PR
スポンサーリンク

《Em(エンタメイジ)ファイヤー・ダンサー》遊戯王OCGカード考察 シンプルに使いやすいサーチ要員!

スポンサーリンク

今回紹介するのは6月22日発売の

ANIMATION CHRONICLE 2024(アニメーションクロニクル2024)」よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

Emファイヤー・ダンサー(エンタメイジ ファイヤー・ダンサー)
ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1400/守1200
【Pスケール:青6/赤6】
①:1ターンに1度、自分フィールドの「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
【モンスター効果】
このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「Emファイヤー・ダンサー」以外の「Em」モンスター1体を手札に加える。
②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は500ダウンする。

wiki

 

【エンタメイジ】の新規となる炎属性レベル4の魔法使い族ペンデュラムモンスターです。

遊戯王ARC-Vにおいてデニス・マックフィールドが使用し

Emウォーター・ダンサーと共にペンデュラムゾーンにおかれ

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚に繋げた後にEmトラピーズ・マジシャンに貫通効果を付与しました。

アニメでは弱体化効果は戦闘破壊された時限定でしたがOCG化に伴い効果破壊にも対応するようになり

また新たに効果も追加されています。

 

両手に大きなリングを持った赤い衣装の女道化師です。

ダンサーというだけあって全体的にひらひらが多い装飾になっており

サーカスにおける火の輪くぐりがモチーフとなっているモンスターと思われます。

 

スポンサーリンク

 

場に出せば他のエンタメイジをサーチ

【Pスケール:青6/赤6】
①:1ターンに1度、自分フィールドの「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

自分の場のエンタメイジに貫通効果を付与します。

Emウォーター・ダンサー》のペンデュラム効果と組み合わせて活きる効果であり

あちらで守備表示にしつつこちらで貫通ダメージを与えるという動きが狙えます。

 

また対象に取る効果である為、

対象に取られる事で発動できる《Em影絵師シャドー・メイカー》のトリガーとしても機能します。

 

このカード名の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「Emファイヤー・ダンサー」以外の「Em」モンスター1体を手札に加える。

モンスター効果の①は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

同名カード以外のエンタメイジをサーチできます。

シンプルに使いやすいサーチであり

《Emウォーター・ダンサー》や《Emウィンド・サッカー》をサーチする事で

そのまま特殊召喚してランク4のエクシーズ召喚へと繋げられます。

サーチしたエンタメイジペンデュラムをペンデュラムゾーンにセッティングして

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚に繋げるのもいいでしょう。

 

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は500ダウンする。

②の効果は戦闘破壊か効果破壊された場合に

場のモンスター1体の攻撃力を500ダウンさせます。

弱体化数値としてはそこまで高いものではないですが

Emトラピーズ・マジシャン》が丁度3000打点と相打ちを狙えるようになります。

あえて《Em影絵師シャドーメイカー》に発動して

あちらの効果発動のトリガーに繋げる手もあります。

とはいえ基本的には能動的にこのカードを破壊するよりは

壁として戦闘破壊された時に、ぐらいの運用になるでしょう。

 

エンタメイジ版ドクロバット・ジョーカーといった感じのカードであり

とにかく場に出すだけでサーチが出来る使いやすさを誇ります。

前述の通り《Emウィンド・サッカー》あたりをサーチすればそのままランク4エクシーズに繋げられますし

ペンデュラム召喚のスケール要員としてもペンデュラムをサーチしてセッティングしてもいいし

自身をそのままセッティングしてもいいと融通が利きます。

 

 

 

今回の新規やヒグルミの禁止解除により

エンタメイジのペンデュラムが充実した形になっており

「エクシーズ召喚がメインのペンデュラムテーマ」として

個性が出て来た感じですね。

コメント