PR
スポンサーリンク

《冥骸府-メメントラン》遊戯王OCGカード考察 展開も助けてくれるし毎ターン妨害手段も確保できる

スポンサーリンク

今回紹介するのは8月26日発売の

デッキビルドパック ヴァリアント・スマッシャーズよりこのカードです。

 

カード説明

冥骸府-メメントラン(めいがいふ メメントラン)
フィールド魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の「メメント」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
②:自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
その内の1体を対象として発動できる。
そのモンスターよりレベルが低い「メメント」モンスター1体を自分の手札・墓地から特殊召喚する。
③:自分エンドフェイズに、自分の墓地の「メメント」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

wiki

 

【メメント】用のフィールド魔法です。

 

冥骸合竜-メメントラル・テクトリカを象ったと思われる像が祭られています。

周囲には結晶の生えた骨が無数に存在しています。

供物として捧げられたものか逆にこの像から加護として受け取るのかどちらなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

エンドフェイズに魔法罠をセット

①:自分の「メメント」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

①の効果はメメントが戦闘を行うダメージステップの間、

相手は魔法罠の発動をできなくなるというものです。

特に攻撃力5000の冥骸合竜-メメントラル・テクトリカが攻撃する際に効果的で

攻撃反応系の罠などの発動を封じる事ができます。

モンスター効果は封じる事ができないので

戦闘破壊時に発動する効果などは許してしまう点には注意です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
その内の1体を対象として発動できる。
そのモンスターよりレベルが低い「メメント」モンスター1体を自分の手札・墓地から特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分のモンスターが戦闘破壊や効果破壊された場合に

そのうち1体を選択しそれよりレベルが低いメメントを

手札や墓地から特殊召喚できるというものです。

【メメント】は自分モンスターを積極的に破壊して効果を発動してくので

能動的に効果を発動していけます。

相手ターンにも戦闘破壊された際などのフォローとして活用していけます。

 

 

③:自分エンドフェイズに、自分の墓地の「メメント」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

③の効果は自分エンドフェイズに、墓地のメメント魔法罠をセットできるというものです。

特にフリーチェーンの除去として使えるメメント・フラクチャー・ダンスをセットする事で

相手ターンに備える事が可能です。

冥骸合竜-メメントラル・テクトリカがいる場合には

メメント・クレニアム・バーストをセットするのもいいでしょう。

 

 

特に③の効果が優秀で墓地にメメント・フラクチャー・ダンスを用意してさえいれば

毎ターン妨害手段を構えていける形となります。

②の効果も発動機会が多く場に維持できれば

継続的にアドバンテージを稼いでいく事が可能です。

それだけに相手もこのカードの除去を積極的に行ってくる可能性が高いでしょう。

除去されても間髪いれずに張り直せるように

メメント・メイスなどで優先的にサーチしていきたい所です。

 

 

いかにも禍々しい邪教って感じがするイラストですが

メメント達、割と楽しそうにしていますし

意外とアットホームな邪教なのかもしれません。

コメント