードを水属性モンスターのX召喚に使用する場合、
このカードのレベルを3か5として扱う事ができる。

wiki

 

水属性魚族のレベル4モンスターです。

ビッグ・ジョーズのリメイクモンスターとなります。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

渦を作るように勢いよく跳ね上がっているような何時に躍動感ある構図になっています。

今まさに飛び上がって襲い掛かろうとしている感じですね。

 

スポンサーリンク

 

魔法カードが発動していれば手札から特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:魔法カードが発動したターンの自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

①の効果は1ターンに1度、そのターン中に魔法カードが発動していれば

自身を手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

ある程度魔法カードを積極的に扱うデッキであれば発動条件を満たすのは容易でしょう。

魔法カードであればなんでもいいので

《成金ゴブリン》や《チキンレース》などを採用していればより条件を満たしやすくなります。

 

制約として効果を発動したターンは

エクストラデッキからはエクシーズしか出せなくなります。

エクシーズ召喚メインのデッキで出すのが基本になってくるでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから魚族の「シャーク」モンスター1体を手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚する場合に

「シャーク」と名の付く魚族1体をサーチできます。

ドレイク・シャーク》や《アビス・シャーク》をサーチする事でそのまま特殊召喚でき、

このカードと合わせてエクシーズ召喚へ繋げていく事が可能です。

召喚権が余っているのであれば《カッター・シャーク》あたりをサーチして召喚し、

更なる展開へ繋げるのもいいでしょう。

 

③:このカードを水属性モンスターのX召喚に使用する場合、
このカードのレベルを3か5として扱う事ができる。

③の効果は水属性エクシーズのエクシーズ素材として利用する場合、

レベル3やレベル5としても扱えます。

状況に合わせた柔軟なエクシーズ召喚が可能であり

《アビス・シャーク》あたりと合わせればランク5エクシーズが容易に狙えます。

 

どうせなら魔法カードは多めに

総じて容易な条件で特殊召喚でき、サーチも行えるというシンプルに優秀なカードです。

制約の方も《クリスタル・シャーク》と共通しており

シャークデッキであれば許容できる代物となっています。

魔法カードがない場合は特殊召喚ができなくなりますが

それでも通常召喚からのサーチは可能であり

前述の通り《アビス・シャーク》などはサーチしてそのまま特殊召喚もできるので

最低限の展開は行えます。

 

ただそれでも有効活用しようと思ったら魔法カードは意識して多めに採用しておくのがいいでしょう。

シャークデッキであれば《サルベージ》は使いやすいですし

一緒に収録される《アクア・ジェット・サーフェス》なども積極的に採用していいでしょう。

 

 

とうという「シャーク」を名指しで指定するカードが来ました。

今までかたくなしてこなかったので拘りがあるのかと思ってましたが

別にそんな事なかったみたいですね。

 

コメント