PR
スポンサーリンク

遊戯王カードゲーム25周年特別映像「Yu-Gi-Oh! CARD GAME THE CHRONICLES」公開!

スポンサーリンク

2月3日に遊戯王カードゲーム25周年を記念した特別映像である

「Yu-Gi-Oh! CARD GAME THE CHRONICLES」が公開されました。

 

 

 

 

まず遊戯王シリーズにおける顔とも言えるブラック・マジシャンと

ブラック・マジシャン・ガールの師弟が登場。

 

そしてこちらも遊戯王の象徴とも言える青眼の白龍、

それに続くように真紅眼の黒竜が登場してきます。

令和の時代にこの4体のモンスターがグイグイ動く最新のアニメーションが流れてくるのは

まさに特別映像のトップバッターを飾るに相応しいですね。

 

 

「青き眼の乙女と蒼眼の銀龍(Maiden with Eyes of blue and Azure-Eyes Silver Dragon)」

次に現れるのは祈りを捧げる青き眼の乙女と

それに呼応するように現れる蒼眼の銀龍です。

空から差し込む光がとても美しいですね。

 

 

「精霊術の使い手たち(The Spirit Charmers)」

続いては霊使いたち、

ヒータ、エリア、アウス、ウィンのそれぞれが魔法を使った後に

力を合わせて「大霊術-「一輪」」を詠唱しています。

 

ちゃんとダルクとライナも忘れられておらず

月夜に佇むダルクと日が昇る草原で走るライナがいい感じで対比になっています。

 

第三の氷龍トリシューラ封印解放(The Third Ice Dragon,Trishula Unleashed)

氷結界たちがトリシューラが封印されている氷結界の晶壁を解除して目覚めさせようとしています。

ストーリー的には封印から解き放たれたトリシューラが全てを破壊する形となるので

何か悲哀を感じさせる映像ですね。

 

わくわく森のメルフィーズ(Melffys of the Joyous Forest)

そんな悲哀を感じさせる氷結界とはうってかわってのどかそのものなメルフィー。

BGMも一気にのんきな代物になっています。

美味しそうにリンゴを食べるメルフィー・ラビィのドアップが映った直後に

 

神をも殺す最終兵器、天霆號アーゼウス(The divine Arsenal AA-ZEUS-Sky Thunder)

いきなりアーゼウスのドアップが写されます。

おい公式ぃ!この流れ絶対意図的だろぉ!?

メルフィー→アーゼウスと完全にわくわくアーゼウスのノリで繋げてきました。

しかし映像の方はド派手そのものであり縦横無尽に動き回りながら

厄災の星ティ・フォンと激戦を繰り広げています。

もういつでもロボットアニメやれる動きっぷりです。

最後には大技を繰り広げようとしているアーゼウスの動きも見られ

今まで謎に満ちていた2体の武装が垣間見える感じですね。

 

真六武衆見参!(The Legendary Six Samurai!)

続いて出てくる真六武衆もそれぞれが派手に動き回り豪快な殺陣もあり見ごたえ抜群です。

特にキザンが刀をギリギリで躱す所なんかはすごい丁寧に書き込まれています。

 

Live☆TwinはEvil★Twin?(Live☆Twin is… Evil☆Twin?)

これまた一気に雰囲気が緩くなってLIVE☆Twinの双子が登場。

仲良く雑談トークのライブ放送をしている所で何やら情報が入り・・・

 

怪盗として警察官相手に大立ち回りを演じます。

変身シーンのように翼が生えてくる場面が実に凝っています。

というかやっぱりこの2人、パンティ&ストッキング強く意識してますよね?

 

アルバスの落胤(Fallen of Albaz)

そしてOCGでも高いストーリー性を誇る烙印が登場。

空から灰燼竜バスタードが襲来してきており

まさにエクレシアとアルバスの出会いの場面を表現しています。

最初は敵同士といった感じで出会う2人の様子であり

睨みつけるようなアルバスの表情がなんとも言えませんね。

 

王宮の魔神 エクゾディア(”Exodia” the Guardian God of the Palace)

ここからは1枚絵に近い感じで短い映像が続きます。

まずエクゾード・フレイムを放とうとしているエクゾディアの姿が。

四月に登場する新しいパックである「インフィニット・フォビドゥン」に

新しいエクゾディアが登場してくるのでそちらの宣伝も兼ねているのでしょうね。

 

幾星霜の輝き ヴィサス(”Visas” the Glimmers through stars and Frost)

優し気な表情と共に手を伸ばすヴィサスの姿。

結局ヴィサス関連のストーリーってまだ続いたりするのでしょうか。

 

燃え上がる大海 炎王vs海皇(”Fire Kings” vs “Atlanteans” the up in Flames)

炎王神獣 ガルドニクスと海皇龍 ポセイドラが対峙しています。

この2つのテーマの強い因縁を感じさせる構図ですね。

 

呪いに抗う魔女 ディアベルスター(”Diabellstar” the Curse Defying Witch)

すやすやとおやすみしている黒魔女ディアベルスターの姿、

毛布をかけようとしている罪宝たちがなんとも健気で可愛らしいですね。

「呪いに抗う」という部分がちょっと気になる所であり

彼女が罪宝を探し求めている理由がここにあるのかもしれませんね。

 

超常の災禍 征竜(”Dragon Rulers” the Paranormal Calamitv)

レドックス、ブラスター、タイダル、テンペストと4体の征竜が揃い踏みです。

マスターデュエルの方では全員解禁された事もあって絶好調ですね。

それぞれが暴れまわる様子はまさに「災禍」と呼ぶにふさわしいでしょう。

 

大いなる魔導 マギストス(”Magistus” the Great Sorcery)

クロウリー、エンディミオン、サンドリヨン、そしてゾロアと

4人のマギストスが集結しています。

漫画で新しく物語が展開されるテーマでありどんなストーリーか気になる所です。

 

幸せの多重奏 ドレミコード(”Solfachord” the Ensemble of Happiness)

特別映像のトリを飾るのはドレミコード。

キューティアをメインとしつつ各種ドレミコード達が妖精も交えて集結しています。

 

キューティアを指揮者として他のドレミコード達の紹介をしつつ

 

最後に皆でお辞儀をして特別映像は〆・・・と思いきや

 

 

最後に閃刀姫レイと閃刀姫ロゼが対峙する様子が描かれて本当の特別映像の終わりです。

ゲーム制作で培った映像技術をアニメーションに注ぎ込む事を目指す社内スタジオ、

「KONAMI animation」の発表を同時にしており

閃刀姫に関してはまた追加で何か映像を作る予定なのかもしれませんね。

 

 

とにかく凄まじいクオリティの続く特別映像でした。

個人的には特にアーゼウスがお気に入りで本当にアニメ化に期待したい所ですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    素晴らしい映像の数々でしたね!
    1日中遊戯王に囲まれ、まさに「伝説の日」でしたw
    遊戯王オタとして夢のような時間で改めて遊戯王愛を感じることができました(╹◡╹)

    KONAMIアニメーション設立ということでOCGのアニメ化にも期待です!