PR
スポンサーリンク

《レボリューション・シンクロン》遊戯王OCGカード考察 グローアップ・バルブとマイクロ・コーダーを足して2で割ってない奴

スポンサーリンク

今回紹介するのは4月22日発売の

DUELIST NEXUS(デュエリスト・ネクサス)よりこのカードです。

 

カード説明

レボリューション・シンクロン
チューナー・効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 900/守1400
このカード名の、①の効果は1ターンに1度しか使用できず、
②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族SモンスターをS召喚する場合、
手札のこのカードもS素材にできる。
②:このカードが墓地に存在し、
自分フィールドにレベル7以上のSモンスターが存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルは1になる。

wiki

 

シンクロンの新規となる地属性機械族のレベル3チューナーです。

 

パワーツール・ドラゴンをデフォルメしたような姿をしています。

スターダスト・ドラゴンをデフォルメした感じのスターダスト・シンクロンがいますし

それのパワーツール版といった感じですね。

 

名前はライフストリーム・ドラゴンの召喚口上である

「勇気と力がレボリューション」からでしょう。

 

手札からシンクロ素材に

このカード名の、①の効果は1ターンに1度しか使用できず、
②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族SモンスターをS召喚する場合、
手札のこのカードもS素材にできる。

①の効果は1ターンに1度、

パワー・ツールシンクロかレベル7、レベル8のドラゴン族シンクロのシンクロ素材にする場合、

手札から直接シンクロ素材になれるというものです。

マイクロ・コーダーなどが持っている手札からリンク素材になれる効果のシンクロ版とも言える効果であり

このカードはレベル3なのでレベル4やレベル5を場に出す事ができれば

そのままレベル7、レベル8のドラゴン族シンクロへと繋げられます。

 

このカード名の、①の効果は1ターンに1度しか使用できず、
②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在し、
自分フィールドにレベル7以上のSモンスターが存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルは1になる。
②の効果はデュエル中に1度だけ、
自分の場にレベル7以上のシンクロが存在する場合にデッキトップを墓地へ送る事で
墓地からこのカードをレベル1扱いで特殊召喚するというものです。
デュエル中に1度という制約も含めてグローアップ・バルブに近い効果ですが
あちらと違い発動にはレベル7以上のシンクロを要求します。
とはいえこの条件は①の効果によるシンクロ召喚をしていれば自然と満たせますし
アクセル・シンクロンであればデッキから直接このカードを墓地へ送りつつ条件を満たせます。
蘇生した後はレベル1になってしまいますが
連続シンクロの素材にする分にはむしろ使いやすくなる事が多いでしょう。
デュエル中に1度なら何でも許されるってわけじゃねーぞ!
どちらの効果も【シンクロン】に限らずとても有用な効果であり
レベル7、8のドラゴン族シンクロも種類が豊富なので
レベル7以上のシンクロ召喚が狙えるのであれば様々なデッキに投入できるカードです。
適当な特殊召喚しやすいレベル5モンスターと一緒に混沌魔龍 カオス・ルーラーに繋げられ
そこから②の効果で自己蘇生して琰魔竜 レッド・デーモン・アビスに繋げるのが
シンプルながらも強力な動きとなってくるでしょう。
レベル4と合わせてシンクロ召喚を狙う場合は
勿論シンクロンの名を冠する事も大きなメリットであり
ジャンク・スピーダーで特殊召喚できる、調律でサーチできるなど様々な恩恵があります。
どれをとっても強力なハイスペックなカードなので
シンクロ召喚を狙うデッキにはとりあえず1枚このカードを投入するぐらいでもいいかもしれません。

 

 

いかにもディフォーマー関連みたいな見た目をしておいて
パワー・ツールシンクロを参照できる以外は特に関係のある性能はしていませんが
属性と種族が噛み合っているので十分に採用できます。

 

コメント