PR
スポンサーリンク

《Em(エンタメイジ)カップ・トリッカー》遊戯王OCGカード考察 シャドー・メイカーの効果発動をとっても助けます

スポンサーリンク

今回紹介するのは7月13日発売の

ストラクチャーデッキ バース・オブ・ヒーロー よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

Emカップ・トリッカー(エンタメイジ カップ・トリッカー)
ペンデュラム・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1200/守1400
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名の①②のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「Em」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターのX素材とする。
②:自分のEXデッキにカードが加わった場合に発動できる。
自分のEXデッキ(表側)から「Em」Pモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのX素材を1つ取り除き、このカードを特殊召喚する。
その後、フィールドのXモンスター1体の攻撃力は600ダウンする。
②:X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
自分フィールドのXモンスター2体を対象として発動できる。
その内の1体のX素材1つを、もう1体のX素材とする。

wiki

 

【エンタメイジ】の新規となる光属性魔法使い族のレベル5モンスターです。

遊戯王ARC-Vにおいてデニス・マックフィールドが使用し

相手のRR-デビル・イーグルのオーバーレイユニットを奪う形で特殊召喚した後に

Em影絵師シャドー・メイカーのエクシーズ素材となり、

さらに特殊召喚された別のシャドー・メイカーにオーバーレイユニットを写す役割をこなしました。

OCG化に伴いペンデュラム効果の対象がエンタメイジ限定されましたが

追加のペンデュラム効果を獲得している形となっています。

 

三段重ねのカップを帽子のように被り、両手にもカップを持った昆虫のようなモンスターです。

カップに入れたボールを消したりすり抜けさしたりといった

カップマジックをモチーフとしたモンスターである事が伺えます。

 

スポンサーリンク

 

【Pスケール:青1/赤1】
このカード名の①②のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「Em」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターのX素材とする。

ペンデュラム効果の①は1ターンに1度、

自身を自分の場のエンタメイジエクシーズ1体のオーバーレイユニットにできます。

《Em影絵師シャドー・メイカー》はエクストラデッキから直接特殊召喚する場合、

オーバーレイユニットを持ちませんがこの効果によって付与する事が可能であり

また②の効果を発動する為のトリガーとしても機能します。

ペンデュラムゾーンのこのカードをどかしたい場合にも活用ができるでしょう。

 

このカード名の①②のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分のEXデッキにカードが加わった場合に発動できる。
自分のEXデッキ(表側)から「Em」Pモンスター1体を手札に加える。

ペンデュラム効果の②は1ターンに1度、

エクストラデッキにカードが加わった場合に

エクストラデッキに表側であるエンタメイジペンデュラムを手札に回収できます。

【エンタメイジ】はエクシーズ召喚が主体のデッキですが

《Emトラピーズ・フォース・ウィッチ》の融合素材にするなどで

エクストラデッキにペンデュラムを送り込むことができ、

そのまま素材にしたペンデュラムを手札に回収できます。

 

このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのX素材を1つ取り除き、このカードを特殊召喚する。
その後、フィールドのXモンスター1体の攻撃力は600ダウンする。

モンスター効果の①は1ターンに1度、

場のエクシーズ1体のオーバーレイユニットを1つ取り除く事で自身を特殊召喚、

その後場のエクシーズ1体の攻撃力を600ダウンさせます。

基本的には自分のエクシーズのオーバーレイユニットと攻撃力を引き換えに特殊召喚する形になりますが

相手の場にエクシーズがいればそちらのオーバーレイユニットの攻撃力を奪う形で特殊召喚する事もできます。

オーバーレイユニットは減ってしまうものの

こちらも対象に取られる必要がある《Em影絵師シャドー・メイカー》のトリガーに活用する事もできます。

 

 

このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:X素材のこのカードがXモンスターの効果を発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
自分フィールドのXモンスター2体を対象として発動できる。
その内の1体のX素材1つを、もう1体のX素材とする。

モンスター効果の②は1ターンに1度、

オーバーレイユニットになっているこのカードが効果発動の為に墓地へ送られた場合に、

自分の場のエクシーズモンスター2体を選択、

片方のオーバーレイユニットをもう片方に移し替える事ができます。

①のモンスター効果同様に《Em影絵師シャドー・メイカー》効果発動トリガーになりますし

あちらの③の効果の条件であるオーバーレイユニットが全部なくなった場合の効果発動の為、

素材の数を調整する用途にも活用できます。

 

 

全体的にシャドー・メイカーとのシナジーを考えられているカードであり

何かとオーバーレイユニットの数の調整があちらの効果をより使いやすくでき

このカードだけで対象に取るという条件も複数回満たす事が可能です。

オーバーレイユニットの数を調整できる点は他にも

《Emトラピーズ・ハイ・マジシャン》に素材を譲渡する事で

バーンダメージを相手に押し付ける事ができる回数を増やす役割も担えます。

 

 

今回登場したメインデッキのエンタメイジは全てペンデュラムであり

ヒグルミがエラッタ付きで釈放される事を考えても

【エンタメイジ】のペンデュラムテーマ化が促進されていますね。

コメント