《死天使ハーヴェスト》遊戯王OCGカード考察 この時代になって現れる昇天の角笛救済カード!

今回紹介するのは1月14日発売の

CYBERSTORM ACCESS(サイバーストーム・アクセス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

死天使ハーヴェスト
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守1000
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「昇天の黒角笛」1枚を手札に加える。
【モンスター効果】
このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・P召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「昇天の角笛」1枚を手札に加える。
②:このカードがリリースされた場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

wiki

 

智天使ハーヴェストのリメイクとなる闇属性天使族のレベル4モンスターです。

 

ビフォー

 

 

緑色に輝いていた部分が紫色に輝くようになっておりまた全体的に黒ずんでいます。

角笛は昇天の角笛と昇天の黒角笛をミックスさせたような

片方に天使の翼、もう片方に悪魔の翼がつけられたものとなっています。

 

スポンサーリンク

 

モンスター効果で昇天の角笛サーチ、P効果で昇天の黒角笛サーチ

【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから「昇天の黒角笛」1枚を手札に加える。

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

自身を破壊する事でデッキから昇天の黒角笛を手札に加えるサーチ効果です。

昇天の黒角笛は発動できない状況こそあるものの

様々な特殊召喚を無効にできるので妨害手段として積極的に活用していけます。

 

サーチした後はエクストラデッキに行ってしまうので

別のペンデュラムを張り替えてペンデュラム召喚に繋げたい所です。

このカードのスケールが8と高いので

場合によっては発動せずにそのままスケール要員にする手もあります。

 

 

このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・P召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「昇天の角笛」1枚を手札に加える。

モンスター効果の①は1ターンに1度、召喚かペンデュラム召喚した場合に

デッキから昇天の角笛1枚を手札に加えるサーチ効果です。

こちらはペンデュラム効果と違い破壊する必要がなく単純なサーチとして機能します。

 

このカード名の①②のモンスター効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードがリリースされた場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

モンスター効果の②は1ターンに1度、リリースされた場合に

自身をペンデュラムゾーンに置くというものです。

昇天の角笛は発動の為にモンスターをリリースする必要がありますが

このカード自身がそのリリース要員となりつつその後もペンデュラムゾーンで仕事が可能です。

 

 

久しぶりに登場したカウンター罠を主体とする【エンジェル・パーミッション】用の新規であり

昇天の角笛、昇天の黒角笛という懐かしのカウンター罠2枚の救済カードとなっています。

まず召喚して昇天の角笛をサーチして自身をリリースして発動、

その後ペンデュラムゾーンに移動した後に焦点の黒角笛をサーチ、

ペンデュラム召喚をして改めて召喚の角笛をサーチというサイクルに繋げられれば理想的ですが

基本的にこれらのカウンター罠の発動は相手ターンが中心であり

ペンデュラムゾーンに移動した後に魔法罠除去を撃たれてしまう事も多いでしょう。

そこはエンジェル・パーミッションらしく神の宣告など魔法罠を守る手段を用意しておきたい所です。

 

同じくカウンター罠に関する効果を持つペンデュラムとして解放のアリアドネが存在します。

あちらと一緒にスケールをセットする事でエンジェル・パーミッションを構成する

レベル4天使族のペンデュラム召喚が行えるようになります。

とはいえこのカードはペンデュラム効果を使うとEXデッキにいってしまうので

実際にペンデュラム召喚を狙うのであれば他のペンデュラムも用意しておきたい所です。

 

 

昇天の角笛も昇天の黒角笛も妨害手段として積極的に使っていけますが

チェーンに乗る特殊召喚は妨害出来ない点はしっかり把握しておきましょう。

融合召喚や儀式召喚などは無効にできません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました