《ワナビー!》遊戯王OCGカード考察 エンドフェイズに罠をセットできる事をどう活かすか

今回紹介するのは1月14日発売の

CYBERSTORM ACCESS(サイバーストーム・アクセス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ワナビー!
効果モンスター
星2/光属性/昆虫族/攻 0/守 0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のエンドフェイズに、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
使用していない、相手の魔法&罠ゾーンの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中から罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。
残りのカードは好きな順番でデッキの下に戻す。
この効果でセットしたカードは次のエンドフェイズに墓地へ送られる。

wiki

 

光属性昆虫族のレベル2モンスターです。

 

ハチのコスプレをしたような見た目をした小さな可愛らしい女の子です。

瞳が四葉のクローバーみたいになっているのが特徴的ですね。

背景も随分とポップで可愛い感じになっています。

 

カード名は「罠」+「ビー(蜂)」、

そして「want to be(〇〇になりたい」を短縮した言葉である「ワナビー」からでしょう。

効果ら考えてこの蜂の女の子は罠になりたいものだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

エンドフェイズに墓地へ送って罠セット

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のエンドフェイズに、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
使用していない、相手の魔法&罠ゾーンの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中から罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。
残りのカードは好きな順番でデッキの下に戻す。
この効果でセットしたカードは次のエンドフェイズに墓地へ送られる。

その効果はお互いのエンドフェイズに1度、

手札やフィールドからこのカードを墓地へ送る事で

相手の使用していない魔法罠ゾーンの数だけデッキの上からカードをめくり

その中に罠カードがあれば1枚を選んでセットするというものです。

セットしたカードは次のエンドフェイズに墓地へ送られてしまうので

次のターンにはちゃんと使う必要があります。

 

めくったカードの中に罠カードが1枚も無ければ不発に終わってしまうので

できるだけ罠カードの比率が高いデッキで活用をしたい所です。

それでも相手が魔法罠を多く伏せているとめくれるカードが少なくなるので

どうしても不発の危険性はつきまとってしまいます。

何よりもめくったカードは相手に分かってしまいますので

妨害系のカードをセットしたとしても警戒されて発動できず

そのまま墓地へ送られてしまう可能性があります。

 

このカードのポイントとなるのは相手エンドフェイズに罠をセットできるという事でしょう。

「自分ターンに発動を狙いたいけど除去が怖い」という罠カードを使いたい場合には

相手の魔法罠除去を撃たれる可能性を最小限に抑えて罠の発動が狙えます。

例えば大いなる魂マジシャンズ・ナビゲートといったモンスターを特殊召喚するカードは

魔法カード感覚で活用しやすくなります。

 

相手の先行1ターン目から罠を伏せられるというのもポイントです。

特にフリーチェーンの除去系の罠カードを活用する場合、

次の自分ターンにすぐさまそれらの除去を行った上で動くことが可能となります。

 

癖は強いですが中々に面白い性質を持ったカードです。

特に自分ターンに使いたい罠カードを積極的に活用するデッキであれば

採用してみるのもいいでしょう。

 

その特性上、相手が魔法罠を伏せていないほど

目当ての罠カードをセットできる確率が高まります。

砂塵の大嵐のようなエンドサイクができる手段を用意しておけば

より使い勝手があがるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました